ミノタブによる主な副作用


ミノタブによる主な副作用


ミノタブは元々血圧降下剤なので、一番気を付けなければならないのが循環器系の副作用です。
というのも、血圧降下剤はそもそも血管を拡張することにより血行を促進させる作用があるため、心臓に血液が多く流れ込み、心臓に負担をかけやすくなるからです。
循環器系の副作用として考えられるのは、動悸や胸痛、むくみ、体重増加などです。
またこの他体毛の増加や肝機能障害などがあります。
これらはミノタブの使用によってよく指摘される副作用です。
以下ミノタブによって引き起こされる主な副作用について見ていきましょう。


動悸がする、胸痛がひどい


ミノタブは血管を拡張させますが、主に動脈に作用し、静脈にはあまり影響しないという特徴があります。
なお、動脈とは心臓から出ていく血管のことで、静脈とは心臓に戻ってくる血管のことです。

まずミノタブの血管拡張作用によって動脈が拡がると、心臓から普段よりも多くの血液が全身に運ばれることになります。
血液は体の末端まで酸素や栄養分を運んだあと、静脈を通って心臓に戻ってきます。
このとき、普段より血液の量が増えているにも関わらず静脈はあまり拡がっていないため、心臓に戻るときの静脈圧が高くなってしまうのです。
これが原因となって心拍数が上がり、胸がドキドキするなどの動悸や胸痛を引き起こすと考えられています。
よって元々心臓が弱い人や狭心症の既往歴のある人は、ミノタブの使用は副作用を考えると絶対に避けるべきです。


顔がむくむ、体重が増える


またミノタブの副作用によって顔がむくんでしまったという方もいます。
顔がむくむプロセスはこうです。
まずミノタブの血管拡張作用によって血管を流れる血液の量が増えるので、血中濃度が低下します。
血中濃度が下がると体はそれを元に戻そうとするので、血液中の水分を血管の周りの細胞に与えて、血中濃度を上げます。
これが長期間続くと水分が細胞にどんどん溜まってしまい、むくみが生じるのです。

むくみを取るためには、マッサージをすると良いでしょう。
マッサージすることで血流を良くし、溜まった水分を排出しやすくします。
ちなみに頬の内側から外側にかけて、円を描くようにさすり、首下に流すようにマッサージするとむくみが取れやすくなります。
これをお風呂上りに行うとさらに良いでしょう。

またこの他、ラシックスなどの利尿剤も効果があります。
ただ利尿剤にも副作用はあるので注意してください。
使用する際は専門の医師に相談しましょう。

またミノタブの副作用で体重が増加する場合もあります。
これもむくみと同様に水分の蓄積が原因です。
ランニングなどの運動をして、体の代謝を高めるよう心がけましょう。


頭髪以外の体毛が増加


当然のことながら、ミノタブの成分ミノキシジルは頭部にだけ届くわけではありません。
血液を介して全身に行き渡るので、必然、頭髪以外の体毛も増加することになります。
腕や足、胸、お尻など場所を問わず体毛が増えたという報告が多く聞かれます。
要は全体的に毛深くなってしまうわけですね。
重篤な副作用というわけではありませんが、体毛が気になる人にとっては全く歓迎できない副作用と言えます。

時期的にはミノタブの服用後2~3か月辺りで体毛が濃くなるケースが多いようです。
無論、頭にだけ成分を届けるようにはできないので、これは基本的に避けられない副作用です。
頭髪が増えるのと引き換えに毛深くなるものと、ある程度受け入れるしかないですね。
対処の方法を強いて挙げるなら、服用しているミノタブの量を減らすか、副作用の無い育毛剤の使用に切り替えるかのいずれかになるでしょう。
育毛剤には基本的に副作用等は存在しないため、副作用の気になる方は特に育毛剤の使用を検討することをおすすめします。
また、フィンペシアなど他のAGA治療薬に替える方法もありますが、これは発毛のアプローチが全く違います。副作用の問題もミノタブと比べ別ベクトルに大きくなりますので、熟慮して判断する必要があります。


肝機能障害


その他よく指摘されるのが肝臓への悪影響です。
ミノタブの成分であるミノキシジルは、肝臓まで運ばれて分解されます。
よってミノタブが肝臓でうまく代謝されないと、中毒症状を引き起こす可能性があり危険です。
また肝臓は、糖質をグルコースに変えて全身に運び、エネルギーを作り出しています。
その他胆汁を作ったり栄養を貯蔵したりと、さまざまな機能を持っている重要な器官なのです。
よくアルコールの摂取量が増えすぎると脂肪肝となって肝機能が低下すると言われますが、ミノキシジルの副作用でも同じような症状が起こり得ます。
肝臓の弱い人はミノタブの使用を控えるようにしましょう。

まとめ


この他、人工透析を受けている方や腎臓に疾患のある方も注意が必要です。
既に服用している他のお薬との併用による思わぬ副作用も考えられますので、自分で勝手な判断をせず、専門医の適切な指示を仰ぐようにするか、副作用の明確に確認されており認可されている治療薬を使う、もしくは副作用の殆どない育毛剤を使うことをお勧めいたします。

また、その他副作用に関しましてはミノタブによるその他の副作用の記事にまた別の副作用の詳細がございますので、併せてご確認ください。