注目の新薬ザガーロは危険?副作用とその効果について



AGA治療の期待の新薬「ザガーロ」




「ザガーロ」は、2015年に厚生労働省から認可を受けた、新しい男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療薬のことです。

ザガーロはAGAの治療薬としては新しい薬のため、聞きなれない方も多いかもしれませんが、もともとは前立腺肥大症の薬として製作され、その分野においては、豊富な実績を有しております。
 
ザガーロに含まれている有効成分「デュタステリド」は、前立腺肥大症の治療薬として活用されており、海外では「アボダード」などの商品名で知られており、すでに韓国、ヨーロッパを含む世界100カ国以上で処方されており、日本でも「アボルブカプセル」という商品名で、2009年に厚生労働省から認可を受けている治療薬になります。

そのため、治療薬という点で多くの人が懸念される人体に対する安全性は充分と言えるでしょう。



名前の由来


ザガーロはアルファベットで書くと「ZAGALLO」。

Zには「究極の」「進化した」「最後の砦」といった意味があり、AGAは「男性型脱毛症」のAGA、LLOはスペイン語を連想させる語感の良さと、イタリア語で語尾が「o」の名詞は男性名詞であることに由来するし、それらを組み合わせて、「Z-AGA-LLO(ザガーロ)」と名づけられたと言われております。



ザガーロの飲み方・服用方法

 
ザガーロは治療薬となるため、医師による処方が不可欠となります。

長楕円形の軟カプセル錠で、規格(主成分含有量)は0.5mgと0.1mgの2種類があり、どちらも大きさは同じで、長さ約19.3mm、厚さ約6.6mm。
色は規格によって異なり、0.5mgカプセルは薄いピンク色ですが、0.1mgカプセルは薄いオレンジ色です。

ザガーロカプセルは基本的には、1日1回、1錠を服用し、用量は0.1mgカプセルが基本ですが、必要に応じて0.5mgが処方されますので、かかりつけの医師の指示に従い、用法用量を守ることが重要です。後述いたしますが、AGA治療薬・ザガーロには副作用のリスクもございます。

使用の際には充分な注意が必要となるため、医師と相談の上慎重に使用してください。

0.5mgカプセルは0.1mgカプセルよりも発毛効果が優位に高く、副作用発現率は同程度とのデータがございますが、
万が一、飲み忘れに気付いた場合や、効果が薄いと感じた際でも、1回に2錠飲んだり1日に2回飲んだりせず、用法・容量は必ず守りましょう。

ザガーロは食事の影響を受けにくいので、食前食後関係なく、好きなタイミングに飲むことが可能でございます。
ただし、24時間おきに服用することが理想的とされているため、使用の際は「朝食を食べる前」「寝る前の歯磨きのとき」など、いつも同じタイミングに飲む習慣を付けることで、飲み忘れも防げます。

カプセルの内容物が出ると口や喉の粘膜を刺激することがあるので、噛んだり割ったりせず、丸ごと飲み込みましょう。

ザガーロの効果が出るメカニズムといたしましては、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT:毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させる作用があるホルモン)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果をもたらします。

もちろん、効き目の出方には個人差があり、3ヶ月で効果を実感できることもありますが、通常は効果が出るまで6ヶ月ほどかかり、体質やAGAの状況、生活環境によっては、効果が見られないといった口コミもございます。
ザガーロの口コミに関してはこちらへどうぞ(内部リンク)

ザガーロでAGA治療を行う場合は、最低でも6ヶ月間の連続した服用が必要となり、服用を中断すると再び薄毛が進行し始めるので、効果を持続させるためには服用を継続しなくてはならないため、使用を開始する際には、医師との検討を重ねた上、慎重に判断しましょう。



ザガーロの発毛効果と育毛効果


ザガーロは、従来のAGA治療薬が主に「進行遅延」を目的とするものであったのに対し、ザガーロは発毛と育毛を目的としたAGA治療薬となっております。



500円玉弱の範囲に89本増えた事例


20歳から50歳のAGAの男性を対象とした国際共同試験で、頭頂部の直径2.54cm(500円玉は直径2.65cm)円内の毛髪がどれだけ増えたかが調査された結果、ザガーロ0.1mgを1日1回飲んだグループでは、3ヶ月後には59.6本、6ヶ月後には63本も毛髪が増加という結果が出ております。さらに、ザガーロ0.5mgを飲んだグループでは、3ヶ月後には82.3本、6ヶ月後には89.6本も毛髪が増加したのです。

ちなみに、プラセボ(偽薬)を飲んだグループでは、3ヶ月後には-4本、6ヶ月後には-4.9本となり、脱毛が進行していることがわかります。
これらの結果から、ザガーロの使用により、AGAの進行を抑え、髪の毛を増やせる可能性が高いという実験結果が現れております。

ザガーロが髪質に与える影響




同様に、ザガーロを飲むと毛髪がどのくらい太くなるかについての調査も行割れております。

頭頂部の直径2.54cm円内における直径30μm以上の非軟毛の太さを合計し、6ヶ月後の平均毛幅変化を調べたところ、ザガーロ0.1mgを飲んだグループでは3.9mm、ザガーロ0.5mgを飲んだグループでは5.8mmも毛が太くなったという結果がもたらされました。

プラセボ(偽薬)を飲んだグループでは、毛幅変化量が-0.9mmとなり、髪の毛が薄く細くなったことがわかります。

ザガーロを飲むことによって、脱毛を阻止するだけでなく、髪の毛を太くしっかり育てられる可能性が示唆されております。

ザガーロは長期的に効果が見込める?




前述した通り、ザガーロは治療効果を判断できるようになるまで6ヶ月ほど飲み続けなくてはなりません。

長期間の服用を行なっているうちに「身体がなれて効かなくなってしまうのでは?」という疑問は、AGA治療に真摯に悩んでいる人ほど抱える疑問かと思いますが、国内の長期投与試験のデータで、飲み続けることによって効果を持続できる薬という結果がもたらされています。


AGAの男性にザガーロ0.5mgを52週間(13ヶ月)投与した結果、安全性、毛髪数と硬毛数、毛髪の太さの変化量を調べたところ、飲み始めてから24~26週時と同程度の結果を見受けることができました。

すなわち、ザガーロには長期間の服用に際しても効果を持続できうる可能性が高いということになります。



【注意】ザガーロには副作用があります。


AGAに苦しむ人にとって、長期的な効果や、実績のあるザガーロは大変魅力的な治療薬であると言えます。

しかし、その反面、ザガーロは正しく使えば安全で効果的なAGA治療薬ですが、副作用が起こる可能性はゼロではない、というリスクがあるということを忘れてはなりません。

主な副作用としてあげられるのは、勃起不全(ED)、リビドー減退(性欲減退)、精液量減少といった性機能障害です。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、5α-還元酵素を阻害してジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制することによって、AGAへの治療効果を発揮する成分です。

しかし、男性ホルモンが影響を与えているのは、頭部だけではなく、5α-還元酵素は頭部だけでなく前立腺や陰茎にも影響を及ぼしており、勃起などの性機能に関わる働きをしています。

そのため、ザガーロを飲むと頭部以外の5α-還元酵素にも作用し、勃起不全(ED)や精液量減少といった性機能障害の副作用が起こってしまう可能性がございます。

主に懸念される副作用は下記になります。

性機能障害
・勃起不全(ED)
・リビドー減退(性欲減退)
・精液量減少
・射精障害

その他の副作用
・過敏症……発疹、蕁麻疹、アレルギー反応、瘙痒症、限局性浮腫、血管浮腫
・精神神経系……頭痛、抑うつ気分、浮腫性、めまい、味覚異常
・生殖系及び乳房障害……性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害、
     乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感)、精巣痛、精巣腫脹
・皮膚……脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症
・消化器……腹部不快感 腹痛、下痢
・その他……倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加

特に重篤な副作用としては、肝機能障害や黄疸の危険性が示唆されています。
 
 その要因としては、ザガーロが肝臓で代謝される薬であり、肝臓に普段より負担がかってしまうためであると言われております。肝機能障害や黄疸の副作用はAST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビンの上昇を伴うので、血液検査で発見することが可能ではございますが、肝機能に不安がある方は使用を控えた方が良いかもしれません。

AGAは日常を送る上で、我々男性の日常を脅かすものになりかねませんが、生命の危機とまでは言えません。個人的な意見にはなりますが、AGA治療は安全第一、リスクとそれに対するメリットを重々承知の上検討することを推奨いたします。

ザガーロを飲んではいけない人




ザガーロはAGA治療に高い効果を発揮し、すでに国内でも多くの成人男性に処方されていますが、以下の条件に当てはまる人はザガーロの処方を受けられないか、ザガーロを服用すると非常に危険な悪影響を受ける恐れがあるということを知っておいてください。

ザガーロを飲んではいけない人①ザガーロの成分や5α-還元酵素阻害薬に対する過敏症の既往歴がある人




ザガーロには次のような成分が含まれています。

ザガーロカプセル0.1mg ザガーロカプセル0.5mg
有効成分…デュタステリド
その他成分…ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン、ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

これらの成分に過敏症を起こしてしまった経験がある人は、ザガーロの服用によって過敏症状が起ってしまう可能性がございます。
過去に薬を飲んで過敏症が起きたことがある人は、上記に当てはまる成分がないかどうか必ず確認してください。

もし、過敏症の原因が詳しくわからないという場合は、医師に相談してみるか、使用を控え、効果が実証されている市販の育毛剤の使用を試してみることをお勧めいたします。

ザガーロを飲んではいけない人 (2) 女性と子供




ザガーロは、男性ホルモンの働きを抑制することでAGAの治療効果を発揮する治療薬ということはご理解いただけていると思います。

そのため、男性ホルモンが、そもそも少ない女性が服用しても薄毛を改善する効果はありません、無用な副作用のリスクのみが懸念されてしまいますので、女性の服用は絶対に控えるようにしましょう。

特に、妊婦や産婦、授乳婦にとってザガーロは禁物です。もしも女性の胎内や授乳を通じてザガーロが男児に作用すると、成長に深刻な悪影響を及ぼす恐れがあります。

また、子どもについては、ザガーロの安全性・有効性が確立されていません。
二十歳未満の未成年には、絶対にザガーロを服用させてはいけません。

そして、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは経皮吸収されてしまうという性質を持っているため、カプセルが割れて内容物に直接触れただけでも体内に吸収されてしまいますので、女性(特に妊娠されている方)や子どもの手に触れない場所に保管しましょう。

万が一、女性や子どもが誤って薬剤に触れてしまった場合には、すぐに水と石鹸で洗い流してください。

ザガーロを飲んではいけない人 (3)肝機能障害を患っている人




ザガーロは上述した通り、主に肝臓で代謝される薬でございます。
そのため肝機能障害のある人が服用すると、充分に代謝されず血中濃度が上昇し、身体に重大な悪影響を及ぼしてしまう可能性がございます。

ザガーロ服用の際の注意点




・ザガーロの服用中は献血できません
ザガーロを服用中の人は、輸血・献血ができません。
服用中止後も、血清中の薬物濃度が充分下がるまで時間がかかるので、6ヶ月間は献血を行うことは避けるようにしましょう。

・前立腺がんの検査を受ける際には報告すること
ザガーロは前立腺がん検査の指標となる数値に影響を与えてしまいます。
誤診を防ぎ、正しく診断するためにはザガーロを服用していることを考慮する必要があるため、検査を担当する医師に必ず報告しましょう。



・パートナーの妊娠を望む場合
パートナーとの間に子どもを望んでいる場合、ザガーロの服用はおすすめできません。ザガーロは非常に強い治療薬であり、精液を介してパートナーに悪影響を及ぼしてしまう可能性がございますため、服用中の性行為には注意が必要です。
 妊娠を目的としていない場合でも、精液を介して女性がザガーロに暴露するリスクを避けるため、女性と性交渉を行う際は必ずコンドームを使用してください。



・女性が触れるのはNG
上述から何度も触れておりますが、ザガーロはAGA治療薬であることから、基本的には男性が飲むもの。
そのため、女性が服用することはまずありませんが、それ以上にザガーロを女性が服用することは禁止されております。

 その理由といたしましては、妊娠中の女性あるいは妊娠の予定がある女性がザガーロを服用した場合、男性胎児の生殖器官の発達を妨げてしまう危険性がありためでございます。



・ザガーロが体外に排出されるまで12~20週間
 デュタステリドが体外に排出されるまでには、通常12~20週間程度時間がかかると言われております。
 また、PSAの数値が正常に戻るまではおよそ6ヶ月かかることも注意が必要です。
妊娠を望む場合、女性や子供に対してのリスクを回避しつつ、AGA治療を続ける場合、ミノキシジル系の薬であれば子作りや妊娠に影響ありませんので、そちらの使用をお勧めいたします。



ザガーロ/プロペシア/ミノキシジルを徹底比較




ザガーロとプロペシアの違い




AGAの治療薬として有名なプロペシアとザガーロとは何が異なるのでしょうか?

ザガーロとプロペシアは、どちらもAGA(男性型脱毛症)の薬のため、ストレスによる円形脱毛症やびまん性脱毛、女性の薄毛などには効果がありません。

しかしザガーロとプロペシアは似て非なるものというふうに覚えておいてください。

これら二つの添付文書を見ると効果・効能の記載に次のような違いをみることができます。

・ザガーロ:男性における男性型脱毛症
・プロペシア:男性における男性型脱毛症の進行遅延

プロペシアの効果・効能は、AGAの「進行遅延」しか明言されておらず、AGAによって髪が抜けるのを遅らせることはできても、発毛を促して髪を増やせるとまでは書かれていないことが見受けられます。

プロペシアは基本的に「薄毛・脱毛の進行を遅らせ、現状維持する」ための薬なのです。

次に、ザガーロの効果・効能は、「進行遅延」に限定されておりません。
ザガーロは臨床試験において、発毛・増毛の効果がより詳しく検証されているため、現状維持にとどまらずより高い治療効果が期待できるのでございます。

 

ザガーロとミノキシジルの違い


次にAGA治療薬として高い評価を得ているもののひとつ、ミノキシジルとザガーロの違いについて言及させていただきます。

ザガーロとミノキシジルは同じAGA治療薬ではありますが、その作用機序(含まれる成分が効果をもたらすメカニズム)が大きく異なります。

ザガーロの場合、5α-還元酵素の働きを阻害することで脱毛を抑制しますが、ミノキシジルは、血流を改善することで毛乳頭や毛母細胞を活性化させ、これによって育毛を促すのです。
ミノキシジルは血流改善によって、育毛効果をもたらすため、ザガーロに比べて副作用も少なく市販の育毛剤にも多く使用されているために試しやすい方法だと思います。

ザガーロの口コミと評判はいかに?




口コミ評判事例 (1)


全体的にハリやコシがなくなって髪が細くなり、頭頂部とM字が薄くなっていました。服用から3ヶ月がたち、M字から細い産毛が生え始め、全体的に細かった毛も、太くしっかりした毛に変わってきました。
効果はとても満足しています。ただ、服用して1ヶ月目の健康診断の血液検査で、LDLコレステロールと肝臓のALT値が少し上がりました。それで、今は1日おきに服用し、なるべく肝臓に負担がかからないようにしています。

引用元:https://oskd.biz/detail/014166_duprost.html



口コミ評判事例 (2)


ひどい倦怠感におそわれます。
ザガーロは、私に全く合わない薬です。のみはじめてまもなく、頭痛や腹痛、下痢やめまいがおこるようになりました。また、強い倦怠感が症状としてあらわれるように。しまいには、さらに倦怠感が強くなり、近くのお店に買い物にいくことすらできなくなりました。髪への効果は感じられないし、副作用はひどいしで、何も良いことがありません。



口コミ評判事例 (3)


 薄毛対策でプロペシアやザガーロでも効果が無かったらもう諦めるしかないですか?そろそろ副作用が怖くなってきました。最後の望みで医薬部外品の育毛剤に変えてみようかと考えているので良い育毛剤あれば教えて下さい。

引用元:ヤフー知恵袋

AGA治療薬と育毛剤はどちらを使うべき?




結論から、申し上げますと、AGA治療薬と育毛剤はどちらを使うべきかは、使用者個人の生活環境や、健康状態によって、大きく変わってしまうため、一概に、どちらを使えば良いというような断言をすることはできません。
しかし、これらの様々な情報から比較し検討をすることは可能なのではないでしょうか。

ここでザガーロと育毛剤を簡単に比較してみましょう。

AGA治療薬のザガーロと育毛剤の比較

市販の育毛剤はドラッグストアや通信販売などで購入することができますが、AGA治療薬は医師の診察を受けて処方してもらわなければなりません。
近年個人輸入で、比較的安価に手にはいる外国産のAGA治療薬成分の入った薬品を購入・服用しているという話を聞くことがありますが、AGA治療薬の入手に医師の処方が必要なのは、それだけ効果が強く、副作用などのリスクを伴うためです。個人判断での服用は絶対に控えるようにしましょう。

AGA治療薬を服用する場合、診察料はかかってしまいますが、医師の診断のもと用法容量を守って服用することが重要です。

また、もし育毛剤を試したことがないというのであれば、まずは市販の育毛剤を使用して経過を見てみることを強く推奨いたします。

AGA治療薬の副作用




【副作用の違い】
AGA治療薬を服用する際に、最も注意が必要なのは、治療薬に含まれる成分によって副作用が出てしまう場合があるということです。

 ザガーロの副作用の主な症状としては性欲低下・ED(勃起不全)・じんましん・倦怠感などが報告されています。また、上述の通り使用者のみならず、ご家族やパートナーに対しても、悪影響を与えてしまう可能性がある。ということは重々理解しておいてください。

ミノキシジルにも頭皮のかゆみやかぶれなどの副作用が報告されています。それに加えて、もともとミノキシジルは高血圧の人に対して血圧を下げることを目的に処方していた薬に含まれる成分のため、稀ですが副作用によって血圧が低下する場合があります。

一方で市販の育毛剤に関して、副作用のリスクは低いと言われています。というのも、医師の処方箋が不要な医薬部外品の定義そのものが、副作用も少なく、リスクが低いものとされているからです。
つまり医薬部外品と名乗っている製品は、副作用のリスクが低く、個人の判断で使用できるからこそ医薬部外品なのです。

先ずはザガーロより育毛剤から使うべき?




正直な所、どちらが良いかは各自の症状によって異なり、今まで何を試したかによっても、対策や治療方法は異なってしまいます。
育毛剤を試したことがないけれど薄毛に悩んでいるという方は、
コスト面でも、健康リスクという面でも、ハードルの低い育毛剤を試すのがAGA対策の第一歩と言えるのではないでしょうか?
育毛剤を使用した結果、頭髪が生えてきて結果AGA治療より遥かに安く済む場合もあります。

また、育毛剤を色々試したけれど効果を感じる事の出来なかった方は、AGAクリニックに行った時に育毛剤では変化がなかったことを伝えると、お医者さんの方でも対処がしやすいという面もございます。

まとめ、まずは育毛剤を使おう!




一口に育毛・発毛といってもどのような成分が効果を発揮するかは使用する個人の生活環境やAGAの進度状況によって、千差万別、今までどのような育毛剤を使って、体感であったとしても「全く効果を感じなかった」「少しは効果を感じた」「3ヶ月目までは効果があった」など、実際の情報があるとAGAクリニックでの診察、処方の際の重要な情報となり、結果としてあなたの発毛・育毛の手助けとなってくれるのです。

そのため、AGA治療薬は最終手段として、まずは市販の育毛剤を試してみることをお勧めいたします。
いうまでもなくAGA治療薬には、副作用というリスクがございますので、安心して使用できる、育毛剤で効果が出るのであればそれに越したことはないのでしょうか?

下記に、高い効果が見込め尚かつ、安全に使用できる育毛剤を紹介させて頂いておりますので、ぜひご参考ください。

https://www.fpkrr.org/