抜け毛・薄毛問題に悩む方にこそ知っておいて欲しい!頭皮環境をめぐる正しい知識とは?


頭皮と発毛の関係


人の第一印象の9割は外見で決まってしまうと言われております。
そういった非常に大きな影響を与えてしまう箇所の一つのデリケートな問題として、髪の毛の悩みがあります。
もしもあなたが以下のようなお悩みを抱えているのなら、それは頭皮環境が悪いせいかもしれません。

・抜け毛の一本一本が細く、コシがない
・額の生え際が後退し、一部地肌が見える状態になっている
・頭皮がべたつきやすく、家族から枕が臭いと言われる
・シャンプーをしてもフケが全然減らない

こうしたお悩みを改善するためにも、日頃から頭皮環境を改善する習慣作りが必要です。
そのためにも頭皮のことを第一に考えて作られたスカルプシャンプーは非常に有効な手段となります。
それが抜け毛や薄毛のお悩みに特化したものならなおさらです。

そこで今回は、抜け毛対策の基礎ともいえる髪の毛が生え変わるサイクルと健康的な頭皮環境について、全5回にわたりご紹介します。
間違った認識により誤ったヘアケアで状況を深刻化させないためにも、本記事をお読みいただくことを推奨いたします。


髪の毛が生える仕組みとは


私たちの体を構成するタンパク質はおよそ10万種類とも言われており、髪の毛もまたケラチンと呼ばれるタンパク質を主として成り立っています。
以下では髪の毛が生え変わる仕組みについて見ていきましょう。

髪の毛自体は大きく二つの部分から構成されており、これには頭皮から見えている「毛幹」と、頭皮の中に埋まっている「毛根」があります。
この毛根部でもさらに複数の組織が関連しており、これには毛を真っ直ぐ立てるための「立毛筋」や、頭皮や髪の毛をコーティングする皮脂を分泌する「皮脂腺」、細胞分裂を繰り返すことで髪の毛を育てる「毛母細胞」などが含まれます。

もしも枕の上や床に自分の抜け毛を見つけたなら、すぐに捨てるのではなく髪の毛の根元をまずは観察してみてください。
根元が白く膨らんでいるのを確認できれば、それこそが髪の毛を増やす土台となる「毛球」と呼ばれる部分です。
毛球の先端に位置する「毛乳頭」が、毛細血管を経由して運ばれてきた栄養分をキャッチして、周囲を取り囲む「毛母細胞」へと順次送っていきます。
そうして得られた栄養を糧に毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛が成長していくのです。

頭皮が育毛にとって重要な理由とは


抜け毛・薄毛対策と聞くと髪の毛だけにアプローチすればいいと思われがちですが、それこそが大きな間違いです。
太くてコシのある髪の毛を増やす土台である頭皮のことを疎かにすると、育毛どころの話ではありません。

頭皮が育毛にとっていかに重要であるかを知る上で一つのキーワードとなるのが、皮膚細胞における「ターンオーバー」です。
このターンオーバーとは古い角質層を脱ぎ捨て新しいものを次々に生み出していく皮膚の正常な働きなのですが、頭皮であろうとももちろんターンオーバーは起こります。

通常であれば約1ヶ月のサイクルにより皮膚が更新されますが、頭皮の場合だけ約2週間のサイクルをめどに新しい角質層へと生まれ変わっていきます。
根本的なところでは他の皮膚組織と何ら変わりない頭皮ですが、その最たる特徴といえばやはり髪の毛が生えていることに他なりません。

それに加えて皮脂腺や汗腺が多く存在することで、他の皮膚よりも皮脂や汗によって表面が汚れやすくなります。
この皮脂をエサとする常在菌が分解することで臭いの原因にもなりますし、皮脂そのものが頭皮に付着することで頭皮がベタつく要因となるのです。

その他にも皮脂や汗で頭皮が汚れることにより、フケやかゆみといったトラブルを引き起こします。

そしてあまり知られていない事実として、頭皮は他の皮膚と比べても表面を保護するバリア機能が弱く、とてもデリケートです。
いくら頭皮に良いスカルプシャンプーを使用していても、普段から髪を洗う際に頭皮を手荒く扱ってしまうだけでも、抜け毛・薄毛の問題を助長しかねません。
髪をシャンプーで洗う際には力を入れすぎず、優しく洗う必要があることを念頭に置きましょう。

髪の毛が生え変わるサイクルとは


髪の毛もまた生きている以上、寿命が必ず存在します。
一般的に女性は4~6年、男性は3~5年と言われています。

この寿命の中でも髪の毛が脱毛するためのサイクルがあり、まずは2~6年の成長期を経て髪の毛は太くコシのある状態まで成長します。
その後、成長を終えると抜けるための準備を整える退行期へと移行し、これが2~3週間あります。
毛根が退化し終えた髪の毛はさらに3~6ヶ月の休止期を過ごし、ついには脱毛します。

最初こそ柔らかく色素も薄い「軟毛」と呼ばれる状態ですが、成長期が進むにつれ次第に太く色の濃い「硬毛」へと変化していきます。
この太くて色素の濃い髪の毛であれば何も問題ありませんが、抜け毛・薄毛問題にお悩みの男性の多くが何らかの影響により硬毛から軟毛へと退化していることが分かっています。

また髪の毛自体はたとえ健康な人であっても、1日に50~100本は抜けていると言われています。
それを超える本数が多く抜け落ちることで、抜け毛・薄毛問題に発展していくのです。

年齢を重ねることで頭皮のターンオーバーや髪のサイクルも徐々に時間を要するようになります。
それと同時に、成長期で十分育ちきらないままに退行期に突入したり、退行期が通常より短縮された状態で脱毛することが頻発し始めます。
こうした不具合が継続することで、抜け毛や薄毛が進行しやすくなる訳です。

以上のような頭皮問題を改善するためにも、正しい知識による頭皮ケアこそが肝要です。

記事の後半でご紹介するスカルプシャンプーは薄毛治療のプロフェッショナルが監修した、抜け毛・薄毛問題のためにあるような商品となります。
そのような頭皮ケアの優れものの魅力を余さずお伝えする前に、次回は多くの男性が発症すると言われるAGAについてご紹介し、抜け毛・薄毛問題をより深く掘り下げていきます。

次の記事は「抜け毛・薄毛問題を引き起こすAGAの見分け方を徹底解説!」です。

おススメのRAISEスカルプシャンプーはこちらから