フィンペシアと他の薬を併用することによる効果と副作用


フィンペシアとほかの薬を併用する


フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、AGA治療に効果があるとして厚生労働省が認めた成分です。
もっとも、フィンペシア自体が認可されたというわけではありません。
ただ同じフィナステリドを主成分とするプロペシアが認可されていることから、実質的にフィンペシアにも効果が明確にあると言うことができるという意味です。


フィンペシアとミノキシジルとの併用


フィンペシアと並んで効果が期待できるAGA治療薬に、ミノキシジルという薬があります。
ミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類があって、外用薬は医薬品として認可されていますが、内服薬は現在認可されていません。

元々ミノキシジルは血圧を下げる薬だったのですが、一方で副作用として多毛症の問題が以前から指摘されていました。
これを逆手に取って薄毛の改善に効果があるか調べたところ、その有効性が確認されたという経緯があります。

またミノキシジルには血管を拡張する作用があり、血流を良くして毛根に必要な栄養素を与えることにより、発毛を促します。
したがってフィンペシアとは発毛に対するアプローチの仕方が全く異なるのです。
このことからフィンペシアとミノキシジルはこれまでよく併用されてきました。
互いの成分が似通っていると併用による副作用のリスクが高まるのですが、成分が別だと問題が少ないと考えられたからです。
またフィンペシアとミノキシジルの併用には、発毛効果を双方向から得られるというメリットがあります。
互いの効果を打ち消しあうこともありません。

ただ、当然ミノキシジルにも副作用はありますから、副作用のリスクファクターが追加されることにはなります。
例えばフィンペシアと同様に、ミノキシジルは肝臓に負担をかけます。
一般的に併用の注意が喚起されているわけではないので神経質になる必要はありませんが、念頭に置いておきましょう。


フィンペシアと育毛剤・育毛サプリメントとの併用


その他医薬品ではありませんが、健康食品として育毛サプリメントが、医薬品ではないものの効果の認められている育毛剤が日本では流通しています。
育毛剤と育毛サプリメントのメリットは、手間がかからないことや副作用が無いことです。
一方デメリットは、医薬品のように明確な効果が無いことや、全体に行き渡るのに時間がかかることです。
副作用がないということからも、フィンペシアと併用しても何の心配もないといえます。
そのため、発毛のサポート的なツールとしては一考の価値があります。

育毛サプリメントや育毛剤は髪の成長に必要な栄養素を豊富に含んでいるので、体に効率よく摂取するのに大変便利なものです。
日々の食生活において、常に育毛に関連した献立を考えるのは容易なことではありませんからね。

育毛サプリメントに含まれる栄養素は実にさまざまです。
例えばアセチルメチオニンは、毛髪の元になる成分を豊富に含んでいるアミノ酸の一種です。
またイソフラボンは大豆などに多く含まれる栄養素です。
毛母細胞を活性化させる女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで知られています。

ときに毛髪は、主にケラチンというタンパク質でできています。
ケラチンは体内で作られるもので、普段の食事から摂取することはできません。
食事で摂ったタンパク質は、まずアミノ酸に分解されます。
さらにアミノ酸はケラチンに変わるのですが、このとき亜鉛が必要となります。
亜鉛が不足するとケラチンが十分に合成できなくなり、髪の成長が阻害されてしまうのです。
このように亜鉛は育毛に深く関わっています。
育毛サプリメントには亜鉛の成分が含まれるものも多いので、是非参考にしてみてください。


フィンペシアと併用するときの最適なタイミングとは


前述のように育毛サプリメントは健康食品なので、副作用の心配はありません。
時間指定もありません。
ただ直接胃に届いた方が効果は高いので、なるべく空腹時、具体的には食前30分前くらいに飲むと良いでしょう。
また入浴後に飲むのも効果があります。
お風呂上りは血流が良い状態なので、体の末端まで成分が届きやすくなるからです。
したがって空腹時や入浴後が、育毛サプリメントの栄養素が体に浸透しやすくなるタイミングと言えます。

一方フィンペシアやミノキシジルにも食前・食後等の時間指定はありません。
ここまで説明してきたように、結局のところ併用の副作用については特段気にする必要が無いことから、これら三つを併用するのであれば、食前の同時併用をお薦めします。
というのも下手に分けて服用してしまうと、つい使用を忘れがちになるからです。
これら三つのいずれにしても、毎日かつ長期に渡って服用しなければ効果が見込めないものです。
根気よく継続させるコツは、服用をなるべくシンプルな形にすることです。
なかなか効果が現れないとイライラして面倒くさくなってしまったり、飲むタイミングを逸してそれがストレスになったりしますからね。

まとめ


フィンペシアやミノキシジルは食前に服用すると胃への刺激が強まります。そのため、胃が荒れるのを心配する方は適宜調整すると良いでしょう。

この副作用が心配だという方は、育毛剤を使用することをお勧めいたします。
育毛剤には副作用がないうえに、その効果を多くの方が実感しています。
そのため、まずは育毛剤から始める。というのも非常に良いことかと考えられるのです。

また、その他の副作用に関してはAGA治療薬フィンペシアの説明とその副作用の記事やMSD社の調査報告に見るフィンペシアの副作用の記事にさらに詳しい説明が載っておりますので、是非併せてごらんください。