ミノキシジルの副作用:性的不能・性欲減退

ミノキシジルの副作用:性的不能・性欲減退


リアップなどの塗布系ミノキシジルを利用したところ、勃起不全などの性欲減退的な副作用が出てしまった、と述べている方が多いのです。
実際にそのようなことはあるのでしょうか?
もしあったとするならば、妊活中は絶対に利用すべきではない、ということになってしまいます。

こちらでは塗布タイプのミノキシジルと性的不能・性欲減退の副作用の関係性に迫ります。
本当に性的な副作用があるのか?
もしも発生する可能性があるとしたら、そのメカニズムにも迫ります。

性欲減退と薄毛の関係性についてもお話し、最後に塗布系ミノキシジルによる性的不能・性欲減退の副作用における口コミ体験談も掲載します。

ミノキシジルに性的不能・性欲減退の副作用が起こることはあるのか?


・因果関係は解明されていないが訴えている人もいる


非常に判断が難しい問題です。
ミノキシジルという医薬品の特性上、男性的な機能に対して何かしらの悪い影響は与えない、と考えられているのです。
しかし、勃起不全(ED)を訴えている人もいるので、塗布系ミノキシジルで注意しなければならない副作用の一つに入れておかなければならないかもしれません。

実は副作用が起こるメカニズムが詳しく解明されていない、というのは恐ろしいことなのです。
ハッキリと因果関係がわかっていれば、もともと精力に問題がある方は利用しなければ良いわけです。
前もって副作用のリスクを把握できるので、その危険を避けることも出来るようになります。
しかし、ミノキシジルの精力への影響の因果関係は全く分かっていません。これでは対策も立てられません。

・大正製薬のデータにも注目


リアップX5を発売している大手の製薬会社である大正製薬では、しっかりとデータを公表しています。
「リアップX5プラスの発毛効果データ(http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/)」というものを自社の公式ホームページに掲載しており、そこには一部の副作用も掲載しています。
しかし、そこに掲載されている副作用は「湿疹」「毛のう炎」「接触皮膚炎」のみとなっています。
性的不能・性欲減退については記載がありません。

厚生労働省でミノキシジルのリスクに関する議題でリアップX5が取り上げられたことはありますが、そちらでも性的不能・性欲減退については結局触れられませんでした(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000047494.html)。

以上のことから、塗布系ミノキシジルの性的不能・性欲減退の副作用はデータからも確認できなかった、ということになります。

・一つの仮説|プロペシアの印象による影響か?


ミノキシジルと同じような発毛成分があります。
その医薬成分は「フィナステリド」といいます。
医療機関で処方されるプロペシアに配合されている成分ですが、実はこちらには性的不能・性欲減退の副作用があります。

フィナステリドはもともと前立腺肥大症を改善するために作られたものです。
前立腺は非常に性的な部分にも近いです。
さらに、フィナステリドは男性ホルモンに直接影響をあたえることはありませんが、近い成分(5αリダクターゼやジヒドロテストステロン)に影響を与えます。
そういった作用が性的不能・性欲減退につながっているのではないか?とされているのです。

病は気から、という言葉があります。
実はそのようなことが実際にあるのです。
プラシーボ効果というものがあり、なんにも効果がない色がついた水を患者のイボに塗ったところ、実際にイボがなくなる、ということもあります。
人間は情報によって影響を受けるものなのです。

プロペシアの副作用を勘違いしてミノキシジルでも起きるのではないか?と考えてしまう方が出てきても不思議な事ではありません。
もしもこちらの仮説が正しいとなると、ミノキシジルには性的不能・性欲減退の副作用はない、ということになります。

ミノキシジルによって性的不能・性欲減退の副作用が出るメカニズム


※こちらではミノキシジルに性的不能・性欲減退の副作用が出ると仮定して話を進めさせてもらいます。

・頭皮に血液が集中することで勃起不全が発生する


血行不良が起きると勃起不全が起こります。
ペニスの海綿体に血液が至りにくくなってしまうので、インポの状態になってしまうわけです。

一方でミノキシジルは血行を促進させる作用があるので、勃起不全にならないのではないか、と思われがちです。
しかし、ミノキシジルを塗布する場所はどこでしょうか?
頭皮ですよね。
ミノキシジルを塗布した頭皮に血液が集中する、といった状態になります。
その結果、ペニス周辺の血液量が少なくなってしまう、ということも考えられるわけです。
海綿体に血液が集まりにくいような状態になってしまい、正常なセックスがしにくくなってしまう、ということも十分に考えられます。

特に濃度の強いミノキシジルを使っていると、頭皮にさらに血液が集まりやすい状態になってしまうので、リスクがもっと高まってしまうかもしれません。

・スタミナがなくなり精力減退の状態になってしまう可能性あり


ミノキシジルの副作用には、動悸や息切れというものがあります。
全速力で走ったり長時間走ったりするような状態にミノキシジルの影響でなってしまうわけです。

動悸や息切れが出てしまうと、SEXに対するスタミナも奪われてしまいます。
途中で切り上げるような状態が多くなってしまい、精力減退と感じてしまうことも十分に考えられます。

今までは2回戦や3回戦出来たものが、1回戦も辛い、といった症状が出たら「精力減退」と感じますよね。

・年齢との相乗作用も考えられる


ミノキシジルを利用する時期ですが、30代や40代の方が多いのではありませんか?
その時期は、精力減退が起こりやすいです。
年齢的にも男性ホルモンが減少をしはじめて、勃起不全(ED)などの症状が起こってしまうわけです。

20代でミノキシジルを利用しても、即精力減退の副作用は出ないかもしれませんが、30代以降はちょっとしたきっかけでEDになってしまうかもしれません。
ミノキシジルがその呼び水になってしまうかもしれないのです。

性的不能・性欲減退と薄毛は関係してくるのか?


・直接的な関係はなし


仮にEDになってしまったとしても、薄毛に直接関わるようなことは考えられません。
ただし、仮にミノキシジルを利用して薄毛を治したとしても、また別のコンプレックスを抱えてしまうことになります。

薄毛を治すことで女性に対して積極的になりたい、ということを考えている男性も多いでしょう。
しかし、仮に積極的になれたとしてもそこから先には進めない、といった状態になってしまうようなことも考えられます。

・ストレスによって薄毛になる可能性はある


性的不能・性欲減退がストレスに関わってくる可能性はあります。
思い悩んでしまうことで、さらに薄毛を促進させてしまうのです。

そもそもストレスには血管を収縮させてしまう作用があるので、ミノキシジルの効果を薄めてしまう、といったこともあります。
発毛剤を利用している意味をなくしてしまうかもしれないので、性的不能・性欲減退の副作用を感じたら即利用をやめるべきです。

・勃起薬とミノキシジルの併用に問題あり


もしもミノキシジルで性的不能・性欲減退の副作用が出たら「勃起薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)を利用すれば良いんじゃないの?」と思っている方もいるかもしれません。
確かに、勃起薬を利用すればEDは改善するでしょう。
しかし、新たな問題を抱えてしまうのです。

実は勃起薬にも循環器系の副作用があります。
心臓に負担をかけてしまうようなことも十分に考えられるわけです。

ミノキシジルの循環器系の副作用があり心臓に負担をかけます。
2つの医薬品を併用してしまうと、循環器系の副作用が出てくる可能性が高くなるわけです。
性的不能・性欲減退だけではなく、生命に関わる副作用が出てくるおそれもあるので併用はおすすめできません。

※勃起薬には死亡例もあります。

ミノキシジルの副作用【性的不能・性欲減退】に関する口コミ体験談


ポラリスという海外のミノキシジル系発毛剤を愛用しています。
薄毛がかなり進行してきたので、今までは7%のタイプを利用していたのですが、一気に15%のタイプに切り替えてみました。
そしたらいきなり勃起しなくなったんです。
妻とのSEXもできなくなってしまい、関係もギクシャクしてしまいました。
SEXができなくなるのは嫌だし、薄毛も嫌だしということで悩んでます・・・。
(30代前半の男性)

勃起不全まではいかないんだけど、ちょっと下半身の具合が良くない。
気分的なものが関わっているのかとも思うんだけど、リアップを使ってからおかしいんだよなぁ。
しばらくリアップの利用は中止して様子を見ようと思っている。
(20代後半の男性)

彼女とセックスをしようとすると、いままでは元気だったのに、急に勃起しなくなってしまいました。
1回だけならそういったこともあると思ったのですが、それが2回・3回と続いてしまうのです。
いろいろ考えてみると、リアップx5を使っていました。
それ以外に原因も思い浮かびません。
セックスはしたいので、リアップの利用はやめます。
(30代前半男性・派遣社員)

月に1回の通俗を楽しみにしている。
しかし、最近ではその楽しみもあまり、楽しくなくなってきてしまった。
精力減退を感じているのだ。
まだまだ自分では若いと思っているのだが、おかしい・・・。
ロゲインで薄毛治療しているのだが、その副作用に精力減退があるとのこと。
利用をストップすると、精力が少し戻ってきた気がした。
(30代前半男性・会社員)

戻る

元に戻る