ミノキシジルタブレットの副作用と口コミ

ミノキシジルタブレットの副作用:眠気


重篤な副作用が発生する可能性のあるミノキシジルタブレットですが、命には即関わらないものの注目すべきものもあります。その一つが「眠気」なのです。

眠気くらいであれば、風邪薬や花粉症の薬でもありますよね。身近な副作用なので気にしない、という方もいるかもしれません。しかし、注意しなければなりません。仮に運転中に眠気が来てしまったらどうなってしまうでしょうか。結果的にはミノキシジルによって命を奪われてしまうかもしれないのです。

またミノキシジルタブレットによって眠気があるということを事前に知っておけば、利用する時間帯をコントロールできますよね。自動車に乗る前には飲まない、というのは当たり前です。他にも仕事前や勉強前には飲まない、といった対策方法もあります。

こちらではミノキシジルタブレットによって眠気が発生してしまうメカニズム。さらに眠気が発生する確率は高いのか、それとも低いのか。最後に実際に眠気の副作用が出てしまった方の口コミ体験談を記載します。

これからミノキシジルタブレットで薄毛対策を使用、と思っている方は必見です。

ミノキシジルタブレットで眠気が発生してしまうメカニズムとは?


・解明されていない


ミノキシジルタブレットを利用することで眠気が発生してしまった、といったケースは多く報告されているので、副作用として発生する確率は一定以上あると考えられています。しかし、なぜミノキシジルタブレットによって眠気の副作用が出てしまうのか、ということは詳しくは解明されていないのです。

ミノキシジルはそもそも血圧降下剤として開発されました。ですから、血圧が下がりすぎる、という低血圧の副作用が出ることはなんとなくは予測できるわけです。しかし、眠気の副作用が出る、ということは想定されているわけではありません。

ミノキシジルタブレットによる眠気の副作用ですが、発生するメカニズムに関しては推測の域は出ないのですが仮説は立てられます。

・仮説|血管拡張による体温上昇後の身体の冷えによる眠気の可能性あり


我々の身体は、温まった体が冷えていくと眠くなる、といった性質を持っています。お風呂を出てから30分から1時間30分後くらいに布団に入ると安眠が得られる、といった話を聞いた方もいるのではありませんか。
お風呂に入ると血管も拡張されますし、暖かいお風呂に入っているので体温も高まります。そしてお風呂から出てしばらく経つと、少しずつ体温が下がっていくわけです。体温が下がり始めると副交感神経が活性化しはじめて眠気がやってきます。

実は上記のような状況がミノキシジルタブレットによっても得られるのです。
ミノキシジルには血管を拡張する作用があるので、体温を高める作用があります。そして高まった血行ですが、数時間で徐々に解消されて元通りになっていきます。強力な影響力を持っているミノキシジルタブレットとはいえ、ずっと血行を高め続けているわけではありません。ミノキシジルの効果が切れ始めると、徐々に体温も下がり始めるわけです。その時に眠気がやってくる、ということは十分に考えられます。

注目してほしいのが、ミノキシジルタブレットには強い作用がある、というところです。育毛剤にも血行促進成分が配合されていますが、血管の拡張作用は緩やかです。強引に血管を広げるような作用はないので、眠気の副作用が出ません。そもそも育毛剤は頭皮に塗布するものなので、基本的に全身の血行を高めるような機能はないのです。一方でミノキシジルタブレットは、医薬成分でもあるので血管を強引に拡張します。しかも内服タイプなので、全身の血管に影響を与えられます。ですから体温が急激に高まり、薬効が切れると急激に体温が下がり眠気がやってきてしまうわけです。

・服用してからどのくらいで眠気がやってくるのか?


早ければ3時間から4時間程度で眠気がやってくることが多いようです。
ここまでの説明を聞くと「ミノキシジルの効果が弱まって血管の拡張が収まってきてから眠気がやってくるのではないか?」と思うかもしれません。確かに、ミノキシジルの効果が完全に収まってくるのは10時間以降とされています。そもそも1日あたり1回の服用なので、長時間効果を発揮してくれるはずのものですよね。

しかし、飲んでから数十分から1時間程度でもっとも高い効果が得られるわけです。そこから徐々に効果が弱まっていくことになるので、ミノキシジルの効力が残っている間にも眠気の副作用が出てくることはある、と覚えておきましょう。

例えば、朝の7時に飲むとします。そうすると午前10時から11時の時間帯に眠気に襲われる、といった状態になってしまいます。ちょうど仕事をしている時間帯に当たります。

副作用が出てくる時間を考えると、やはり夜飲んだほうが良いでしょう。

※ミノキシジルの半減期は4.2時間であることが分かっています。ですから、ミノキシジルを飲んでも4時間ちょっとで効果は薄まってしまうわけです(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%ABの薬物動態データより)

ミノキシジルタブレットによって眠気の副作用が出る確率は高いのか?


・不明


ミノキシジルタブレットの副作用については明確な副作用調査が実施されていません。そもそもミノキシジルタブレットは血圧降下剤として承認されているのであって、発毛剤として承認されているわけではありません。

ミノキシジルの取り扱い説明書には、いくつかの副作用とそのパーセンテージが示されています。例えば、多毛症の症状は80%の人に起こることが明記されています。心電図によるT波の変化は60%の人に起こるとされているのです。

しかし、その取り扱い説明書には「眠気」に関する記載がありません。ですから、どのくらいの確率で発症してしまうのかが不明なのです。

塗布タイプのミノキシジルに関しても、眠気に関する副作用については明らかにされていません。大正製薬のホームページにも記載がありません(http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/)。厚生労働省のホームページにも眠気に関する記載はいまのところされていないのです(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000047494.html)。

以上のことから、1%を超えるような確率で発症することはない、と考えられます。仮に5%や10%を超えるような確率で眠気の副作用が発生していたとしたら、必ず取り扱い説明書にも記載されているはずです。塗布タイプのミノキシジルでも注意喚起されているはずでしょう。

・注目!個人輸入代行ページの注意事項あり


ミノキシジルタブレットを個人輸入代行している「オオサカ堂」のホームページに、少し気になる記載があります。

「本剤(ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg)の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。」

※ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg 【1箱100錠】 の販売ページ(https://osakado.cool/detail/000080_minoxidil_tab.html)より抜粋

上記の記述が必ずしも眠気を指しているとは限りませんが、眠気の副作用の可能性を感じさせる記述でもあります。やはり一定の方には眠気の副作用があるのではないか、と推測できるわけです。

ミノキシジルタブレットの副作用【眠気】に関する口コミ体験談



営業の仕事をしており、よく運転しているのですが最近眠くて仕方ありません。居眠り運転しそうなので、仕事の合間に、車の中で寝ているようなこともあるほどです。気になるのが、最近になってミノキシジルタブレットの利用を始めた、ということ。これはやっぱりミノタブの副作用なんでしょうか?このまま飲み続けていたら、いつか事故を起こしそうで怖いです。(30代後半の男性)



しっかりと眠ったはずなのに、お昼近くなると猛烈な眠気に襲われる。昼休み中に必ず昼寝をするようになってしまった。早い場合には昼休みに入る前に眠くいなることもあり、自分の体が心配になってしまった。そういえば、ここ1ヶ月ほど海外からミノタブを取り寄せて飲んでいた。もしかしたら、ミノキの影響なのかもしれない。だけど、眠気の副作用情報はあんまりないので違うのかな・・・。(20代後半の男性)



資格の勉強をしているのだが、ミノタブを飲むと勉強が疎かになる。うつらうつらして、眠くいなってしまうのだ。髪の毛が生えてくる前に変な副作用が出てくるなんて最悪。これで試験に落ちたらシャレにならないので、服用はストップ!塗布タイプに切り替えてみようと思います。(30代なかばの男性)


戻る

元に戻る

ミノキシジルタブレットの副作用:むくみ


ミノキシジルタブレットを利用した方に現れる副作用として注目を集めているのが「むくみ」です。塗布タイプのミノキシジルでは発生しにくい副作用なので、気にしている方も多いのです。

浮腫の症状が出てしまうと、容姿の印象が変わってしまうことも考えられます。体重にも変化が現れるかもしれません。

こちらではミノキシジルタブレットを利用するとなぜむくみが発生してしまうのか。さらにミノキシジルタブレットによるむくみの発生確率。最後に実際にむくみの症状が出てしまった人の口コミ体験談を掲載します。

ミノキシジルタブレットでむくみが発生してしまうメカニズムとは?


・血流の変化が関わっていることは間違いない


実はミノキシジルタブレットを服用するとなぜむくみが発生してしまうのか、ということはあまり良く分かっていません。しかし、一定数の方にむくみの症状が出ていることは間違いありません。そこで考えられる理由を掲載します。

むくみが出るということは、体内に水分が蓄えられるような状況になってしまうわけです。むくみに関わっている水分ですが、血管から滲み出ています。血管から滲み出る水分バランスが乱れて増えてしまうとむくみの症状が発生してしまうのです。

そこで注目していきたいのが、ミノキシジルタブレットの根本的な機能である血管の拡張作用です。血管が拡張されることで、血液に含まれている水分も多く血管を通っていくことになります。その結果、血管外に水分も多く滲み出てしまう、といったことは容易に想像がつきますよね。
要はミノキシジルの血行促進作用がむくみを作り出してしまうわけです。

・疑問点あり


血行が良くなってむくみが発生するというのは、実は少し不可思議なことでもあるのです。確かに、血管を通る血液の量が増えれば滲み出る水分の量は増えます。一方で、水分は血管への再吸収というものが行われるはずです。血液の流れが良ければその再吸収も積極的に行われるはずなのですが、それが行われないのでむくみになってしまうはずなのです。なぜ水分の再吸収が積極的に行われないのか、というところが気になりますが、今のところ解明はされていません。

副作用のメカニズムが詳しく分かっていない、という部分も実は恐ろしいところなのです。メカニズムが解明されていれば、明確な対策方法も見えてきます。どこまでひどくなるのか、ということもだいたい察知できるはずです。しかし、ミノキシジルの利用でむくみが発生する事自体がよく分かっていないので、どこまで進行してしまうものなのかも分かりません。ミノキシジルタブレットを継続利用すると、日常的にむくみが残ってしまう、という恐れもあります。

ミノキシジルタブレットの浮腫の副作用の発生確率はどのくらいなのか?


・7%の割合で発生を書確率


ミノキシジルの取り扱い説明書には「ADVERSE EFFECTS(副作用)」という項目があります。その中にはむくみの副作用もしっかりと掲載されているのです。
実は3番目に多い副作用として掲載されています。掲載名は「temporary edema(一時的なむくみ)」です。発生確率も明記されており、【7%】との記載がありました。

・7%の発生確率は高いのか?それとも低いのか?


高いです。

発毛剤の副作用発生確率として7%ものかたに同一の副作用が出る、ということはかなり危険なものでもあります。
そもそもリアップX5の場合は、副作用の発現率はすべての副作用を総合しても8.82%です(厚生労働省のホームページより:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000047494.html)。

ミノキシジルタブレットは他の発毛剤よりも圧倒的に副作用が出る確率が高い、ということは理解しておかなければなりません。

むくみは確かに、即生命に危険が及ぶようなことはないかもしれません。しかし、体の水分バランスにミノキシジルが影響を与えていることは間違いないのです。継続してむくみが発生してしまうと、リンパ液の流れが阻害されてしまうかもしれません。どのような影響が将来に出てくるかもわからないですよね。
むくみの副作用が出た方はミノキシジルタブレットの利用を禁止すべきです。

むくみの副作用が出ないようにするためにはどうしたら良いか?


・利尿作用のある食べ物や飲み物を積極的に摂取する


水分が血中に再吸収されないのがむくみの大きな原因です。ミノキシジルタブレット利用時にむくみの症状を出さないようにするためには、利尿作用のあるものを積極的に摂取することである程度はカバーできる、と考えられます。

特に利尿作用が強いとされているのが。カフェインを含有したドリンクです。

【カフェインを含んだドリンク例】
・コーヒー
・ウーロン茶
・緑茶
・紅茶など

ただカフェインを多く含んだ飲み物を夜に飲むと、眠れなくなってしまうかもしれません。睡眠は髪の毛に対して大きな影響を与えるので注意しましょう。

利尿作用がある食べ物には、スイカやきゅうり、そして豆類があります。それらの食べ物にはカリウムといった成分が含まれており、体外に水分を排出してくれやすくなるのです。

・ゆっくりと入浴をする


シャワーだけですませてしまうと、汗で水分が体外に排出されにくくなります。シャワーだけで済ますようなことはせずに、必ず入浴する癖をつけましょう。

できれば、ぬるま湯に20分から30分程度は浸かるようにすべきです。

体が効率的にあたたまるので、自然発生的に汗が出てきて体内の水分が減ります。簡単なむくみの解消方法です。

ミノキシジルタブレットの副作用【むくみ】に関する口コミ体験談



ミノキシジルタブレットを利用してからというもの、顔がパンパンになってしまいました。周りからも「太った?」なんて指摘をされる始末。体重は殆ど変わっていないのに、なんだか顔だけがむくんでしまっているのです。ミノタブをやめて3日程度でむくみは落ち着いたので、確実に副作用だと思います。このまま継続的に利用するとなると、ずっと顔がむくむことになるのか、と思ったのでやめました。他に育毛方法を考えます。(30代前半の男性)



海外から個人輸入をしてミノタブの5ミリグラムを利用してます。最初は特に副作用はなかったんですが、1ヶ月くらいたってからおかしくなってきました。ペニスの竿の部分が猛烈にむくんでいるのです。触るとぷにぷにしており、あきらかに浮腫の症状が出ています。なぜペニスだけにそのような症状が出るのかわからないし、パートナーに性病を疑われてしまう恐れもあると思って利用を中止。やめてから1週間程度でペニスの変なむくみも解消しました。なんで性器がむくむんでしょう・・・。(30代なかばの男性)



ミノタブを利用してからちょっと調子が悪いんです。おしっこの出も悪いですし、身体もなんだか重たいです。実際に体重も増えている感覚です。ミノタブによって体外に水分が排出されなくなってしまったんでしょうか?実際にそのようなことってあり得るのでしょうか?このまま利用しても問題ないのか不安です。ちなみに髪の毛は現状維持ですね。悪い感触はないので、副作用位が出てしまうのはものすごく残念です。多分やめたほうが良いんだろうなぁ。(40代前半の男性)


戻る

元に戻る

ミノキシジルタブレットの副作用:体重増加


ミノキシジルタブレットによる副作用は多数報告されています。その数や割合は塗布タイプのミノキシジルを遥かにしのぎます。

今回紹介するミノキシジルタブレットの副作用は「体重増加」です。体重が増える、ということは多くの方にとってありがたいものではありません。今まで通りの食事内容なのに、何故かミノキシジルタブレット利用後に体重が増えてしまう、といった事例が増えているわけです。

今回は、ミノキシジルタブレットが増えてしまうメカニズム。さらにどのくらいの確率でミノキシジルによって体重増加の副作用が出てしまうのか。最後に実際にミノタブを利用してから太ってしまった方の口コミ体験談を掲載します。

薄毛と体型で悩んでいる、という方には必見のテーマです。

ミノキシジルタブレットで太ってしまう仕組みとは?


・むくみの症状が体重増加につながってしまう


ミノキシジルタブレットを利用した方に、むくみの症状が出ることが確認されています。むくみとは体内に水分を多く含んでいる状態で、水分お排出がスムーズに行われていないので発生します。その分、体重が重くなってしまうわけです。

ミノキシジルタブレットによってむくみが発生するのは、ミノキシジルの根本的な機能である血管拡張作用が大きく関わっています。血管が拡張されると血液循環が早くなります。血管が広くなればそれだけ流れる血液量が増えていくわけです。
もともとは血液濃度が一定であったのに、その濃度が薄まってしまいます。そこで循環器系の細胞たちが焦ってしまい、水分を多く含んだ血液などを無理に各細胞に届けてしまうわけです。その結果、むくみの衣装城が出てしまいます。要は血管拡張作用が、体内(細胞)に水分を蓄え安くしてしまっているのです。

急激な体重増加が見られた場合には、血管の拡張作用が強く現れすぎている可能性があります。むくみだけの症状にとどまらずに、低血圧などの他の副作用を併発している可能性もあるので注意しましょう。

・どのくらい体重が増えてしまうのか?


個人差があるので、明確に何キロ増えたらミノキシジルの副作用、ということは出来ません。ただし、ミノキシジルを服用してから、生活にほとんど変化がないのに、2キロから3キロ増えた、というようなケースについてはミノタブによる副作用の確率が極めて高くなります。

ミノキシジルタブレットの服用を始めたら定期的に体重を測りません。普段通りに食事をしているのに体重が増え始めたら、服用のストップも視野にいれるべきです。

・もう一つの副作用|ダイエット効果が出にくい


薄毛で悩んでいる方の中には、メタボリックシンドロームで悩んでいる方も多いのではありませんか。ウエスト周りがかなり出てくる年齢と薄毛になる年齢はだいたい合致してくるので、薄毛対策とともにダイエット対策も考えなければなりません。

ミノタブを利用し始めてしまうと、メタボリックシンドローム対策をしても効果が出にくい、といったデメリットがあります。食事制限や運動をしても、体内に水分が蓄えられる状況になってしまうので、体重がなかなか減りません。さらに、体内に水分が多くなるということはリンパ液の流れがスムーズではない、という可能性も出てきます。代謝機能が落ち込んでいることも十分に考えられるので、体重減になりにくい体質になっているわけです。

ダイエットを成功させたい、という方にはミノタブの利用はおすすめできません。

ミノキシジルタブレットによる体重増加の副作用が出る確率は高いのか?


・明確なデータなし


ミノタブによって体重増加の副作用が出てしまうことに関しては、いくつかの報告があるのですがデータとしては明らかにされていないのが現状です。
ミノキシジルの取り扱い説明書の「ADVERSE EFFECTS(副作用)」に「体重増加」の項目は設けられていません。ただし、むくみの項目(temporary edema(一時的なむくみ))は設けられています。7%の利用者に発生していることが明らかにされています。

説明書に「体重増加」が記載されていなかったからといって副作用がない、というわけではありません。前述したように、ミノタブによって体重増加が起こるメカニズムはある程度解明されています。ですから、少なからず太る可能性はあるわけです。

「ミノタブを利用すると太るかもしれない」といった認識を持った上で利用を開始する必要があるわけです。

・塗布タイプのミノキシジルで体重増加は起こるのか?


飲むタイプがダメなら塗布タイプ切り替えよう、と考える方もいるかもしれません。
実は塗布タイプのミノキシジルにも顔のむくみが発生した、といった報告はあります。ですから、塗布タイプのミノキシジルであったとしても体重増加が発生する可能性があるのです。

ただし、塗布タイプについてはミノタブとは違って作用を全身に与えるわけではありません。体重増加の作用もずっと弱いので、肥満のリスクは低いです。

ミノキシジルタブレットで体重増加の副作用が出た場合はどうすればよいのか?


・服用をストップする他ない


確かに、運動をしたりオフロにゆっくりと入ったり、利尿作用のある食べ物を積極的に食べる、ということをするむくみ解消方法もあります。しかし、問題となってくるのがミノタブは全身に影響を与える薬剤である、というところです。さらにその作用は強く、ちょっとした対策をしたくらいでは体重増加を抑制させることは出来ません。

ミノタブによる副作用を抑えたいのであれば、服用をやめるのが最も近道です。服用を中止すれば、1ヶ月から6ヶ月程度で体重増加の副作用は改善されえます(参考ページ:http://minokisijiruhukusayou.hatenablog.com/entry/2015/07/30/023058)。

もしもミノキシジルタブレットをやめてしばらくたっても体重増加が続いたままな鳴っている場合は、医療機関に行きましょう。体内で何かしらの問題が起こっていることも十分に考えられるのです。
症状がひどい場合には、医薬品を使って体内の水分を排出する、といったこともしなければなりません。

ミノキシジルタブレットの副作用【体重増加】に関する口コミ体験談



ミノタブを利用しましたが、気になっていた低血圧の副作用は怒らなかったです。安心していたんですが、利用開始後2週間位してから体が重いんです。さらにむくみの症状も出ている感じでおかしいと思って体重を測ってみると、ここ10年維持してきた体重よりも3キロも増加していました。食べすぎてもいないし、運動量も変化なし。考えられるのはミノタブのみ・・・。服用をストップして様子を見たら1週間程度で体重が戻りました。ミノタブの影響って恐ろしいですね。(30代なかばの男性)



薄毛治療としてAGAクリニックを介してミノタブというものを利用してみたんです。最強の発毛効果があるということで期待して導入してみました。利用してみて特に頭髪には変化がなかったんですが、周りから「太ったんじゃない?」なんていわれ始めてしまったんです。そう言えば顎とか顔がちょっとむくんでいるようにも見えます。実際に体重計に載ってみると、2キロほど体重が増加してました。ミノタブ以外に体重が増える原因がわからないのでこのまま続けようか、それともやめようか悩んでます。(40代前半の男性)



ミノキシジルタブレットを利用すると髪の毛が改善するとのことで期待して利用してみることに。利用して3ヶ月程度になるとちょっと体毛が濃くなってきて、髪の毛も産毛が生えてくるようになったんです!体毛はいらないけど、髪の毛が生えてきて嬉しかったんですが、ちょっと問題が。体型が変化してるんです。なんか足とかお腹周りがむくんでいる印象。脂肪とは違うんですよね。体重も3キロぐらい増えてますし・・・。(20代後半の男性)


戻る

元に戻る

動機・めまい・倦怠感・不整脈


ミノキシジルタブレットに関しては、本命ともいってもよい副作用があります。それが動悸・めまい・倦怠感・不整脈です。それらの副作用が出る確率は極めて高いとされており、注意して対応しなければなりません。

動悸や不整脈に関しては、心臓も関わってくるわけです。めまいや倦怠感というものは、脳や頭にも関連してきます。重要な部位に対する副作用を起こしてしまうのがミノキシジルタブレットなのです。気軽な気持ちで利用してはなりません。

こちらでは動悸・めまい・倦怠感・不整脈の副作用がなぜ発生してしまうのか、そのメカニズムに迫ります。さらに、それらの副作用が起きてしまう確率は高いのか、ということも明らかにします。

最後にミノキシジルタブレットを利用して動悸・めまい・倦怠感・不整脈の副作用が出てしまった方の口コミ体験談をお話します。

ミノキシジルタブレットにより動悸・めまい・倦怠感・不整脈の副作用が出てしまう原因


・血圧の急激な下降によって引き起こされてしまう


ミノキシジルタブレットには血管を拡張させる作用があります。血管が拡張されることで、血圧が下がることになります。もともとは血圧降下剤として開発された成分がミノキシジルなので、血圧を下げる作用は基本的なものです。

問題は、ミノキシジルタブレットによって血圧が急激に下がりすぎてしまう人もいる、という部分です。血圧が一気に下がりすぎてしまうと、様々な部位に違和感が出てきてしまいます。

【動悸の副作用について】
心臓がドキドキしてしまう動悸も、血圧が急激に下がりすぎたことによって心臓に負担がかかっているからこそ起きてしまいます。血管が拡張されてしまうと、心臓はたくさんの血液を一気に送り出さなければなりません。運動をしている時も血液を大量に送り出していますが、その時は心臓がドキドキしていますよね。ミノキシジルタブレットには、運動も関係なく普通にしていても運動をしているような動悸が発生してしまうわけです。しかも、薬の効力が落ち込んでくるまで続いてしまいます。

【めまいの副作用について】
めまいも血管が拡張されることによって発生します。
血管が拡張されることで、一時的に脳への血流が足らなくなってしまうことがあるのです。そもそも血管が広がったとしても、急に血液呂が増えるわけではありません。血管が広がったのに血液量が少ないままだと、脳に送られる血液が少なくなってしまいます。その結果、貧血のようなめまいが発生してしまうわけです。

塗布タイプのミノキシジルでも発生するタイプの副作用です。

【倦怠感の副作用について】
ミノキシジルタブレットは内服薬なので肝臓に対して影響が出てきます。
肝臓に負担がかかってしまうことによる倦怠感、というものが出てくるのです。

風邪薬や頭痛薬を利用すると倦怠感が出てしまう、というかたもいるのではありませんか。他の医薬品でも倦怠感が出やすい方は、ミノキシジルタブレットでも発生する可能性があります。

注意してほしいのは風邪薬や頭痛薬に関しては一時的に利用するもので、ミノキシジルタブレットは毎日利用するもの、というところです。一時的な倦怠感と慢性的な倦怠感という違いがあります。

ずっと倦怠感があるまま生活していくのは大変です。快適に生活していくためにも、倦怠感の副作用が出てしまった方はすぐに服用をストップしてください。

【不整脈の副作用について】
見の騎士いるによって血管が拡張されすぎてしまうことによって発生します。いままで一定に保たれていた血圧が、急にミノキシジルによって変化していくわけです。脈拍数も変化することになり、結果として不整脈の症状が出てきてしまいます。

不整脈の症状が出るときには「動悸」や「息切れ」、さらに「胸の痛み」なども併発するケースが多いです。

不整脈の症状が出ると日常生活は送れなくなります。即時にミノタブの服用をストップして医療機関を受診してください。

仮に不整脈の薬を飲むようになると、ずっと飲み続けなければならなくなります。薄毛を改善するために不整脈になるなどもってのほかです。

ミノキシジルタブレットにより動悸・めまい・倦怠感・不整脈の副作用が出てしまう確率


・明確にされてはいないが注目すべきデータあり


ミノキシジルの取り扱い説明書には、直接的にミノキシジルタブレットにより動悸・めまい・倦怠感・不整脈の副作用に関する記載はありません。しかし、間接的に関わってくると考えられる副作用に関する情報は掲載されているのです。

・transient ECG T-wave chenges(心電図のT派の変化)・・・発生確率60%
・tachycardia(頻脈)・・・発生確率7%

※ミノキシジルの取り扱い説明書より抜粋(英語)

ちょっと分かりにくいと思うのですが、T波というものは収縮した心臓がもとに戻る時に現れる波です。その波がなぜかミノキシジルタブレットを服用すると一時的に変化することがわかっているのです。
しかも、その発生確率はミノキシジル利用者の60%となっています。非常に高い確率で心電図に変化が現れていることがわかります。

心電図に変化があるということは、心臓には何かしらの影響が与えられていることは間違いありません。特に動悸や不整脈には大きく関連してくると考えられるわけです。

ミノキシジルタブレットを利用している方は定期的に心臓の検査を受けることをおすすめします。

もう一つのtachycardia(頻脈)ですが、簡単に説明すると脈が早くなることを指しています。具体的には1分間で100回以上の脈拍がある、ということになります。
脈がミノキシジルタブレットによって以上に高められてしまうこともあるということなので、こちらの副作用は不整脈に大きく関連してきそうです。また動悸にも関連してくると考えられます。

頻脈の症状も心臓に負担をかけることになります。

運動をしているわけでもないのに、ミノタブ利用後に頻脈の症状が出た場合には医療機関を受診してください。そのまま利用してしまうのはかなり危険です。

またtachycardia(頻脈)の発生確率の7%ですが、低いわけではありません。発生確率は一定以上ある、と考えられる割合です。ミノキシジルタブレットは誰にでもおすすめできる発毛剤ではないのです。

ミノキシジルタブレットの副作用【動悸・めまい・倦怠感・不整脈】に関する口コミ体験談



ミノキシジルタブレット服用3日で心臓がドキドキしてしまいました。不整脈のような症状も出てしまい、血には気を失って救急車で運ばれてしまうことに。一時的に脳に送られる血液量が減ってしまったようです。こんな副作用がミノキシジルタブレットにあるとは思いませんでした。良かったのは運転中に倒れなかった、というところだけです。寿命を縮めてまで髪の毛は欲しくないので、他の安全な育毛方法を探ることにします。(30代なかばの男性)



お酒が好きなので肝臓が弱っていたからかもしれませんが、ミノタブを服用してから倦怠感がすごいんです。仕事も全くはかどりません。ついには、ミスをして上司からお叱りを受ける始末。このままでは仕事上の私の立場も無くなりそうなので、やめてみようかと思います。お酒をやめて肝臓が正常化したら、もしかしたら倦怠感は出なくなるかもしれませんが、筋腫も難しそうなので、まずはミノタブからやめてみます。(40代前半の男性)



個人輸入代行サイトを利用してミノタブの5ミリグラムタイプを利用してみました。飲んでいるとまずは息切れが起こるようになってしまったんです。ちょっと歩くのも辛いくらいです。その後に心臓がドキドキするような感覚に襲われて、鼓動のリズムがおかしいんです。不整脈ってやつでしょうか。どんどんとひどくなっていくので、もう耐えきれなくてミノタブはやめてしまいましたよ。やめて2週間くらい元の状態に戻ったので良かったんですが、こんな思いはもうコリゴリ。強い作用がなくていいので、天然成分だけを利用した育毛剤による薄毛対策に戻ろうと思います。(20代後半の男性)


戻る

元に戻る

ミノキシジルタブレットの副作用:多毛症


ミノキシジルタブレットは、リアップやロゲインといった塗布タイプのミノキシジルの内服バージョンです。発毛効果は極めて高い、とされているのですが、実は恐ろしい副作用をたくさん抱えているのです。

今回はミノキシジルタブレットにおける「多毛症」の副作用について詳しく掲載します。そもそも多毛症とはどんな症状であり、どのようなメカニズムで発症するのかを明らかにします。

多毛症の発症確率の高さと実際に副作用が出てしまった方の口コミ体験談についても注目してみました。

多毛症とはどんな症状なのか?


・頭髪以外の毛も濃くなるということ


薄毛で悩んでいる方は髪の毛が生えてほしい、と願っています。しかし、多毛症というものは髪の毛だけを指しているのではありません。髭や胸毛、腕の毛や足の毛なども同時に濃くなってしまうという症状なのです。

多くの方が産毛状態となっている、指の毛についても剛毛化してしまう、といった少女雨になることもあります。

多毛症に関しては、毛の処理が大変になる、といったデメリットがあります。特に男性の場合は、髭を定期的に剃らなければならなくなった、といった声が多くなっています。いままで2日や3日に1回剃ればよかったというヒゲが薄かった方に関しても、1日あたり1かいは剃らなければならない状態になるケースが続出しているのです。それだけミノキシジルタブレットには強い多毛症に対する作用があるのです。

・新たなコンプレックスを抱えることになる


昔であれば髭の濃さや胸毛の濃さというものは男の象徴でした。しかし、現在ではとにかく女性ウケが悪いのが現状です。髪の毛を生やしたとしても、全身の体毛が濃くなってしまうような状態になってしまえば新しいコンプレックスを抱えることにもなりかねないわけです。

中には、ミノキシジルタブレットを利用したおかげで脱毛サロンに通うようになった、という方もいるほどです。

では、ミノキシジルタブレットを利用するとなぜ多毛症の症状が出るのかを探ってみましょう。

ミノキシジルタブレットを飲むと多毛症の症状が出る理由


・全身の毛根に栄養が送られるようになるから


ミノキシジルタブレットの効果は、血管を拡張する、というものです。血液は髪の毛を作るための栄養となるので、しっかりと毛根に送り届けることができれば発毛するわけです。
しかし、ミノキシジルタブレットは頭皮の血行だけを高めることは出来ません。

内服タイプなので腸から吸収されたミノキシジルは全身に影響を与えるようになるのです。全身の血管が拡張され、全身の毛根に栄養が送り届けられます。いままでよりも豊富に毛の栄養が届けられるので毛がしっかりと生えてくるわけです。

ミノキシジルタブレットによる体毛の強化は髪の毛の発毛効果の一環なのでかなり高い確率で起こります。避けては通れない、といっても過言ではありません。

・全身の毛母細胞と毛乳頭細胞が活性化するから


血行不良などが起こると毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養が送られなくなります。毛を生やす機能が衰えてしまい、体毛も産毛のような毛ばかりになってしまうわけです。

一方でミノキシジルタブレットを利用すると、血行が良くなり毛乳頭細胞や毛母細胞にも栄養が送られます。今まで休眠状態に陥っていた細胞が目を覚ますのです。覚醒した細胞は毛の生成を行います。

細胞が活性化されるからこそ体毛が濃くなる、ということも覚えておきましょう。

ミノキシジルタブレットによって多毛症の症状が出る確率は高いのか?


・極めて高い!


ミノキシジルの英語の説明書があります。「ADVERSE EFFECTS(副作用)」の項目をチェックしてみると、トップに多毛症のことが記載されているのです。しかも、その発症確率は80%とされています。

ミノキシジルタブレットによって頭髪発毛した方の確率、というものは正確なデータがありませんがリアップX5に関しては、1年間利用しても著名改善と中程度改善を併せて80%に届いていません(大正製薬のリアップX5プラスの発毛効果データより(http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/))。
要は、頭髪の発毛効果よりも高い確率で多毛症の症状が出る可能性がある、ということなのです。

また、多毛症の症状が出た後に頭髪が増える、といった指摘もあります。ですから、頭髪が発毛するという効果は、多毛症の症状の一環といったことも考えられるわけです。

・ミノキシジルタブレットを利用するなら多毛症の症状は覚悟すること


・多毛症の症状はミノタブ利用者の80%におこる
・そもそもミノタブは頭髪だけに効果を与えることは出来ない

上記のことを理解すれば、髪の毛以外の体毛が増えるというミノキシジルタブレットの副作用は確実に起こる、ということが理解できると思います。
ミノキシジルタブレットを利用しようと思っている方は、体毛が濃くなることも覚悟してください。

ミノキシジルタブレットによる多毛症の症状を抑えることは出来ないのか?


・難しい


飲むミノキシジルの効果はコントロールできません。飲むことになると、血液中にミノキシジルが入り込み全身に送られます。そして全身の血管で効力を発揮するわけです。頭皮の血管だけをピンポイントで拡張させる事はできないのです。

どうしても頭皮だけに効果を与えたいのであれば、塗布タイプのミノキシジルの利用がおすすめです。塗布タイプであれば、基本的に頭皮だけに作用を与えられます。ただし、塗布タイプのミノキシジルにもたくさんの副作用があるので注意しましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用【多毛症】に関する口コミ体験談



プロペシアを飲んでも効果がなかったので、最後の砦としてミノタブに手を出してしまいました。にのタブを利用してみると、しばらくしてから手の指の毛が猛烈に生えてくるんです!濃くなって、しかもカールしてくる始末。1本1本も太くてなんだか気持ち悪くて剃っています。肝心の髪の毛は生えてこないし、一体どうなってるんでしょ?このままじゃ、期待していないところの毛だけが濃くなって終了じゃん!(20代後半の男性)



ミノキシジルタブレットの5ミリグラムタイプを毎日服用している。利用を開始してから2ヶ月くらい経ったあたり。ちょっと体毛に変化が出てきた。胸毛とギャランドゥの部分の毛が濃くなっているのだ。、まったくもってありがたくないところに効果が出てきて困惑している。このままじゃ海に行くのもプールに行くのも嫌になりそう。これから夏になるので、脱毛サロンにでも通おうか悩み中。余計なコストも掛かって踏んだり蹴ったり。(30代前半の男性)



ミノキシジルタブレットを利用してからと言うもの、耳毛と鼻毛が生えてきた。鼻毛はなんとか処理できるけど、耳毛は処理できなくて、床屋にいった時に念入りに沿ってもらっている。まさかミノタブで耳毛まで濃くなるとは思っていなかったので流石に驚いた。しかも、これがかなりの濃さで生えてくるもんだから目立ってしょうがない。もともと体毛は濃いタイプじゃなかったんだけどなぁ・・・。(30代なかばの男性)



ミノタブで髪の毛が生えてきました!前頭部に黒い毛がどんどん生えてきたんです。その代わりヒゲもすごいことに・・・。毎日の髭の処理が大変すぎて、良かったのか良くなかったのか分かりませんよ。頭髪だけ増やす、ってことは出来ないのかなぁ。(20代なかばの男性)


戻る

元に戻る