ミノタブの副作用:多毛症

ミノキシジルタブレットの副作用:多毛症


ミノキシジルタブレットは、リアップやロゲインといった塗布タイプのミノキシジルの内服バージョンです。
発毛効果は極めて高い、とされているのですが、実は恐ろしい副作用をたくさん抱えているのです。

今回はミノキシジルタブレットにおける「多毛症」の副作用について詳しく掲載します。
そもそも多毛症とはどんな症状であり、どのようなメカニズムで発症するのかを明らかにします。

多毛症の発症確率の高さと実際に副作用が出てしまった方の口コミ体験談についても注目してみました。

多毛症とはどんな症状なのか?


・頭髪以外の毛も濃くなるということ


薄毛で悩んでいる方は髪の毛が生えてほしい、と願っています。
しかし、多毛症というものは髪の毛だけを指しているのではありません。
髭や胸毛、腕の毛や足の毛なども同時に濃くなってしまうという症状なのです。

多くの方が産毛状態となっている、指の毛についても剛毛化してしまう、といった症状になることもあります。

多毛症に関しては、毛の処理が大変になる、といったデメリットがあります。
特に男性の場合は、髭を定期的に剃らなければならなくなった、といった声が多くなっています。
いままで2日や3日に1回剃ればよかったというヒゲが薄かった方に関しても、1日あたり1かいは剃らなければならない状態になるケースが続出しているのです。
それだけミノキシジルタブレットには強い多毛症に対する作用があるのです。

・新たなコンプレックスを抱えることになる


昔であれば髭の濃さや胸毛の濃さというものは男の象徴でした。
しかし、現在ではとにかく女性ウケが悪いのが現状です。
髪の毛を生やしたとしても、全身の体毛が濃くなってしまうような状態になってしまえば新しいコンプレックスを抱えることにもなりかねません。

中には、ミノキシジルタブレットを利用したおかげで脱毛サロンに通うようになった、という方もいるほどです。

では、ミノキシジルタブレットを利用するとなぜ多毛症の症状が出るのかを探ってみましょう。

ミノキシジルタブレットを飲むと多毛症の症状が出る理由


・全身の毛根に栄養が送られるようになるから


ミノキシジルタブレットの効果は、血管を拡張する、というものです。
血液は髪の毛を作るための栄養となるので、しっかりと毛根に送り届けることができれば発毛するわけです。
しかし、ミノキシジルタブレットは頭皮の血行だけを高めることは出来ません。

内服タイプなので腸から吸収されたミノキシジルは全身に影響を与えるようになるのです。
全身の血管が拡張され、全身の毛根に栄養が送り届けられます。いままでよりも豊富に毛の栄養が届けられるので毛がしっかりと生えてくるわけです。

ミノキシジルタブレットによる体毛の強化は髪の毛の発毛効果の一環なのでかなり高い確率で起こります。
避けては通れない、といっても過言ではありません。

・全身の毛母細胞と毛乳頭細胞が活性化するから


血行不良などが起こると毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養が送られなくなります。
毛を生やす機能が衰えてしまい、体毛も産毛のような毛ばかりになってしまうわけです。

一方でミノキシジルタブレットを利用すると、血行が良くなり毛乳頭細胞や毛母細胞にも栄養が送られます。
今まで休眠状態に陥っていた細胞が目を覚ますのです。
覚醒した細胞は毛の生成を行います。

細胞が活性化されるからこそ体毛が濃くなる、ということも覚えておきましょう。

ミノキシジルタブレットによって多毛症の症状が出る確率は高いのか?


・極めて高い!


ミノキシジルの英語の説明書があります。
「ADVERSE EFFECTS(副作用)」の項目をチェックしてみると、トップに多毛症のことが記載されているのです。
しかも、その発症確率は80%とされています。

ミノキシジルタブレットによって頭髪発毛した方の確率、というものは正確なデータがありませんがリアップX5に関しては、1年間利用しても著名改善と中程度改善を併せて80%に届いていません。
(大正製薬のリアップX5プラスの発毛効果データより(http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/))
要は、頭髪の発毛効果よりも高い確率で多毛症の症状が出る可能性がある、ということなのです。

また、多毛症の症状が出た後に頭髪が増える、といった指摘もあります。
ですから、頭髪が発毛するという効果は、多毛症の症状の一環といったことも考えられるわけです。

・ミノキシジルタブレットを利用するなら多毛症の症状は覚悟すること


・多毛症の症状はミノタブ利用者の80%におこる
・そもそもミノタブは頭髪だけに効果を与えることは出来ない

上記のことを理解すれば、髪の毛以外の体毛が増えるというミノキシジルタブレットの副作用は確実に起こる、ということが理解できると思います。
ミノキシジルタブレットを利用しようと思っている方は、体毛が濃くなることも覚悟してください。

ミノキシジルタブレットによる多毛症の症状を抑えることは出来ないのか?


・難しい


飲むミノキシジルの効果はコントロールできません。
飲むことになると、血液中にミノキシジルが入り込み全身に送られます。
そして全身の血管で効力を発揮するわけです。頭皮の血管だけをピンポイントで拡張させる事はできないのです。

どうしても頭皮だけに効果を与えたいのであれば、塗布タイプのミノキシジルの利用がおすすめです。
塗布タイプであれば、基本的に頭皮だけに作用を与えられます。
ただし、塗布タイプのミノキシジルにもたくさんの副作用があるので注意しましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用【多毛症】に関する口コミ体験談


プロペシアを飲んでも効果がなかったので、最後の砦としてミノタブに手を出してしまいました。
ミノタブを利用してみると、しばらくしてから手の指の毛が猛烈に生えてくるんです!
濃くなって、しかもカールしてくる始末。1本1本も太くてなんだか気持ち悪くて剃っています。
肝心の髪の毛は生えてこないし、一体どうなってるんでしょ?
このままじゃ、期待していないところの毛だけが濃くなって終了じゃん!
(20代後半の男性)

ミノキシジルタブレットの5ミリグラムタイプを毎日服用している。
利用を開始してから2ヶ月くらい経ったあたり。
ちょっと体毛に変化が出てきた。
胸毛とギャランドゥの部分の毛が濃くなっているのだ。
まったくもってありがたくないところに効果が出てきて困惑している。
このままじゃ海に行くのもプールに行くのも嫌になりそう。
これから夏になるので、脱毛サロンにでも通おうか悩み中。
余計なコストも掛かって踏んだり蹴ったり。
(30代前半の男性)

ミノキシジルタブレットを利用してからと言うもの、耳毛と鼻毛が生えてきた。
鼻毛はなんとか処理できるけど、耳毛は処理できなくて、床屋にいった時に念入りに沿ってもらっている。
まさかミノタブで耳毛まで濃くなるとは思っていなかったので流石に驚いた。
しかも、これがかなりの濃さで生えてくるもんだから目立ってしょうがない。
もともと体毛は濃いタイプじゃなかったんだけどなぁ・・・。
(30代半ばの男性)

ミノタブで髪の毛が生えてきました!
前頭部に黒い毛がどんどん生えてきたんです。
その代わりヒゲもすごいことに・・・。
毎日の髭の処理が大変すぎて、良かったのか良くなかったのか分かりませんよ。
頭髪だけ増やす、ってことは出来ないのかなぁ。
(20代半ばの男性)

戻る

元に戻る