つむじハゲにはどんな対策がおすすめなのか?発毛剤・育毛剤・生活習慣対策

つむじハゲのままで良い、という方はほとんどいないと思います。なんとか改善したい、と思っている方がほとんどでしょう。そのつむじハゲですが、問題はどのような対策を立てればよいのか、というところでしょう。対策を行ったとしても、その方法が誤っていればまったく意味がありません。時間と労力、そしてお金を無駄にしてしまうかもしれないのです。

今回は、つむじハゲの有効な対策方法を幾つか紹介します。すべての対策方法を同時に行えばよいということではありません。また、つむじはヘゲの対策方法の中にはデメリットが内在しているものもあります。

メリットとデメリットの双方を考慮した上で、どの対策を行うのか考えてください。

つむじはげ対策方法その1|発毛剤の利用


・プロペシアの利用でつむじはげを改善する!


つむじはげの主原因となっているのが「男性型脱毛症(AGA)」です。男性型脱毛症は、遺伝性のものでありなかなか治るものではありませんがプロペシアによって改善することが分かっているのです。

プロペシアは湯構成分としてフィナステリドという成分を配合しています。フィナステリドには、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑制させる効果があることが分かっています。
男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって発生してしまうジヒドロテストステロン(DHT)によってもたらされます。
要は、プロペシアを飲んでいればジヒドロテストステロンの生成量を低減できるわけです。

ただし、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型のうち、Ⅱ型にしか効果を発揮しません。Ⅰ型の5αリダクターゼは見逃してしまうので完全なる効果は期待できないのです。

※プロペシアと似ている薬剤として2015年より国内で認可された発毛剤に「ザガーロ」という飲み薬があります。ザガーロには有効成分として「デュタステリド」というものが配合されており、Ⅰ型とⅡ型の両方の5αリダクターゼに作用してくれることが分かっています。

【副作用について】

残念ながらプロペシアには危険性があります。医薬成分なので、高い危険性があることが分かっているのです。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、性的な副作用があります。

・精力の減退
・勃起不全(ED)
・精子の減少
・精巣痛など

薄毛は改善したとしても男性機能が弱まってしまうこともあり、気軽につむじハゲの改善薬として利用できるものではありません。

※ザガーロにもプロペシアと同じ副作用が確認されています。

【飲んでも効果が現れない人もいる】

医薬成分と聞くと、100%の人に効果があるもの、と思いこんでしまうものです。しかし、プロペシアを飲んだからといって必ずつむじはげが治るわけではありません。
実は、プロペシアは男性型脱毛症にしか効果を発揮しません。頭皮環境の悪化によるつむじハゲや血行不良によるつむじはげには役に立たないわけです。

【プロペシアは手に入りにくい】

医薬品なので、医療機関で処方して貰う必要があります。
海外から個人輸入代行サービスを利用して取り寄せる方法もありますが、偽薬が紛れ込んでいる可能性もあり注意を要します。

※個人輸入代行サービスで手に入れる医薬品には、有効成分の量などに違いがある、そもそも有効成分が含まれていない、などの問題が確認されています。

・ミノキシジルでつむじはげを改善する


国内で言えばリアップや海外で言えばロゲインが該当する薬剤を利用してつむじはげを改善させることが可能です。

リアップやロゲインに配合されている有効成分のことを「ミノキシジル」と読んでおり、血行を促進させる作用が確認されているのです。血管を拡張させ、頭皮に流入する血液量を増やし髪の毛が生えやすい状態にします。血行不良によるつむじはげに対して高い効果が期待されているのです。

また結構が良くなることで毛母細胞や毛乳頭細胞が活性化することも確認されています。細胞の栄養になる成分が血液によって大量にもたらされることになるので、髪の毛を作る細胞が活発になるのです。

【副作用について】

ミノキシジルも医薬成分なので、副作用が多く確認されています。

・低血圧
・動悸や息切れ
・不整脈
・頭痛
・目の充血
・頭皮環境の悪化など

ミノキシジルは強引に血管を拡張させる作用があるので、血圧に問題を引越す可能性もあるのです。血圧が下がりすぎてしまうと、体内の副作用として現れる可能性もあります。特にミノキシジルタブレット(飲むミノキシジル)の場合は、血圧を下げすぎてしまう恐れもあるので注意してください。

リアップやロゲインなどの塗布タイプのミノキシジルに関しては、頭皮環境を悪化させる副作用が多く確認されています。特にミノキシジル濃度が高い育毛剤を利用するときには注意しましょう。
頭皮環境の悪化ということですが、主に赤み(炎症)や湿疹(ニキビを含む)が該当します。

【効果が現れない人もいる】

ミノキシジルの主な効果は血管を拡張する、というものであり、血行不良によるつむじはげにしか効果を発揮しないのです。プロペシアと同様に、メインの効果一辺倒な薬剤なので、他の原因で薄毛になっている方には高い効果を発揮してくれません。
特に複数の原因が絡み合ってつむじはげになっている方には、ほとんど効果を発揮しないことも考えられるわけです。

つむじはげ対策方法その2|育毛剤の利用


・効果は強くないが多面的な作用が期待できる!


つむじはげ対策として育毛剤は非常に効果的です。その理由として、育毛剤であれば様々な効果が同時に得られる可能性が高いからです。もちろん育毛剤にも様々な種類があり、どの育毛剤でも複数の機能を持っているとは限りません。
しかし、近年になってインターネット通販などで販売されている育毛剤は、育毛成分が数十種類も配合されているのです。複数の効果が同時に得られるので、様々なつむじハゲの原因が絡み合っている方にも効果を発揮してくれます。

育毛剤で得られる効果としては以下の様なものがあります。

・男性型脱毛症対策(5αリダクターゼ対策)
・血行促進対策(血管拡張効果)
・保湿対策
・抗炎症対策
・抗菌対策
・皮脂の分泌抑制対策など


一つ一つの作用は弱かったとしても、その作用がまとまれば一気に薄毛が改善に向かう、といいうことは十分に考えられます。発毛剤の利用でつむじハゲが改善しなかった、という方でも育毛剤で復活できた、という方はたくさんいるのです。

育毛剤は医薬成分が配合されていませんが、有効成分というものが含まれています。有効成分とは厚生労働省が認めているものでもあります。一定の作用があると公的機関が認めている成分が配合されているので、全く効果がないとは言い切れないのです。

・育毛剤はつむじはげを悪化させることはない


発毛剤の場合は、副作用が発生すると薄毛を助長してしまう恐れがあります。たとえばミノキシジルによって頭皮環境が悪化すれば、髪の毛が生えにくい環境となってしまいます。薄毛を改善するために利用しているのに、かえって禿げ上がってしまうかもしれません。

育毛剤に関してはほとんど副作用が確認されていません。基本的に天然成分を利用しているので、重篤な副作用が発生することはありえないのです。
そもそも頭皮環境改善成分も多く配合されているので、仮に刺激のある成分が配合されていたとしても、その刺激をカバーしてくれるわけです。

もちろん育毛剤であれば敏感肌の方でも利用可能です。

・女性用育毛剤は利用しないこと


育毛剤には、3つのタイプがあります。

・男性用育毛剤
・男女兼用育毛剤
・女性用育毛剤


男性の場合は男性用育毛剤か男女兼用育毛剤を利用してください。そもそもつむじはげに関しては、男性型脱毛症が関わっているケースが多いのです。女性には発生しにくいので、女性用育毛剤には男性型脱毛症対策ができる育毛成分が配合されていないことも珍しくありません。
つむじはげの男性に女性用育毛剤はほとんど機能してくれない可能性もあるので利用は避けるべきです。

つむじはげ対策方法その3|生活習慣対策


・睡眠時間を確保する


1日あたりの推奨睡眠時間は7時短程度です。それよりも短時間の睡眠しかとっていない場合には、つむじはげを促進させてしまっている可能性があります。

睡眠にはストレスを解消する、といった機能があります。短時間睡眠だとストレスが解消されずにどんどんとたまってしまうわけです。
ストレスには血管を収縮する作用があり、血行不良によるつむじはげを発生させてしまうかもしれません。ストレスを解消するためにも睡眠時間の確保が重要なのです。

【寝付きが悪い場合はどうすればよいのか?】

人間の性質を利用しましょう。

まず理解してほしいのが、人間は体温が下がると眠くなる、という習性があります。ですから、わざとそのような状況を作り出せばよいのです。たとえば、寝る少し前にお風呂に入りましょう。お風呂に入ると体温が温まります。注いてお風呂から出ると徐々に体温が下がり始めて眠気がやってくるわけです。
おすすめなのは寝る時間から逆算して1時間から1時間30分程度前にお風呂に入る、ということです。

もう一つの方法として、朝起きたときに日差しを浴びる、というものです。人間は日差しを浴びてから16時間後に眠気がやってくる、という習性があります。たとえば、朝の7時に日差しを浴びると夜の11時に眠気がやってくる、というわけです。
不眠症などに陥っている方は、実際に朝の時間帯に強い光を浴びる、といった治療が実施されています。朝強い光を浴びると体内時計がリセットされて、バランスが元通りになるのです。

・バランスのよい食事を摂ること


肉料理や甘いものばかりを好んで食べていませんか?甘いものや肉は、脂や油を大量に摂取することになってしまいます。それらを摂取すると、皮脂腺を活性化させてしまい、オイリー肌を招いてしまうのです。皮脂が大量に出ていると、菌の大量繁殖を招き頭皮環境の悪化が発生してしまいます。頭皮環境の問題が原因で、つむじはげになってしまうかもしれません。

食事はバランスよく、が大切です。偏った食生活はカラダにもよくありませんし、髪の毛にも良くありません。

ちなみに髪の毛に関わっている成分には以下の様なものがあります。

・タンパク質
・アミノ酸
・亜鉛
・ビタミン


どの成分がかけたとしても健康的な髪の毛は生成されません。

一人暮らしなどをしていると、どうしても外食が多くなります。特定の栄養素が足りなくなってしまう事も考えられるわけです。
もしも食事を切り替えるのが難しい場合には、サプリメントを利用するのも一つの方法です。最近では育毛サプリメントもあるので利用を検討しても良いかもしれません。

・定期的に運動をすること


運動をすることで血管が拡張されます。頭皮の血流が回復することになり、髪の毛の生成が促進されるようになるわけです。

問題は運動方法です。
運動には筋トレなどの無酸素運動と長時間ゆったりとした運動を実施する有酸素運動があります。
髪の毛にとって良いのは有酸素運動です。長時間体を動かすことになるので、血管が拡張している時間が長くなり、髪の毛を作る細胞に栄養を送る時間が長くなるからです。

有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、さらにサイクリングやスイミングなどがあります。1日あたり20分から30分程度の運動を実施すると髪の毛にも良い結果が現れるかもしれません。

・頭皮マッサージを実施する


血行不良による薄毛で悩んでいる方に有効な対策方法です。
頭皮を押す感覚でマッサージをすると効率的に頭皮の血管が拡張します。特につむじ周辺を重点的にマッサージすると、頭頂部まで血液が至るようになります。

薄毛をすぐに解消|植毛とは何か?

薄毛を解消する一つの方法として注目されているのが「植毛」です。しかし、植毛といっても漠然とした知識しか持っていない、という方がほとんどでしょう。こちらでは、そもそも植毛とはどういったものなのか、ということを明らかにしていきます。

植毛をすればハゲることはもうないのでしょうか?
そもそも植毛にはどういったものがあるのでしょうか?
植毛と育毛にはどのような違いがあるのでしょうか?

上記のようなことを中心に、植毛に関する基礎知識を掲載していきます。

薄毛に悩んでおり、植毛を検討している、という方は必見です。

植毛をすれば薄毛の悩みは解消するのか?


・植毛した毛は基本的に生え続けてくれる


植毛の中には、自毛植毛と言われるものがあります。自毛植毛をした場合には、基本的に植毛した毛は今後も生え続けてくれます。しかし、定着してくれば、の話となってしまいます。
植毛した髪の毛ですが、自分桶であれば基本的に拒絶反応は起きません。定着する確率は高めとなっています。
しかし、定着率は100%ではありません。植毛方法などにもよりますし、クリニックなどの環境によっても変化するのですが、定着率は80%から90%程度となっています。要は植毛したとしても1割から2割程度の髪の毛は抜けてしまうわけです。

では、定着した髪の毛はどうなるのでしょうか。実は、今後も基本的に生え続けてくれることになります。

植毛する方は基本的には男性型脱毛症に陥っていると思います。男性型脱毛症は、前頭部から頭頂部の髪の毛に発生するものです。しかし、植毛する髪の毛は、側頭部や後頭部の髪の毛を用います。

少し詳しくお話すると、男性型脱毛症は体内で発生するジヒドロテストステロン(DHT)と言うものによってもたらされてしまいます。ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい髪の毛が前頭部から頭頂部に生えているわけです。しかし、植毛する毛はジヒドロテストステロンの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛なので男性型脱毛症が発症していたとしても生え続けてくれるわけです。

・例外あり!


植毛した髪の毛は必ずしも生え続けてくれるわけではありません。
たとえば、円形脱毛症になっているときに、その脱毛している部位に植毛をしたとします。沿いの場合は、再び抜けてしまう公算が高いのです。

円形脱毛症と自己免疫疾患と呼ばれるものです。要は、自分お髪の毛を異物と判断してしまうので、毛根を攻撃して脱毛に至らしめてしまいます。ですから、円形脱毛症が改善しない限りは、高層部や側頭部の髪の毛を植毛しようとも効果は現れません。

・どのくらいの本数を植毛すれば薄毛は解消するのか?


個人差があります。薄毛の進行度合いにもよるので、「これだけの本数を植えれば薄毛は解消する」といったことは言いにくいわけです。

ただし、一定の目安というものはあるので以下に掲載しておきます。

・M字や生え際への植毛本数・・・1,500本から2,600本
・生え際が後退しつむじも薄くなっている場合の植毛本数・・・2,700本から6,500本
・前頭部から頭頂部まで禿げ上がっている場合の植毛本数・・・8,100本から13,000本


※「自毛植毛でクリニック選びを失敗させない比較サイト」の「薄毛の範囲でみる植毛本数目安」より(参考:http://own-hair.click/usuge

植毛の大まかな種類二つ


植毛の種類は細かく分けるとたくさんあります。しかし、ここでは大まかに二つの種類について説明させてもらいます。
植毛の種類は大きく分けると二つの種類に分かれています。「自毛植毛」と「人工毛植毛」です。

・自毛植毛


自分お髪の毛を薄くなってしまった部位に移植することを自毛植毛と呼んでいます。一般的には、後頭部や側頭部など薄くなりにくい部位の髪の毛を利用します。
男性型脱毛症の場合は前頭部や頭頂部が薄くなるので、それらの部位に移植していくわけです。

自分の髪の毛を利用するメリットとしては、植毛した髪の毛が移植後も生え続ける、というものがあります。髪の毛に違和感がないわけです。また、薄くなりにくい部位の毛なので、植毛した髪の毛は今後も継続してその場で生え続けてくれます。1度の施術で高い効果が得られるわけです。

自毛植毛にはデメリットがないわけではありません。後頭部や側頭部から髪の毛を採取することになるので、傷跡が残ってしまうのです。坊主などにすると傷跡が見えてしまうので、今後の噛み方に制約が出てきてしまいます。
また植毛した毛が生えそろうまでにはそれなりの期間がかかります。半年程度はかかるとされているので、すぐに薄毛をどうにかしたい、といった希望には答えられないのです。

自毛植毛の場合は自分の毛を利用するので、頭皮に生えている髪の毛の本数が変わるわけではありません。中には定着してくれない髪の毛も出てくるので、結果的には髪の毛の本数が減少することにもなってしまいます。植毛できる毛の本数にも限度があるので、計算して植毛をしていかなければなりません。

・人工毛植毛


人工の毛を頭皮に植えることを人工毛植毛と呼んでいます。
自毛植毛とは異なっており、自分の毛を利用しないので、後頭部や側頭部に傷跡が残ることもありません。植毛手術が行われた、ということが発覚しにくい状態となっているわけです。
さらに植毛する毛の長さも調節できるので、即効性があります。すぐに薄毛をなんとかしたい、といった要望に応えられる施術方法なのです。

一方でデメリットもあります。まず我々の身体にとって人工毛は異物です。ですから、いつまでも頭皮の中にいるわけではありません。徐々に抜けていってしまいます。数ヶ月で抜けてしまう毛もあれば数年間残存する毛もありますが、基本的に5年程度で全て抜き得てしまう、といったことも言われているのです。ですから、状態を維持していくためには一定期間ごとに人工毛を植えていかなければなりません。
もう一つ注目してほしいのが副作用です。実は人工毛植毛をほとんどのクリニックで実施していない理由に植毛後の副作用にあります。実は多くの方に頭痛などの副作用が確認されているのです。
俳優の田宮二郎さんは拳銃自殺をしたことでも有名ですが、実は薄毛に悩んでおり人工毛植毛を受けていました。その手術の影響で頭痛に日常的に悩まされており、その結果自殺に至ったのではないか、ということが遺族からも指摘されているほどなのです。

現在日本ではニドークリニック(http://www.nido.com/)のみが人工毛植毛に対応しています。他の植毛クリニックでは行っていません。

植毛と育毛の違いとは?


・効果の違いについて


・育毛・・・弱まった毛母細胞の働きを活性化させる
・植毛・・・元気な毛を薄くなった部位に移植してカバーする


効果については育毛と植毛では考え方自体が異なっているのです。育毛の場合は、もともとある毛根の働きを回復させる、ということに重点を置いています。
一方で植毛に関しては弱まってしまった毛母細胞の働きに関してはそのままです。元気な毛を植毛して薄い部位をカモフラージュする、といった表現が適切でしょう。

効果が現れる時間についても違いがあります。
育毛に関しては早ければ数ヶ月です。数年かかることもありますし、中には効果が全く現れない、という方もいます。
植毛に関しても数ヶ月はかかりますが、6ヶ月程度である程度の長さに生えそろうので薄毛の改善がある程度見えてくるわけです。植毛の場合は確実に効果が現れる、といったこともいえます。

・副作用(リスク)の違いについて


・育毛・・・頭皮環境の悪化などがあるが、基本的には大きな副作用(リスク)は存在していない
・植毛・・・植毛後の痛みや傷跡など、副作用(リスク)がある


育毛でよく利用される育毛剤は、基本的に天然成分を利用しています。天然成分には特に危険性のある容易なものは含まれていません。それどころか、頭皮環境を改善するような素晴らしい機能まであるわけです。
植毛に関しては、毛根をくり抜くような施術や切り取るような施術を受けるわけです。術後はカサブタができたり抜糸をしたりするなど、アフターケアもしなければなりません。
傷跡もずっと残り続けてしまうので、リスクは高い、といえます。

・費用の違いについて


・育毛・・・月に10,000円前後
・植毛・・・本数にもよるが目安としては100万円ほどかかる


育毛剤は1本あたり10,000円です。月に1本ほど利用するので、年間で12万円ほどということになります。
植毛に関しては、植毛本数によっても費用が大きく異なっているわけです。目安の本数は3,000本とされています。3,000本を植毛する場合には、100万円程度かかるので、1度の施術で一気に大きなお金がかかってしまうわけです。
また、AGA(男性型脱毛症)は進行性です。徐々に薄毛の範囲が広がっていくので、100万円だけで済むわけではありません。結果として200万円や300万円かかってしまう、ということも考えられるわけです。

植毛の手術は保険適用があるのではないか、といったことを考える方もいるかもしれません。しかし、植毛手術は自由診療となっています。100%自己負担となってしまうので、3割負担で施術が受けられるわけではありません。

植毛は男性しか受けられないのか?


・女性も植毛手術は受けられる


発毛剤に関しては、プロペシアやポラリスのような男性しか利用できないものもあります。しかし、女性で薄毛に悩んでいる方は少なくありません。中には植毛手術を受けたい、と考えている女性もいるのです。

植毛手術に関しては性別に関係なく利用できます。女性でも多くの方が植毛手術を受けているのです。

実は男性よりも女性の方が植毛手術に適している、といった言い方も可能です。男性の場合は髪の毛を短くすることもあるので、植毛手術の傷跡が見つかりやすいのです。しかし、女性の場合は髪の毛を男性ほどは短くしません。植毛手術の傷跡を見つけられにくい、といった特徴があるわけです。

植毛の種類とは?FUT法とFUE法ってなんだ?

植毛の種類は大きく分けると、自毛植毛と人工毛植毛があります。ただし、現在では人工毛植毛はほとんど行われなくなりました。頭痛などの生活に支障をきたすような副作用があるからです。

こちらでは植毛を行っている方の多くが選択している自毛植毛の種類について解説します。自毛植毛にはFUT法とFUE方といった植毛の種類がメインとしてあります。今回はその二つの植毛方法の種類について詳しく解説します。
ただ、その二つの植毛方法以外にも幾つかの植毛方法があるので、それらもあわせてお話していきます。

自毛植毛を軽膜しているけど、どのような植毛法があるのかわからない、とい方は必見です。

植毛方法その1|FUT法とは?


・毛穴単位で植毛する方法


FUT法は、比較的以前から行われている植毛の方法となっています。我々の髪の毛は、毛穴から生えているわけですが、その毛穴単位で植毛することになるのです。
毛穴には1本から4本程度の髪の毛が生えています。ですから、毛穴ごとに1本から4本ずつ薄くなっている部位に対して植毛する技術の事を指しています。

メスを使う植毛方法でもあります。

・定着率は高いのか?


FUT法は定着率が高い植毛方法となっています。
一般的に85%から95%の毛が定着すると言われているのです。ですから、1,000株を植毛した場合には850株から950株は定着してくれる、ということになります髪の毛を無駄にしないで済むタイプの植毛方法、といっても良いかもしれません。

・デメリットはないのか?


FUT法には注意すべきデメリットが幾つかあります。
まず注目しなければならないのが傷跡です。後頭部や側頭部に一直線に傷がついてしまうのです。メスを使って皮膚を切って毛を採取していくことになるので、刈り上げにした時や坊主などにした場合には、頭皮に傷跡が見えてしまう恐れもあるわけです。
今後の髪型に関してはかなり成約を受けやすい、というデメリットは覚えておきましょう。

・仕上がりはどうなのか?


仕上がりは問題ありません。自然な仕上がりを実現してくれます。
ドクターの技術力にもよりますが、毛穴に生えている髪の毛の本数などを考えて、自然なグラデーションになるように植毛してくれることが一般的です。

たとえば、生え際に関しては毛穴に生えている髪の毛の本数が1本から2本のものを選びます。一方で。頭頂部に近づくに連れて、毛穴に3本から4本と多くの毛が生えているものを移植するようにするわけです。
基本的に生え際の髪の毛はフサフサの方であったとしてもそれほど本数が多くないことが一般的です。
FUT法は毛穴単位で植毛することになるので、髪の毛の自然なグラデーションがつけやすい、といったメリットが有るわけです。

・FUT法の価格とは?


【紀尾井町クリニックのケース】

・ドナー採取面積(1.0平方センチメートル)・・・270,000円
・ドナー採取面積(3.0平方センチメートル)・・・378,000円
・ドナー採取面積(5.0平方センチメートル)・・・486,000円
・ドナー採取面積(7.5平方センチメートル)・・・540,000円
・ドナー採取面積(10.0平方センチメートル)・・・648,000円
・ドナー採取面積(12.5平方センチメートル)・・・756,000円
・ドナー採取面積(15.0平方センチメートル)・・・864,000円
・ドナー採取面積(17.5平方センチメートル)・・・972,000円
・ドナー採取面積(20.0平方センチメートル)・・・1,080,000円

※紀尾井町クリニックのホームページより抜粋(参考:http://www.nhtjapan.com/price/donor.html

FUE法と比較すると、価格は低めの設定となっています。

植毛方法その2|FUE法


・パンチという器具を使って毛をくり抜く方法


FUT法はメスを使う施術方法です。一方でFUE法に関しては、メスを使わずにパンチと呼ばれる傷を利用します。直径1ミリ前後の器具なのですが、その器具を利用して毛根をくり抜きます。

メスを使わないので、後頭部や側頭部の傷跡が目立ちにくい、といった方法になります。メスを使わないので、もちろん縫合をする必要もありません。

ただし、FUT法と比較すると毛を採取するのにどうしても時間がかかってしまいます。一度に大量の植毛ができず、広範囲の植毛を希望している方には向いていない、といった特徴があるわけです。

・定着率は高いのか?


ドクターの技術力に大きく左右されてしまいます。
FUE法は、毛根の切断率がとどうしても高くなってしまいます。ですから、熟練したドクターでなければ、その切断率は20%から50%になるとされているのです。要は、定着率が50%程度にしかならない、ということも考えられるわけです。

一方でFUE法に慣れている熟練のドクターであれば、毛根の切断率は5%から8%にとどまるとされているのです。ですから、良いドクターがいる医療機関であれば心配することなく施術が受けられます。

・デメリットはないのか?


ここまで紹介したように、施術に時間がかかってしまうということ、さらに定着率にもちょっとした問題がある、という部分は覚えておかなければなりません。

傷跡についてもメスを使わないので目立ちにくいことは確かですが、坊主にしてしまうとかえって目立つケースもあります。パンチという器具で毛根をくり抜いているので、1ミリ程度の大きさの白い米粒状の傷跡が残ってしまうのです。ですから、今後坊主にしたい、といった希望を持っている方には適していません。
さらに多くの毛を採取する場合には、効率的にするためにもドナーの採取場所を短く刈り上げなければなりません。植毛後のヘアスタイルに困ってしまうことも考えられるわけです。

・最新のFUE法について


実は、ロボットを利用して毛髪をくり抜く技術がすでに実用化されています。
ドクターが毛をくり抜くと、どうしても技術力に定着率が左右されてしまうことは述べました。しかしロボットであれば、ドクターの技術も関係なく、定着率が高い状態を確保できるわけです。
さらにロボットだと、手術時間が短時間で済む、といったメリットも得られるのです。

・FUE法の価格とは?


【紀尾井町クリニックのケース】

・100株植毛するケース・・・320,000円
・200株植毛するケース・・・440,000円
・400株植毛するケース・・・680,000円
・600株植毛するケース・・・920,000円
・800株植毛するケース・・・1,160,000円
・1,000株植毛するケース・・・1,400,000円

※紀尾井町クリニックのホームページより抜粋(参考:http://www.nhtjapan.com/price/kioifue.html

その他の植毛方法について


・ニードル植毛について


植毛針というものを利用します。美容先進国である韓国で開発された植毛方法であり、針で穴あけと植え込みを同時に行います。
仕上がりがものすごくきれいになることでも知られていますが、一つひとつを丁寧に植毛していくことになるので、本数が多くなると対応できなくなってしまいます。
さらに株分けなどにも時間をかけてしまうことになるので、少ない本数の植毛にのみ適している方法なのです。

※ニードル植毛は国内にもすでに入っており、多くのクリニックで採用されています。

・パンチ・グラフト植毛について


1960年以降から行われている比較的古いタイプの植毛方法です。
高密度で植毛ができないので、スカスカの状態になりやすく、さらに傷跡も残りやすいということであまり利用されなくなりました。さらに生え際が不自然になってしまうこともあり、前頭部の薄毛の方の利用には適していません。

・機械式植毛


ドナーの株分けと植え込みを機械によって行う方法です。
植毛の手術には株分けなどに人手が多く必要ですが、機会式の場合は人手が少なくても植毛が可能です。

ただし、髪の毛1本1本の異なる毛根の向きを無視して機会的にドナーの採取を実施します。ですから、毛根を切断してしまう確率が極めて高いのです。

移植後の頭皮が凸凹になってしまったり、密度にも問題が生じてしまうなどデメリットも多く現在ではあまり行われていません。

おまけ|人工毛植毛について


・合成繊維で作った毛を頭皮に植え込む


人工毛植毛は自毛植毛と異なり、毛の採取をする必要はありません。合成繊維(ナイロンやポリエステルなど)で作った髪の毛を頭皮に植えていくだけ、といった内容になっているわけです。

人工毛植毛のデメリットは、植毛した毛が抜けてしまう、という部分です。我々の身体に廃物を排除する免疫機能が備わっています。人工毛はもちろん我々の身体にとっては異物となります。ですから、数年で全てが抜けてしまうわけです。

仮に人工毛を維持しようとすると、年に1回から2回程度の施術を受け続けなければなりません。費用もかさみますし、身体にも大きな負担となってしまうわけです。

一時的な薄毛のカモフラージュといったことで行なうのは良いかもしれませんが、薄毛を長期的に改善していきたい、ということを考えているのであればあまりおすすめできない植毛方法です。

※日本では人工毛植毛は認められていますが、アメリカなど海外の国では人工毛植毛が禁止されていることもあります。

・人工毛植毛の費用


【ニドークリニックのケース】

・100本植毛したケース・・・26,000円
・500本植毛したケース・・・130,000円
・1,000本植毛したケース・・・260,000円
・1,500本植毛したケース・・・390,000円
・2,000本植毛したケース・・・520,000円
・3,000本植毛したケース・・・780,000円
・4,000本植毛したケース・・・1,040,000円
・5,000本植毛したケース・・・1,300,000円
・6,000本植毛したケース・・・1,560,000円
・7,000本植毛したケース・・・1,820,000円
・8,000本植毛したケース・・・2,080,000円

※ニドークリニックのホームページより抜粋(参考:http://www.nido.com/price/jinkoumou.html

植毛の副作用とは|痛みや出血・傷跡・腫れ・脱毛など

植毛は薄毛を改善させる一つの方法です。植えた毛が定着すれば、確実に髪の毛が生えてくるので多くの方の希望の星ともなっているわけです。

ただし、植毛と言っても完璧なものではありません。実は幾つもの副作用があるのです。

こちらでは植毛をするとどのような副作用があるのか、ということをお話します。もちろん副作用は全員に起こってしまうわけではありません。しかし、誰にでも発生する可能性はあるものとなっています。

植毛手術を受けようと思っている方は要チェックです。

植毛の副作用その1|痛み


・主に側頭部と後頭部の傷みあり


植毛は、後頭部や側頭部の髪の毛を切り取って移植するものです。頭皮にメスをいれるような手術もあり、術後はしばらく痛みに悩まされる可能性が高いです。
さらに植毛した部位にも痛みが出ます。そもそも植毛手術では出血してしまう事になります。一定の痛みがあるのも当然、と言って良いでしょう。

ただし、植毛手術中は痛みは発生しません。麻酔を利用して施術を行っているからです。

問題は麻酔が切れた施術後です。痛みのピークとされているのが翌朝であり、その後は徐々に痛みは和らいでいくことになります。どうしても痛みが気になるという方は鎮痛剤を利用することになります。植毛をしたクリニックに事前にお願いして鎮痛剤を出してもらう、ということも考えておきましょう。

ちなみに痛みに敏感な方は1週間程度が気になってしまう、ということもあります。痛みに耐えながらの生活はきついと思うので、その場合は1週間程度痛み止めを服用して対応しましょう。

植毛の副作用その2|出血


・植毛した部分から出血する可能性あり


植毛は髪の毛を採取し、頭皮にその髪の毛を植え込む、ということを実施します。皮膚の奥までメスをいれるようなことはありませんが、出血を伴う施術なのです。

出血については、基本的にはにじむ程度です。ダラダラと出てくるようなことはありません。

仮に、大量に出血するようなことがあれば、後頭部のメスを入れた部分の傷跡がぱっくりと開いてしまった可能性があります。その場合はすぐに医療機関を受診してください。

ちなみに植毛した患部を気にして触っていると出血しやすくなるので注意しましょう。なるべく刺激を与えずに過ごしてください。植毛した部位にはたくさんのかさぶたができていると思いますが、無理に剥がしたりはしないでください。出血してしまうのはもちろんですが、定着率を下げることにもなってしまいます。

植毛の副作用その3|傷跡


・FUT法・・・後頭部や側頭部に一直線の傷跡が出来てしまう
・FUE法・・・小さい丸い傷跡が無数の出来てしまう


現状の自毛植毛手術では傷跡ができてしまうのは仕方ありません。FUT法であったとしてもFUE法であったとしても傷跡が残ってしまうのです。

FUT法に関してはメスを使って後頭部や側頭部を横に一直線にカットしていき毛を採取していきます。ですから、後頭部や側頭部に横に一直線の傷跡が出来てしまうのです。

FUE法は毛根ごとにパンチと呼ばれる機材を利用して毛をくり抜いていきます。1ミリ程度の小さい器具を使ってくり抜いていくのですが、白くて丸い傷跡が無数にできてしまうんです。

・髪型に制約が出てきてしまう


植毛手術を受けると、その後の髪型にも注意しなければなりません。傷跡が見えるような髪型がしにくくなってしまうのです。
たとえば、スキンヘッドのするようなことがあれば、傷跡がバッチリと見えてしまいます。手術を受けたように思われてしまうかもしれません。

坊主のような髪型であったとしても、傷跡が見えてしまうわけです。毛を採取した部位によっては、。刈り上げのような髪型もしにくくなってしまいます。

植毛の副作用その4|腫れ


・目の周辺が腫れる


頭皮が腫れると思われがちですが、実は目の周辺が晴れるような副作用が現れることがあります。症状には個人差があり、目の腫れが起きる方もいれば、起きない方もいます。

・両目が腫れる
・片目だけが腫れる
・全く腫れない


上記の3つのうちのいずれかに当てはまることになります。
腫れが起こる理由としては、麻酔などが多い菊関わっているとされています。また高齢であったり、まぶたに近い、いわゆる生え際の植毛を行なったりすると発生しやすい、ともされているのです。

まぶたなど目の周辺だけではなく、おでこが腫れるような症状が出てきてしまう人もいます。

植毛の副作用その5|ショックロス(脱毛)


・ショックロスとは?


ショックロスとは一時的に髪の毛が抜けてしまうことを指しています。一時的なものであり、しばらくすれば改善するものですが、植毛をしたのに植毛前よりも薄毛になってしまうので、焦ってしまう方も多いのです。

・なぜショックロスが発生してしまうのか?


幾つかの原因が指摘されています。

・かさぶたが出来ることによって頭皮が負担を受けるから
・植毛時に行われる麻酔の影響
・植毛することで血流不足が発生する


カサブタに関しては、植毛手術では必ず起こってしまうものです。植毛した部位は出血することになります。出血するとかさぶたが出来るわけです。一時的に頭皮を血が覆うような状態になってしまうので、頭皮が正常な状態はなくなってしまいます。髪の毛にも栄養が送られにくくなってしまい、脱毛が促進されてしまうわけです。

植毛手術には麻酔が必須です。麻酔を李徴しなければ痛くて同仕様もなくなってしまうわけです。麻酔ですいが、一時的ではありますが皮膚なその組織に大きな影響を与えることになります。毛の細胞の働きを一時的に弱めてしまうことになり、脱毛が促されてしまうわけです。

植毛することで、特定の部位に毛が集中する、ということも考えられます。毛がたくさん植えられたとしても、その部位の血管の数は同じなのです。その結果、少ない血液量をたくさんの毛で取り合うような状況になってしまいます。毛を成長させる細胞は血液から栄養を取っているので、毛が育ちにくくなり成長しきる前に脱毛してしまうわけです。
ただし、こちらについては最近では解消されてきています。密度も計算して植毛できるようになってきたのです。

【ショックロスを引き起こしやすい植毛方法】

パンチ式植毛を選択するとショックロスを引き起こしやすいことが分かっています。
パンチ式のケースですが、植毛をするときに周辺の組織を傷つけてしまいやすいのです。仮に植毛をする周辺の毛の毛根を傷つけてしまうと、その毛は二度と生えてこなくなる、という可能性もあるわけです。

・ショックロスを防ぐことは可能なのか?


一つの方法が血行促進です。
植毛直後は不可能ですが、たとえば頭皮マッサージを実施する方法もおすすめでしょう。またミノキシジルのような血行促進成分が含まれている発毛剤や血行促進成分が配合されている育毛剤を利用する、ということもおすすめです。

ちなみに最近ではビタミンCが血管の生成に以下変わっている、といった指摘もされ始めています。ビタミンC配合の育毛剤を利用する、ということを考えても良いかもしれません。

植毛の副作用その6|ピットスカー


・ピットスカーとは?


頭皮が凸凹してしまうことをさしています。主に、植毛した部位の皮膚がみかんの皮のようなボコボコした状態になってしまうわけです。

髪の毛に覆われている状態であれば、特に目立つことはありません。しかし薄毛が進行してしまったり、髪の毛をかきあげたりするときに目立ってしまうこともあるのです。

・なぜピットスカーが発生してしまうのか?


ドクターの植毛技術に問題があります。
ピットスカーは植毛時に毛を深く差し込んでしまいすぎることによって発生するものなのです。また、毛を植え込む切れ目のことをスリットと言いますが、そのスリットと植毛する髪の毛のサイズがマッチングしていないような場合にも起こります。

要は、ピットスカーは防ごうと思えは防げるものなのです。質の高い施術を行っているクリニックや腕のあるドクターのいるクリニックを選択することです。

ちなみに自毛植毛よりも人工毛植毛で発生しやすい副作用として知られています。

・ピットスカーは自然に治ることはあるのか?


ピットスカーは自然に治るようなことはありません。時間がたったとしてもボコボコとした状態が継続してしまうのです。

・ピットスカーが起こりやすい場所とは?


おでこが最もピットスカーが起こりやすい場所として知られています。
皮膚が比較的硬い部位は植毛のリスクが有るのです。
おでこが広い方はどうしてもヘアラインを下げようとします。しかし、ヘアラインを下げすぎてしまうとピットスカーになってしまうかもしれないわけです。なるべくヘアラインは自然なものにすべきです。

植毛の副作用その7|リッジング


・リッジングとは?


植毛した部位が隆起してしまう症状のことを指しています。
最近では植毛技術の進歩によりあまり見られなくなった副作用ですが、以前はよくおこりました。

仮に植毛した部位が隆起していたとしても毛によって見えないので、植毛した本人も気づいていない、というケースが多いです。ただし、毛を書き上げたときや髪の毛が見ずに濡れたときなどに目立ってしまうケースもあり、やはり把握しておくべき植毛の副作用の一つでしょう。

・リッジングは起きる原因とは?


・髪の毛を植えるときに皮膚がダメージを受け、その影響で頭皮が盛り上がってしまう
・毛を植えた事によって物理的に盛り上がってしまう


皮膚を誤って包丁などで切ってしまうと、後々その部分が盛り上がってしまいませんか。実はそれと同じような状況が頭皮でも起こってしまうのです。植毛をする時はスリットと呼ばれる切れ目を入れます。その切れ目はしばらくすれば閉じるわけですが、傷であることには変わりありません。皮膚が修復する段階で盛り上がってしまうことは起こり得ることなのです。
ただし、近年ではスリットのサイズも小さく出来るようになってきたので、リッジングが起きる可能性はだいぶ低くなったのです。

もう一つの原因として、頭皮に毛を植えることによって結果として皮膚が盛り上がってしまう、というものがあります。こちらはスリットが小さい場合に起きる可能性があります。小さいスリットの中に太い毛根などを強引に入れ込んでしまうと皮膚が隆起してしまうわけです。近年ではスリットのサイズもある程度統一されており。こちらのリスクもだいぶなくなってきました。

・リッジングを解消する方法とは?


リッジングを解消する方法として、ステロイド系の外用薬を利用する、といった方法があります。ステロイドには、皮膚を柔らかくするような機能があるのです。頭皮が柔らかくなることで、固く隆起してしまった皮膚が改善します。

しかし、根本的な治療にはなりません。そもそもステロイドも副作用がある薬剤です。皮膚が薄くなりすぎてしまい弱くなってしまうこともあるからです。
リッジングを引きおこさないような技術力を持ったクリニックを選ぶのが唯一の対策方法です。

増毛とはなんだ?植毛や育毛との違い、メリット・デメリットについて

薄毛を改善させる方法として育毛というものがあります。他にも植毛や増毛といったものもあるわけです。薄毛を解消するためには複数の方法があるわけですが、今回は「増毛」ということにターゲットを絞ることにしました。

増毛とは一体どのようなものなのか?さらに植毛や育毛との違い、そしてメリットやデメリットについても明らかにしていきます。

増毛とはどのようなものを指しているのか?


・人工の髪の毛を使ってボリュームを出す方法を指している


増毛ですが、人工の髪の毛を利用することになります。増毛方法にはいくつかの方法があるのですが。自毛に人校の毛髪を結びつける方法や特殊なシートを使って人工毛を地肌に貼り付ける方法などがあります。

自分の毛を増やすというような考え方ではなく、人工の髪の毛を自分の頭皮からさも生えているように見せて、カモフラージュする方法を増毛と呼んでいるわけです。

・大辞林 第三版の解説より抜粋


増毛とは「自毛に人工毛髪を結びつけたり、人工毛髪を結着させた細い糸を自毛の中に紛れ込ませたりする義髪法。」(コトバンクより(参考:https://kotobank.jp/word/%E5%A2%97%E6%AF%9B-313045#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88

・注意してほしいこと


増毛は一時的な薄毛の解決方法である、という部分です。継続的な効果が得られるわけではありません。いまはえているかみのけにたいしてなにかしらよいことをするわけではありません。
要は、今後も薄毛が進行していく可能性がある、ということなのです。

確かに増毛をした瞬間は髪の毛が生えているように見えます。しかし、そのまま何もしなければ、1年後や2年後にはすでに効果がなくなっているものでもあるわけです。

増毛というものは維持していかなければならないもの、という認識を持たなければなりません。

増毛と育毛にはどのような違いがあるのか?


・即効性の違いについて


・増毛・・・行った瞬間に効果が現れる
・育毛・・・効果が実感できるまでには少なくても数カ月かかる


増毛に関しては、対処した瞬間に高丘が出ます。ある程度の長さの人工毛を利用していくことになるわけです。増毛をした瞬間に神おけが増えているような状態になるわけです。

一方で、育毛に関してはすぐに効果が現れるわけではありません。そもそも髪の毛の成長期間というものもあるわけです。ある程度の長さにまで髪の毛が成長するまでには時間がかかってしまいます。

育毛に関してはヘアサイクルも考えると、やはり3ヶ月から4ヶ月は効果が現れるまでにはかかります、。さらに髪の毛が一定の長さに成長するまでには6ヶ月程度かかってしまうわけです。

・仕上がりについて


・増毛・・・しばらくすると不自然さが増すことも
・育毛・・・自分の髪の毛なので自然な仕上がりになる


増毛に関しては行った直後は髪の毛の長さもちょうどよく不自然さはそれほどありません。髪の毛の素材に関しても、実際の髪の毛と似通っています。
しかし、髪の毛が伸びてくると大きな問題が発生するのです。自分の髪の毛は成長していきます。しかし、人口毛は伸びることがありません。どんどんと髪の毛の長さに違いが出てきてしまうのです。ですから定期的に髪の毛を切らなければならないなど、維持に手間がかかってしまうわけです。

育毛に関しては、自分の髪の毛を太く長くしていくものです。ですから、結果さえ出れば、不自然さは一切ありません。自分の髪の毛なので伸び続けていきます。

・コストについて


・増毛・・・初期費用として10万円前後、その後は月に10,000円から20,000円程度かかる
・育毛・・・育毛剤だけの対策であれば月に10,000円前後


増毛に関しては、初期費用として本数にもよりますが10万円前後のコストが発生します。それで終わりではありません。植毛した髪の毛を維持していくのに費用が発生するのです。毎月の費用は1万円から2万円であり、年間で20万円から30万円程度かかることになります。

育毛に関しては、育毛剤だけの対策をするとなると月に1万円が相場となります。年間で10万円を超えた程度の費用なので、増毛と比較するとコスパ的には良い、ということになるわけです。

・リスクについて


・増毛のリスク・・・頭皮環境の悪化など
・育毛のリスク・・・特になし


増毛に関しては頭皮が一定の負担を受けます。毛を結びつけるタイプの増毛法の場合は、髪の毛をセットするときに増毛した毛が駆使などに引っかかってしまい毛根に対して一定の負担をかけてしまうこともあるのです。毛根が弱ると炎症を起こしたり、毛が抜けやすくなってしまったり、ということも考えられます。

育毛に関しては特にリスクはありません。育毛剤に関しては天然成分を利用しているので、頭皮に何かしらの悪さをしてしまう、ということも考えにくいのです。

増毛と植毛にはどのような違いがあるのか?


・即効性について


・増毛・・・植えた瞬間から髪の毛が増えた状態になる
・植毛・・・髪の毛が生えそろうまでには少なくても数カ月かかる


増毛に関しては、前述したように施術した瞬間に効果が現れるわけです。髪の毛の長さも調整されているので、しっかりと地肌を隠すことが可能です。

植毛に関しても確実な効果が出ることは同じなのですが、まず短い状態で植えることになるわけです。さらに、植毛した毛はそのまま生え続けるのではなく、一度抜けます。その後に髪の毛が生えてくることになるので、髪の毛が成長するまでには数カ月要してしまうわけです。

即効性という部分では増毛に軍配が上がります。

・仕上がりについて


・増毛・・・髪の毛が伸びると不自然になることも
・植毛・・・自分の髪の毛なので基本的には不自然さはなし


増毛に関しては、自分の毛は成長を続けますが増毛した毛は伸びません。時間が経つごとに不自然さが出てきてしまうようなことも考えられるわけです。植毛した部位だけ髪の毛が短いような状態になってしまうこともあるのです。

植毛に関しては、自分の髪の毛なので、きちんと成長します。ただし、経験が少ないドクターが植毛してしまうと、生え際などに不自然さが出てきてしまうことがあります。密度などにも問題が生じて、スカスカの状態になって島雨可能性もあるのです。

仕上がりについては、必ずしも植毛が有利とはいえません。

・コストについて


・増毛・・・継続的に発生し続ける
・植毛・・・最初のみ発生し、継続的な費用はかからない


増毛に関しては、前述したようにまずは増毛分の費用が10万円程度発生します。そのアタと、その増毛した毛を維持するために月々10,000円から20,000円程度の費用が発生していくことになるのです。

植毛に関しては、最初にドカンと高額の費用が発生します。植毛する本数にもよりますが、100万円や200万円もかかってしまうことがあるのです。
ただし、植毛した毛は自分の毛であり、男性型脱毛症(AGA)の影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛を移植するわけです。ですから、特にメンテナンスをしなくても髪の毛は生え続けてくれます。何か対処をしなければならない、ということもなく維持費がかからないわけです。

・リスクについて


・増毛・・・頭皮のトラブルや頭痛などの副作用あり
・植毛・・・頭皮のトラブルや傷跡のデメリットあり


増毛に関しては、頭皮に一定の負担を与えることがあります。特にシートタイプに関しては頭皮に炎症がおきたりかゆみが発生したりするおそれもあるわけです。また、増毛をしたことによって頭痛が発生した、という例もあります。ただし、植毛のようにメスを使ったりすることはないので、重篤な問題が発生するようなことはありません。

植毛に関しては、頭皮にメスなどを入れることもあります。後頭部や側頭部に傷跡が残ってしまうのです。今後の髪型に大きな影響を与えてしまう、ということも考えられます。頭皮か傷つくので、炎症が起きたり化膿したり、という可能性もあります。しばらくはシャンプーも出来ない、といった制限もあるので気をつけましょう。

増毛のメリットとデメリット


・メリットについて


【即効性がある】

近日中に同窓会がある、結婚式に出席しなければならない、婚活パーティーがある、という方もいるでしょう。しかし、薄毛だと自分に対して自信を持つことが出来ません。
そこで増毛の出番となるわけです。増毛に関しては、行った瞬間からフサフサです。カツラもよいのですが、より頭皮からしっかりと生えているように見せることが出来る、といったメリットもあり、人気が高まっているのです。

【植毛した直後は自然である】

増毛はカツラと比較されることが多いわけです。実際にかつらと比較すると、不自然さはありません。カツラに関しては、かぶっている感覚がありどうしても不自然さが出てしまうのです。
増毛に関してはカツラとは違い自然な感覚となっています。ただし、増毛に関しても毛が伸びたら不自然さが出てきてしまう面は否めません。定期的にメンテナンスを行って自然さを維持していかなければならないのです。

・デメリットについて


【そもそも毛があるところにしか増毛は出来ない~結毛タイプ~】

増毛したい部分に髪の毛が残っていなければ結毛タイプで増毛は出来ません。要は、完全にツルツルになってしまった方は、増毛ができなくなってしまうのです。
増毛を開始した当初はまだ髪の毛が残っていたけど、徐々に薄毛が進行して毛がなくなってしまった、という方もいるでしょう。
要は、薄毛が進行してしまえば増毛できなくなってしまうおそれもあるわけです。

【手入れをしなければならない】

増毛は自分の毛ではなく人工の毛を利用して髪の毛が増えたようにカモフラージュするものです。
人工毛でカモフラージュしているだけなので、手入れを定期的に行わなければなりません。手間がどうしてもかかってしまうわけです。

シートタイプであれば定期的に付け外しを行わなければなりません。結毛タイプであれば、髪の毛を結い付けている部分を根元側に引き下げていかなければならないわけです。定期的に増毛サロンへ通わなければなりません。

【継続して費用がかかってしまう】

増毛は前述したように定期的にメンテナンスをしなければなりません。放っておいて良いものではないのです。
そのメンテナンスに費用が発生してしまいます。メンテナンス費用は月々10,000円から20,000円ほどにもなるので、コストという面では大きなマイナスがあります。

将来的に薄毛の範囲が広がれば、さらに高額のコストが発生してしまうおそれもあるわけです。

※ただし、一度にかかる費用としては低く抑えられているのが現状です。初期費用で10万円前後のまとまった費用が発生しますが、植毛のようにいきなり100万円がかかってしまうようなこともないわけです。