ミノキシジルの副作用:耳鳴り

ミノキシジルの副作用:耳鳴り


塗布系ミノキシジルを利用することで耳鳴りが発生してしまった、という報告も出てきています。
しかし、一般の方にとっては、なぜ塗布タイプのミノキシジル(リアップやロゲインなど)を利用すると耳鳴りが発生するのか?ということが分かりませんよね。

こちらではミノキシジルによって耳鳴りが発生するメカニズム、さらに耳鳴りが発生すると、頭皮や髪の毛に何かしらの影響を耐えることはあるのか?そしてミノキシジルによって耳鳴りが発生するリスクは高いのか?それとも低いのか?ということを明らかにしていきます。

最後にミノキシジルの利用で耳鳴りの副作用が発生してしまった方の口コミ体験談も掲載します。

発毛剤の利用で耳鳴りが発生してしまった方はもちろんですが、ミノキシジル系発毛剤をこれから利用しようと思っている方も必見です。

塗布系ミノキシジルで耳鳴りが発生するのはなぜか?


・血管の拡張によって音の伝達に不具合が生じてしまうから


ミノキシジルは血圧降下剤です。高血圧の方の症状を改善するために開発され、実際に利用されました。
その血管拡張作用が発毛にも関わっているということで注目されているわけです。

ミノキシジルの血管拡張作用ですが、塗布タイプは基本的に頭皮にのみ作用を与えるはずです。
しかし、ミノキシジルの影響を受けやすい体質の方がいることも確かです。
ちょっと塗っただけでも広範囲の血管が拡張してしまうわけです。

耳の奥には音を受け取る神経があるのですが、頭の中の血行までミノキシジルによって高まってしまうようなことがあると、拡張した血管がその神経に触れてしまう可能性が出てきます。
かなり大きく拡張しなければ音の神経には触れないのですが、ありえないことではありません。

そもそも塗布タイプのミノキシジルで耳鳴りよりもさらにきつい作用である「突発性難聴」といったものが発生してしまうおそれもあります。
耳鳴り程度であれば発生する可能性は十分にある、といった認識も必要になってきます。

・どのような耳鳴りなのか?


微かに「キーン」と聞こえるようなタイプが多いとされています。
それほどきつい副作用ではありません。
中には気にしないで無視してしまう方も言えるので、なかなか表に出てきにくい副作用、といっても過言ではありません。

ただし徐々に耳鳴りの音が大きくなる、ということもあるので注意してください。

・耳鳴りはいつ発生するのか?


塗布してから数十分で発生する、というケースが多いようです。
頭皮の血管が拡張され、さらに耳周辺の血管も拡張されると発症していくことになります。
塗ってすぐに発症する、というケースはまれのようです。

耳鳴りはずっと続いているのではなく、作用が落ち着いてくると自然に消えていきます。
個人差はありますが、数十分で消える方もいれば1時間から2時間程度。
さらに数時間程度続く方もいます。

「数時間続く」という場合には生活に支障をきたす可能性もあるので、ミノキシジルの利用は控える、といったことも前向きに考えるべきです。

耳鳴りが発生すると頭皮や髪の毛に何かしらの悪影響が出るようなことはあるのか?


・直接的に頭皮や髪の毛には影響を与えないが、長期的には問題あり


耳鳴りが発生したからと言って、薄毛を促進する、ということにはなりません。
ですから、即髪の毛や頭皮に悪影響が出るわけではないのです。
ただし、長期的に見るとそのままの状況は育毛に適していません。

耳鳴りがしているということは、体がストレスを感じてしまうわけです。
身体に不具合が出ているような状況なので、「交感神経」という緊張などに関係する神経の働きが活性化してしまうのです。
交感神経が活発化してしまうと、睡眠障害が発生するおそれもあります。
睡眠不足が続くと、お肌の状態も悪くなります。
血管もミノキシジルを塗った直後は良いかもしれませんが、ストレスには血管を収縮する作用があるので、効果が出なくなってしまう恐れもあるのです。

・耳鳴りは副作用のサインである


耳鳴りはミノキシジルの副作用としては重いものではありません。
特に気にならない程度の音が短期間鳴っている、といった状況が多いのです。
それはミノキシジルによる副作用のサインと考えてください。

ミノキシジルに関しては副作用が出やすい人と出にくい人がいます。
耳鳴りが出るということは、ミノキシジルに過剰に反応しすぎる体質であるわけです。
そのまま利用し続けてしまうと、耳鳴り以外の副作用が出るかもしれません。

特に気をつけるべきは頭痛への展開です。
頭痛も頭の血管の拡張で引き起こされるものです。
耳の血管が拡張するということは頭の血管が拡張される可能性も高いということです。
頭痛と耳鳴りが併発し、さらに大きな副作用へ発展する可能性もないわけではありません。

耳鳴りがあったらミノキシジルとの付き合い方を改めるべきです。

塗布系ミノキシジルで耳鳴りが起きる確率は高いのか?


・確率は低いと思われる


リアップX5の製造販売会社である大正製薬で発表している副作用に耳鳴りは含まれていません。
しかし報告としては突発性難聴があるので、その前段階であると思われる「耳鳴り」が発生する確率は少ないながらもあり得る、と考えられます。

耳鳴り自体がそれほど大きな副作用ではない、といった捉えられ方もしているので実際には発生しているものの報告としてはのぼってこない、というケースが多い可能性もあります。

結論としては、「塗布系ミノキシジルの「耳鳴り」の副作用の可能性は低いものの、発生する確率はある」と考えられます。

塗布タイプのミノキシジルを利用してから耳に違和感がでたら、それは発毛剤の影響の可能性が高いので注意してください。

ミノキシジルの副作用【耳鳴り】に関する口コミ体験談


リアップX5を購入しました。
薄毛も進行してきたのでしっかりとした対策をしようと思ったんです。
しかし、利用を開始してから3日位たった頃でしょうか?ちょっと耳鳴りがするようになってしまいました。
ただ、あんまり気にならない買ったのでそのまま利用していたんですが。
頭皮に炎症がおこり始めてしまったので利用はやめました。
このまま利用しても良い結果は出てこないと思ったからです。
もしかしたら耳鳴りも副作用だったのかな・・・。
(30代後半の男性)

ミノキシジル系の発毛剤を海外から取り寄せで利用してみました。
確か、ミノキの濃度は10%くらいのやつだったと思います。
血行高濃度で心配だったのですが、やっぱり副作用が出ちゃいました。
最初は耳の違和感が出たんです。
かすかに耳鳴りがしはじめて、どんどんその音が大きくなっていたので、怖くなってやめちゃいました。
やめたら耳鳴りがしなくなったので、やっぱりミノキシジルの副作用だと思います!
みんなも気をつけて!!
(20代後半の男性)

ミノキシジルを利用してます。時々、頭皮に肌荒れの副作用が出てしまうのですが、ついに耳鳴りがしてしまいました。
ミノキシジルは副作用が多すぎて困ってしまいます。
やっぱり劇薬すぎるのかな。
怖いので、副作用がないとされている一般的な育毛剤の利用を検討してます。
育毛剤なら自然な天然成分がメインなので副作用がないらしいので。
(40代前半の男性)

戻る

元に戻る