ミノキシジルの副作用:目の充血

ミノキシジルの副作用:目の充血


ドラッグストアでも手に入るリアップですが、気軽に購入できる反面、副作用があることも理解しなければなりません。
リアップにミノキシジル(Minoxidil)と呼ばれている医薬性分が配合されているのです。
そのミノキシジルは毛生え薬として開発されたものではありません。
高血圧の病気を治すためのもので、その副作用が髪の毛が生える、というものだったのです。

今回は塗布系ミノキシジルの副作用として報告がある「目の充血」に注目します。
なぜ塗布系ミノキシジルを利用すると目が充血してしまうのでしょうか?
目の充血は髪の毛に対して何かしらの悪影響をもたらすようなことはあるのでしょうか?
ミノキシジルによる目の充血の発生リスクは高いのか低いのでしょうか?

最後に、目の充血の副作用が起こってしまった方の口コミ体験談について紹介します。

塗布系ミノキシジルで目の充血が起こってしまうメカニズムとは


・ミノキシジルによる血管拡張作用が影響している


ミノキシジルには血管を拡張させる作用があります。
基本的には頭皮の血管を拡張させるだけを目的としているのですが、頭皮と目は非常に部位的に近いわけです。
目に血管拡張の影響が出てしまう、ということは十分に考えられます。

特に生え際の薄毛をミノキシジル系発毛剤で対処しよう、と思っている方は注意してください。
生え際と目は特に部位的に近い位置にあります。
目に血管拡張作用が現れてもおかしくはありません。

ただし、こちらのリスクはそれほど高くはない、とされています。
それほど報告件数が多くないのです。

・ミノキシジルがタレてしまい目に入ってしまった


いわゆる「液ダレ」といった減少によって目に不具合が生じてしまう可能性があります。
リアップなどの塗布型ミノキシジルですが、液ダレが起こりやすいことでも知られています。
ミノキシジル系発毛剤は基本的にサラサラとした液体のものが多く、頭皮に塗布した時に垂れてしまう可能性があります。
特に生え際に塗布した場合には、垂れてきて目に入ってしまう、といったリスクがあるわけです。

ミノキシジルには刺激があるので、目に入ってしまうと目を充血させてしまう恐れがあります。
目に入ってしまえば、目の血行を高めてしまい、結果的に目が赤く充血してしまうというわけです。

※目にミノキシジルが入ってしまった場合には、すぐに洗い流してください。
洗い流しても目に不具合が出続けてしまった場合には、眼科で診察を受けてください。
目は非常に重要な部位なので、今後の生活に影響が残ってしまうようなことは避けなければなりません。

・使い始めに発生するケースが多い


薬剤の耐性といったことも関連しているかもしれませんが、リアップやロゲインなどを使い始めた当初に目の充血が起こりやすい、といったことも報告されています。
しかし、継続していくと目に充血が起きにくくなるという話もあります。

利用し始めたばかりの頃に起きやすい副作用でもあるので、使い始めた時期は目に変化が起こっていないか確かめてください。

仮に使い続けて目の充血がおこらなくなったとしても、リスクがなくなったわけではありません。
ミノキシジルの影響を受けやすい体質であることは間違いないわけです。
使い続けているといずれ大きな副作用が起こってしまう事も考えられます。

塗布系ミノキシジルで目の充血が起こると髪の毛に何かしらの影響はあるのか?


・目の充血だけであれば問題なし。だが・・・


仮にミノキシジルの副作用は「目の充血」だけであるなら、髪の毛や頭皮に対して何かしらの悪影響を与える、ということはありません。
血行拡張作用がしっかりと働いている、といった見方もできます。

しかし、ミノキシジルの副作用で目の充血が起きているということは、他にも何かしらの副作用を併発する恐れがあります。

・めまいや頭痛に発展する可能性あり


頭皮の血行だけではなく目の血行も高まって充血しているということは、頭皮の近い部位全体の血行が高まっている、ということになります。
そうなると脳内の血管も拡張をしている可能性があります。
要は頭痛や目眩といった副作用が併発する可能性もあるわけです。

頭痛や目眩は、ストレスにも直結してきます。
ストレスが高まってしまうと、頭皮環境を悪化させてしまうおそれもあるのです。
ストレスは自律神経に悪影響をもたらします。
自律神経が乱れてしまうと、胃腸の機能を低下させ栄養の消化や吸収がされにくくなります。
髪の毛や頭皮の栄養となる成分に入ってきにくくなってしまうのです。
栄養不足で薄毛が促進してしまうかもしれません。

更にストレスには血管を収縮させてしまう作用もあります。
ミノキシジルの血管拡張作用を打ち消してしまう可能性もあります。

目の充血は他の副作用のサインでもあるのです。
目の充血が起こったら、他の副作用が出る前にミノキシジルの利用は中止しましょう。

塗布系ミノキシジルで目の充血が起こる可能性は高いのか?


・報告例は少ない


リアップX5の製造販売業者である大正製薬ではリアップX5の副作用調査も実施しています。
しかし、めまいのデータについては公表をされていません。
基本的に肌に対する副作用が多く報告されています。
目の充血の発生件数は多くない、と考えられます。

ネットなどでチェックしても、リアップなどの塗布系ミノキシジルの副作用として【目の充血】が語られることは多くないのです。
しかし、まったくないわけではないので、副作用として発生する可能性はある、といった認識で問題ありません。

※大正製薬のデータに関しては、「大正製薬のリアップX5プラスの発毛効果データ」を参考にしました。(http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/)

さらに大正製薬ではリアップX5の販売後の調査報告も実施しています。
その調査報告で確認された副作用は以下の6つでした。

・かゆみ
・発疹
・心不全
・突発性難聴
・アナフィラキシー反応
・肝機能検査異常

上記の6つの中に目の充血は含まれていません。
そもそも目の充血は日常生活でも起きやすいものなので、ハッキリとは確認できなかったという理由があるかもしれませんが、販売後の調査でも目の充血のリスクはそれほど高くない、といったことが確認されているわけです。

※リアップX5 の販売後の調査についてはこちらを参考にしました。
(厚生労働省の平成25年度第4回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会  議事録(第二部)(2013年9月12日)より:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000047494.html)

ミノキシジルの副作用【目の充血】に関する口コミ体験談


リアップを使ってから、すぐに目の充血が起こりました。
最初は気にしてなかったですし、リアップの副作用だとは思わなかったんです。
しかし、あることに気づきました。
リアップを使って決まって30分で目の充血が起こって2時間から3時間で消えていくのです。
試しに1日リアップを使わなかったら目の充血は起こりませんでした。
目に問題が起こるのはあまりにも怖いので、もうリアップは利用しません。
(40代前半の男性)

ミノキシジル系の発毛剤を利用していたら、最初に目の充血が起こりました。
そのまま放っておいたら頭痛がしてきました。
明らかな副作用なので、怖いです。
このまま利用しようか、それともやめてしまおうか今は悩んでいます。
(50代前半の男性)

もともと偏頭痛持ちでした。
リアップを利用すると少し頭痛があったのですが、慣れもあって気にしていなかったら、今後は目の充血が起きたんです。
めまいも時々起きるし踏んだり蹴ったり・・・。
私とミノキシジルは相性が悪かったのかも。
普通の育毛剤で薄毛の改善を目指します。
(30代後の男性)

戻る

元に戻る