プロペシアについて

プロペシアがAGA治療薬として使われるようになった経緯


プロペシアの主成分はフィナステリドという化学物質です。
このフィナステリドも、ミノキシジルと同様に、最初からAGA治療薬として、開発されたのではありません。

フィナステリドは当初、前立腺肥大症の薬として、開発されていました。その開発途中で、フィナステリドを服用した被験者から髪の毛が生えたという報告があり、AGA治療薬として使われるようになりました。

プロペシア(フィナステリド)がAGAに効くメカニズム


プロペシア(フィナステリド)がAGAの治療に効果的であることを説明するには、まず、AGAの発症メカニズムを理解する必要があります。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンと、悪玉酵素である5-αリダクターゼが結合して発生する、ジヒドロテストステロンが原因です。このジヒドロテストステロンが、髪の毛の成長を抑制するように毛母細胞に信号を伝達し、AGAが発症するのです。

プロペシア(フィナステリド)は、悪玉酵素の5-αリダクターゼの活性を抑制する働きがあり、その為に、男性ホルモンと結合して出来るジヒドロテストステロンの生成が抑制されます。
その結果として、AGAに効果があると言われています。

様々なフィナステリドを含む薬


日本では、フィナステリドを含むAGA治療薬はプロペシアのみです。プロペシアはミノキシジルのように誰でも気軽に購入出来る薬ではありません。
きちんと病院で診察を受け、処方箋をもらって、はじめて薬局で購入する事が出来る薬です。
それだけ、使用に慎重にならなくてはならず、危険性を含んでいると言えます。

最近では、自分で海外から個人輸入でフィナステリドを含む薬を手に入れて使用されている方もいらっしゃるようです。フィンペシア、フィンカー、エフペシア、プロスカーと言った名前で販売されています。

海外から個人で取り寄せる場合には、処方箋は必要ありませんが、フィナステリドの危険性を充分に把握しておく必要があるでしょう。

個人的には、個人輸入でフィナステリド系の薬を入手して使用するのは、安全性の面から言って、お勧め出来ません。

プロペシアにかかる費用


プロペシアのお値段は

・プロペシア・・・約250円/1錠

です。通常、プロペシアは1日につき、1錠服用しますので、1ヶ月では、約7,500円かかることになります。

加えて、プロペシアを購入するには、医療機関にかかり診察を受けなければなりません。大体、初診料は2,000円~3,000円ほどかかります。
また、続けてプロペシアを利用する場合には、再診療も必要です。

従って、プロペシアを使用するのに必要な金額は、おおよそ

・診察料+プロペシア・・・約10,000円/月

程度の金額が毎月必要になります。

さらに定期的に検査などが行われる場合もあり、その場合には検査費用もかかるので、プロペシアを使用するのは、かなり高額になる恐れがあります。

そこで、一部の方が利用されているのが個人輸入です。
海外にはプロペシアの廉価版のフィンペシア、エフペシア、プロスカーなどの薬が販売されており、値段は日本でプロペシアを購入する場合の約10分の1で済みます。
しかも、医療機関にかからなくても購入できますから、診察料も必要ありません。

しかし、海外からの個人輸入は偽薬が出回っている場合もあり、加えて強い副作用が発症する可能性があるので、個人輸入はお勧め出来ません。

プロペシア(フィナステリド)を利用してはいけない方


プロペシア(フィナステリド)には様々な副作用が「公的」に認められています。

従って、プロペシアを利用してはいけない方がいます。

【プロペシアを使用してはいけない方】
・女性
・未成年
・前立腺の病気を患っている方

プロペシアに、このような使用制限があるのは、取りも直さず、使用に危険性があるからに他なりません。プロペシアは安全ではないと考えた方が良いでしょう。

戻る

元に戻る