発毛シャンプーには色々なものがある!種類を徹底解説!

発毛を期待できるようなシャンプーがいくつも販売されています。主にインターネット通販で販売されているものですが、いわゆるスカルプシャンプーというものが存在しているわけです。

こちらではその発毛が期待できるシャンプーの種類について解説していきます。大まかに分けると3つのタイプがあります。

・アミノ酸系シャンプー
・石鹸系シャンプー
・抗菌殺菌系シャンプー(ニゾラールシャンプー)


上記の3つのタイプのシャンプーの特徴に迫っていきます。

薄毛対策としてシャンプーを利用していきたいけど、どのシャンプーを選択肢たら良いのか分からない、という方は必見です。

アミノ酸系シャンプーの特徴とは?


・スカルプシャンプーのスタンダードである


シャンプーには大きく分けると、高級アルコールシャンプー・石鹸シャンプー・アミノ酸シャンプーの3つの種類があります。シャンプーとしてスタンダードなものは高級アルコールシャンプーとなっています。ドラッグストアやスーパー、さらにディスカウントストアでも取り扱いがあるので販売本数も多く大量生産できますし、原材料が安価なので1ボトルあたり数百円で販売できる、といった強みがあるのです。

一方でアミノ酸系のシャンプーは育毛系シャンプーとしてスタンダードなものです。実は頭皮について特に良い作用を持っています。頭皮の健康を維持して、その上で髪の毛が生えやすい状態にしてくれるわけ。

・アミノ酸シャンプーの洗浄成分に注目しよう


シャンプー剤には、洗浄成分として界面活性剤と呼ばれるものが入っています。アミノ酸系のシャンプーにはアミノ酸系の界面活性剤を利用しているのです。優しい洗浄力となっており、髪の毛や頭皮に対して強い刺激を与えることはありません。要は髪の毛や頭皮に負担をかけることなく洗浄してくれるのが、アミノ酸シャンプーの大きな特徴なのです。

アミノ酸シャンプーの洗浄成分ですが、注目してほしいのがペーハーです。ペーハーとは酸性とか中性とかアルカリ性を指しているわけですが、実はアミノ酸の洗浄成分は弱酸性に属しているのです。
弱酸性ということですが、頭皮も髪の毛も一緒です。ですから弱酸性によって弱酸性のものが洗浄される、という特徴があるわけです。

弱酸性のものを弱酸性で洗浄することになるので、頭皮や髪の毛の状態を維持してくれます。弱酸性の状態を中和してしまうようなこともないので、状態としては良いことになるわけです。頭皮も髪の毛も影響を受けません。だからこそ、多くのすパルプシャンプーはアミノ酸シャンプーとなっているのです。

・注意!アミノ酸シャンプーは2種類ある!


アミノ酸シャンプーですが、実は二つの種類に分かれています。どちらを選択するかでも、大きな違いがあるのでしっかりと把握した上でどのようなシャンプーを選ぶのかを判断してください。

【アミノ酸系のシャンプーの二つの種類】

・アミノ酸配合シャンプー
・アミノ酸シャンプー

<アミノ酸配合シャンプーについて>

アミノ酸配合シャンプーは確かにアミノ酸が配合されています。洗浄成分としてのアミノ酸も配合しているのですが、実は他の洗浄成分も入っているのです。
たとえば高級アルコール系の石油系界面活性剤が含まれていることもあります。または石鹸が主成分の洗浄成分が含まれていることもあります。その上で少量のアミノ酸系の洗浄成分を含んでいるに過ぎません。ですからアミノ酸が主成分のシャンプーとは言えないわけです。

<アミノ酸シャンプーについて>

アミノ酸シャンプーに関しては、洗浄成分にアミノ酸系のものを主成分として配合されています。セスからアミノ酸本来の特徴を活かしたシャンプーとなっているわけです。
石油系の界面活性剤や石鹸系の洗浄成分が含まれていません。

<アミノ酸配合シャンプーとアミノ酸シャンプーのどちらがおすすめか?>

もちろんアミノ酸シャンプーのほうがおすすめです。
石油系の界面活性剤や石鹸系の洗浄成分は非常に強い洗浄力を持っているのです。頭皮や髪の毛の状態を悪化させてしまう恐れもあるので危険性もあります。

育毛や発毛を期待しているのであればアミノ酸シャンプーを選択してください。

・アミノ酸シャンプーのメリット


・適度な洗浄力なので、皮脂の量を一定に保ってくれる
・一定の保湿性があり、乾燥肌を予防してくれる
・刺激が弱いので、頭皮や髪の毛に優しい
・弱酸性なので髪の毛がごわついたりパサついたりしない


アミノ酸シャンプーは洗浄力がそれほど強くありません。マイナス面に捉えがちなことですが、実は全くマイナスではありません。そもそも高級アルコールシャンプーや石鹸シャンプーは洗浄力が強すぎるのです。頭皮の皮脂を落としすぎるなどのデメリットがあり、頭皮の乾燥肌を招いてしまいます。
アミノ酸シャンプーを利用し続けることで、頭皮の皮脂の量が一定に保たれます。その結果お肌の乾燥は抑えられ、潤いが回復してくるのです。

髪の毛に対する効能にも注目しましょう。髪の毛がパサついたりごわついたり、といった経験をした方も多いでしょう。それは髪の毛のキューティクルが開いてしまっているのが原因です。髪の毛のキューティクルが開いてしまうと、髪の毛の水分が逃げてしまいます。髪の毛が乾燥してしまうことで、パサつきが起こったりごわつきが起こったりするわけです。
髪の毛のキューティクルが開く原因は、髪の毛の中和です。髪の毛は弱酸性となっているわけですが、石鹸シャンプーのようにアルカリ性のもので洗うと中和されて中性になってしまいます。その結果、キューティクルが開き髪の毛の水分がなくなってしまうわけです。
一方でアミノ酸シャンプーは髪の毛と同じ弱酸性です。ですからキューティクルは閉じられたままとなり、髪の毛の潤いは維持されたままになります。まとまりがよくなり、髪の毛のセットも圧倒的にしやすくなるのです。

・アミノ酸シャンプーのデメリット


・洗浄力が弱いので汚れなどが残ることも
・髪の毛がふんわりしにくくなる
・泡立ちが悪くなるケースもある


アミノ酸シャンプーは洗浄力が抑えられているので、皮脂や汗、さらに整髪料などが頭皮や髪の毛に残ったままになってしまう恐れもあるのです。
ただし基本的な頭皮や髪の毛の汚れはお湯だけでもある程度は落ちると言われています。シャンプー剤を使う前にまずは湯シャンを実施し、その後にアミノ酸シャンプーで洗えば、基本的には汚れが落ちるはずです。

髪の毛のボオリュームが出しにくくなる、といったデメリットもあります。前述したように、アミノ酸シャンプーには髪の毛のキューティクルを閉じる作用があるため、髪の毛がしっとりとするのです。その結果、髪の毛が重たくなりペッタリとしてしまいます。薄毛の方は、頭皮が露出しやすくなるので注意したいところです。

アミノ酸シャンプーは泡立ちが悪い、といった特徴もあります。ただし最近では泡立ちが改善されたアミノ酸系の洗浄成分がシャンプーに配合されていることも珍しくなくなりました。こちらのデメリットに関しては、将来的にはなくなるかもしれません。

石鹸系シャンプーの特徴とは?


・石鹸系の洗浄成分を利用している


動物性や植物性の油や脂を利用してアルカリで反応させた界面活性剤を洗浄成分としたものです。石鹸シャンプーも界面活性剤を洗浄成分としているのです。

石鹸シャンプーもアミノ酸シャンプーと同じく二つの種類があります。

【石鹸シャンプーの2つの種類】

・脂肪酸ナトリウム系の石鹸シャンプー
・脂肪酸カリウム系の石鹸シャンプー

<脂肪酸ナトリウム系の石鹸シャンプーとは>

油脂を水酸化ナトリウムで反応させたものを利用しています。固形石鹸や粉石けんになります。
上記したものを配合したシャンプーのことを脂肪酸ナトリウム系の石鹸シャンプーとしています。

<脂肪酸カリウム系の石鹸シャンプー>

油脂を水酸化カリウムで反応させたものを利用しています。液体石鹸になります。液体石鹸になります。
上記したものを配合しているシャンプーのことを脂肪酸カリウム系の石鹸シャンプーとしているのです。

・石鹸シャンプーはなぜ発毛・育毛系シャンプーとされているのか?


実はイメージ先行となっています。
そもそも石鹸シャンプーは、基本的に動植物が原材料として使われているので、天然成分となっているわけです。科学的なものではないので、自然環境に優しく頭皮にも優しい、といったイメージがあります。ですから発毛・育毛系シャンプーとして利用されることがあるのです。

さらに石鹸は身体の頑固な汚れを除去するために利用するものでもあります。ですから洗浄力がとにかく強くなっているのです。頭皮の汚れをさっぱりと落とせるということもあり、発毛・育毛系シャンプーとして利用されるに至りました。

・石鹸シャンプーは発毛・育毛系シャンプーとして適しているのか?


適していません。
石鹸シャンプーは、髪の毛や頭皮に対する影響力が極めて強いのです。

まず注目してほしいのが、石鹸シャンプーの洗浄成分はアルカリ性である、という部分です。前述したように髪の毛や頭皮は弱酸性となっています。アルカリ性が頭皮や髪の毛に触れると中和されてしまい、中性の状態になるのです。
頭皮が中性になると、毛穴が開く、といった作用が起こります。毛穴が開くことによって毛穴の奥にある皮脂までキレイに洗浄されて除去されるわけです。
「毛穴がきれいになるのは良いことなのでは?」と思うかもしれません。しかし毛穴の奥にある皮脂は皮膚に対して保湿という役割を担っているのです。要は皮膚にとっては必要不可欠なものです。それを取り除いてしまうので、石鹸シャンプーを利用すると乾燥肌になってしまいます。

もう一点デメリットがあります。石鹸シャンプーは髪の毛の状態にも影響を与えます。髪の毛も弱酸性なので、石鹸シャンプーで洗浄すると、髪の毛が中和されてしまいます。その結果、キューティクルが開いてしまうのです。髪の毛の内部にあった水分が外に放出されることになり、髪の毛がパサつきます。さらにごわつくような状態になってしまうわけです。
髪の毛が弱ってしまいますし、セットするのも一苦労、といった状態になってしまう恐れもあります。

・石鹸シャンプーのメリットとデメリットを知ろう!


【メリット】

・環境に優しく、アレルギーが発生しにくい
・洗浄力が高く頭皮の汚れが除去される

石鹸シャンプーを利用している方ですが、実は他のシャンプーで頭皮に問題が起こってしまった、という経験をしている方が多いのです。実際に高級アルコールシャンプーを利用して、頭皮が真っ赤になってしまった、という経験をした方もいます。そういった方が石鹸シャンプーを利用すると、頭皮に問題が起こらないのです。
石鹸シャンプーは天然成分を利用しており、基本的に添加物も配合していません。アレルギーが発生しにくい、といった嬉しい特徴があるのです。

脂性肌の方にも人気があります。皮脂が頭皮の上に大量にある状態が続いてしまうと、炎症やかゆみに発展します。石鹸シャンプーであれば、皮脂をしっかりと除去できるので脂性肌対策になるわけです。
ただし脂性肌には乾燥肌が関わっていることもあるので注意しましょう。お肌は乾燥すると皮脂腺を活性化して皮脂を大量分泌するのです。石鹸シャンプーで頭皮が乾燥して、かえって脂性肌になってしまった例もあるので、石鹸シャンプーを利用してから脂性肌になった、という方は他のタイプのシャンプーに切り替えるべきです。

【デメリット】

・洗浄力が強すぎて皮脂が頭皮からなくなり乾燥肌になってしまう
・髪の毛の状態が悪化し、パサついたりキシんだりしやすい
・泡立ちが悪い
・石鹸カスが出てしまう
・カラーリングとの相性が悪い

石鹸シャンプーは洗浄力が強すぎることが大きな問題になります。頭皮が綺麗になりすぎても良くないのです。一定の皮脂は頭皮に残さなければなりません。
髪の毛の状態の悪化も深刻です。キューティクルを開くことで、パサつきやキシミなどの問題が発生してしまうのです。

石鹸シャンプーは泡立ちもあまり良くありません。その結果、大量のシャンプー剤を使って洗うことになり、さらに頭皮や髪の毛に刺激を与えてしまうケースも報告されています。

石鹸シャンプーは石鹸を利用しているので、石鹸カスの問題もあります。髪の毛に石鹸カスがついたままになってしまい、フケのように見えてしまうこともあるのです。見た目的な印象を悪くしてしまいます。

カラーリングをしている方にも石鹸シャンプーはおすすめできません。洗浄力が強いので、退色が早く進んでしまうのです。カラーリングの感覚が短くなる恐れもあり、頭皮や髪の毛をさらに悪化してしまうかもしれません。

ニゾラールシャンプーの特徴とは


・医薬成分が配合されているシャンプーである


医薬成分というとミノキシジルやフィナステリドを連想するかもしれません。しかし配合されているのは発毛系の医薬成分ではありません。実は抗菌・殺菌作用のある成分が配合されているのです。

ニゾラールシャンプーには2%の「ケトコナゾール」と呼ばれている医薬成分が配合されています。その成分によって頭皮にいる菌をやっつけるのです。

・ニゾラールシャンプーにはどんな効果があるのか?


・赤みを抑える
・フケを軽減する
・かゆみを抑制する


ニゾラールシャンプーは基本的に脂漏性皮膚炎に陥ってしまった方に用いられます。脂漏性皮膚炎ですが、何らかの原因で皮脂が大量に分泌され、その皮脂を餌とする菌が皮膚に大量発生したことによって起こります。いわゆる真菌(マラセチア)と呼ばれるものが増えてしまい、皮膚に対して悪さをしてしまうわけです。

実は脂漏性皮膚炎が頭皮に出来ると、脂漏性脱毛症を引きこすことがあります。皮膚が菌によって負荷を受けると、髪の毛に送られるべき栄養が皮膚の修復に利用されてしまうのです。その結果、髪の毛の生成がされにくくなり、脱毛量が多くなってきたり、細い毛や短い毛しか生えてこなくなったり、といった状態になってしまいます。

【男性型脱毛症に対する効果もある?】

まだはっきりとしているわけではありませんが、男性型脱毛症の発生原因となるジヒドロテストステロンの分泌量を減らす、といった効果が期待されている事実もあります。
なぜケトコナゾール配合のシャンプーでジヒドロテストステロンが減少するのかは分かっていないのですが、一応把握しておくべき情報です。

ただしシャンプー剤は頭皮にずっと塗布していく訳にはいきません。ですから仮に男性型脱毛症対策ができたとしても、強い作用ではない、ということは認識しておくべきです。

・ニゾラールシャンプーの利用方法


毎日利用するものではありません。
週に1回から2回程度の利用しかできないのです。そもそも医薬成分を利用しているものでもあるので、刺激が強く毎日利用してしまうと、かえって頭皮を痛めてしまいかねません。

ちなみにシャンプーを泡立てて頭皮につけたら、3分から5分ほど放置します。その間に真菌を退治してもらうのです。

・ニゾラールシャンプーの副作用とは?


主な副作用は、頭皮のほてりやひりひり感、さらにしみる、という感覚が出てしまった方もいます。
医薬成分を配合しているので、副作用が発生する確率も高い、といった認識を持っておきましょう。

ただし皮膚の上から利用するものなので、重篤な服作用はありません。皮膚に問題があったとしても、利用をストップすれば症状は収まります。