ミノキシジルってフィナステリドとどう違うの?


ミノキシジルってフィナステリドとどう違うの?


AGA治療薬においてミノキシジルと双璧をなしているのが、フィナステリドという成分です。
フィナステリドは、プロペシアやフィンペシアなどの医薬品にも主成分として含まれます。
よってプロペシアとフィンペシアの中身はほぼ同じなのですが、効果から副作用まで違いがあります。
まず最大の違いは、プロペシアは厚生労働省から認可されていますが、フィンペシアは国内では認可されていません。

時にミノキシジルは、血行の改善やヘアサイクルの改善などによって発毛効果を実現させました。
では、フィナステリドも同じなのでしょうか?
結論から言うと、全く違います。
フィナステリドは、血行やヘアサイクルからアプローチするのではなく、使用者の男性ホルモンをコントロールすることで発毛効果を発揮します。

男性ホルモンはAGAの大きな原因です。
男性ホルモンはその殆どがテストステロンという成分でできています。
またこのテストステロンは5α還元酵素によってジヒドロテストステロンという成分に変化するのですが、これが髪の成長を妨げています。
フィナステリドには5α還元酵素を阻害する作用があり、ジヒドロテストステロンの発生を抑制することによって発毛の実現を図ります。


ミノキシジルとフィナステリドで異なる発毛へのアプローチ


このように、フィナステリドはホルモンの働きにフォーカスした発毛のための成分です。
したがって一般的にミノキシジルよりも副作用の問題が大きく、場合によっては厳しい使用制限のルールが存在します。
例えば、妊娠中の女性は絶対にフィナステリドを使用してはならないことになっています。
というのも、妊娠中の子が男の子だった場合、その生殖器に異常が生じる危険性があるからです。

一方ミノキシジルにそのような重大な副作用は殆どありません。
血管拡張作用がもたらす眩暈や貧血のほか、動悸や倦怠感、体毛増加、むくみ、吐き気などさまざまな副作用が報告されてはいますが、いずれも重篤な症状とまでは言えないものばかりです。

また冒頭でも軽く触れましたが、ミノキシジルの発毛へのアプローチは、基本的には血行の改善によるものです。
ミノキシジルは元々血圧を低くする薬として開発されたものなので、血管拡張作用があるのです。
血行が良くなると、毛根まで髪の成長に必要な栄養素が届きやすくなります。
その他、ミノキシジルは毛包に直接作用することにより、毛母細胞を活性化させたり、髪を太く育てるタンパク質の合成を促進させたりします。
こうした作用により、ミノキシジルの発毛効果が発揮されることが分かっています。


ミノキシジルとフィナステリドの併用で効果UP?


以上のような理由で、ミノキシジルとフィナステリドでは、発毛に対するアプローチの仕方が全く異なります。
このことから、ミノキシジルとフィナステリドは以前からよく併用されてきました。
成分が似たものの併用だと、単純に量が増えるだけの話になるので、当然のことながら副作用のリスクは一気に高まりますし、そもそも規定以上の服用になるため、非常に危険です。
一方、成分が互いに異なると、それぞれの成分量は変わらないので副作用のリスクは基本的にそのままです。
またミノキシジルとフィナステリドは互いに反発するなどの悪影響も無いことが確認されています。
よってミノキシジルとフィナステリドの併用は、他の薬の併用に比べればリスクの少ないものになっているのです。
ミノキシジル毛根の成長環境を改善化し、フィナステリドで男性ホルモンを抑制する。こうしてみると非常に悪くないように見えてくるかと思います。

もっとも、どちらにも小さくない副作用が存在しています。併用すればその両方の副作用リスクを背負うことにはなりますので、その点は十分に注意してください。
またこの二種類の薬には同じような副作用もあります。
例えばミノキシジルとフィナステリドは、いずれも肝臓に負担をかけますし、性欲減退の症状などは共通した副作用です。
肝臓に疾患のある方や家族計画に予定のある方などは、併用を避けるか、もしくは使用することを止めた方が良いでしょう。


厚生労働省による認可について


上記のように、ミノキシジルの発毛効果は明確に存在します。
よってフィナステリドを主成分とするプロペシアとともに、ミノキシジルも厚生労働省により医薬品として認可されています。
ただこれは塗布型の外用薬に限ります。
タブレット型のミノキシジル(通称ミノタブ)のような内服薬は、現在のところ認可されていません。
ミノキシジルの発毛効果のメカニズムが未だによく分かっていないため、効き目が大きいタブレット型の内服薬に対しては迂闊に判断を下せないのが理由と見られています。

よって、ミノキシジルのタブレットを日本国内で購入することは出来ません。
タブレット型のミノキシジルを入手するためには、AGA治療専門のクリニックで処方してもらうか、または個人輸入により海外から購入する必要があります。
またそれぞれにメリット・デメリットが存在します。
例えばAGA治療専門のクリニックではその費用が認可外のため高額になりやすく、個人輸入だと安価で入手できます。

まとめ


これらの一番重大な問題点は、日本国内で使用が認可されていない、いわば脱法的な薬になるため、使用は自己責任になり、大きな副作用が出ても誰もその保証をしてくれないというところにあります。
この他詳しくは、ミノキシジルタブレットで効果が期待できるターゲット層の記事を参照していただけると更にご理解いただけるかと思います。
その他、副作用等も小さいものとは言えないほどのものが存在しているため、まず最初は市販の育毛剤等から始めることを強く推奨いたします。