AGA以外の若ハゲの原因

薄毛の原因の全てがAGAとは限りません。生活習慣や食生活など、様々な原因が挙げられます。
ここでは、AGA以外の若ハゲの原因や、最近、特に多くなっている若年層の若ハゲに注目します。

若年齢化が進んでいる薄毛問題


薄毛で悩んでいる方は、いつごろから悩んでいるのでしょうか?統計によると、非常に多くの方が若いときから薄げに悩んでいる事実が浮き彫りになりました。下のグラフをご覧下さい。




これは、薄毛に悩んでいらっしゃる方が、何歳から悩みを持っていたかを集計したものです。

驚くべきことに、20代と30代から薄毛に悩んでいる方を合わせると半数以上の54%にもなるのです。このように、薄毛の悩みはもはや中高年男性の悩みではなく、若い方の悩みでもあるのです。

この様に、薄毛が若年齢化してきた原因として挙げられる理由として以下の事が考えられます。

・食生活
・外的要因(ヘルメットや帽子、整髪料などの悪影響)
・睡眠不足
・ストレス

各々の原因について、少し詳しく解説します。

食生活が薄毛に及ぼす影響


・欧米型の脂分の多い食生活

お肉中心の欧米型の脂分の多い食事を取っている方や、油で揚げたお菓子などを多く食べている方は、薄毛になる可能性が高いです。

それは、多量の脂分を取ると、余分の脂分を皮脂線から体外に出そうとするために、皮膚(ここでは、特に頭皮)の皮脂の量が増えて、その皮脂を食べる雑菌が繁殖することになります。雑菌の繁殖により、皮膚の炎症が引き起こされ、頭皮環境が悪くなり、健康な髪の毛が育ちにくくなります。その結果、抜け毛が多くなり、薄毛に悩むことになるのです。

・偏った食生活

と言っても、脂分が少ない食事をしていれば良いという訳ではありません。健康な髪の毛が生え、順調に成長するためには、たんぱく質、アミノ酸、亜鉛に代表される、様々な栄養分が必要なのです。

偏った食生活をしていると、健康な髪の毛の発育や維持に必要な栄養分が不足し、薄毛になりやすいのです。

好き嫌いの多い方で、どうしても、バランスの良い食事を取ることが難しい方は、育毛用のサプリメントを利用するのも良いでしょう。

外的要因による薄毛


ここで言う、外的要因というのは、例えば

・ヘルメットの着用
・帽子の着用
・整髪料の間違った使用方法

のようなものです。

バイクや自転車に乗られている方は安全のためにヘルメットをかぶったり、お洒落な方は帽子を着用したりしますが、ヘルメットや帽子は汗により頭皮が蒸れてしまいます。その結果、頭皮に皮脂や汗がたまってしまい、雑菌が繁殖し、炎症などの頭皮のトラブルが発生しやすくなり、薄毛になる可能性が高くなるのです。

また、お洒落に気を使い、整髪料を使う方も多いと思いますが、正しく使用すれば良いのですが、間違って頭皮に整髪料が付いてしまうと、頭皮の毛穴をふさいでしまい頭皮環境を悪化させ、これも、薄毛の原因となる可能性があります。

睡眠と薄毛


睡眠不足も薄毛に影響を及ぼします。ただし、睡眠時間を確保すれば良いというものでもありません。睡眠不足が若ハゲに影響を及ぼすのは、成長ホルモンと関係があるからです。

成長ホルモンは1日のうちで活発に分泌される時間帯が決まっています。それは、夜の10時から、翌2時の4時間です。

この成長ホルモンが活発に分泌されている時間帯に起きていると、成長ホルモンの分泌が阻害され、髪の毛の成長が妨げられ、若ハゲの原因となります。

睡眠に関しては、睡眠不足にならないように注意するだけでなく、成長ホルモンが活発に分泌される時間帯には出来るだけ眠るように注意しましょう。

ストレスと薄毛


ストレスも薄毛に影響を及ぼします。人間はストレスを受けると、血行が阻害されます。髪の毛の成長に必要な栄養分は血液によって運ばれますから、血行が悪くなると、髪の毛の成長が阻害され、薄毛につながります。

先に、薄毛に対する睡眠の重要性を説明しましたが、睡眠はストレス発散にも役に立ちます。ただし、長い時間、寝れば良いという訳ではなく、6~7時間がストレス解消に一番効果的な睡眠時間と言われています。5時間以下の睡眠不足の状態や、8時間以上の眠りすぎの睡眠は、ストレス発散にはならないと言われているので注意が必要です。

戻る

元に戻る