発毛が期待できるような育毛系シャンプーの副作用について|危険性はあるのか?

発毛が期待できるシャンプーのことをスカルプシャンプーと呼んでいます。またの名を「育毛シャンプー」ともいうのですが、そもそもシャンプーは毎日利用していくものです。もしも危険性のあるものであれば、毎日利用する、というのは避けたいところでしょう。

こちらでは発毛や育毛が期待できるシャンプーには何かしらの副作用があるのか、ということについてお話します。頭皮環境について不安を抱えており、刺激の強いシャンプーはなるべく利用したくない、と考えている方は必見です。

基本的に発毛・育毛系シャンプーに危険性はなし!


・危険な成分は基本的には含まれていない


発毛・育毛系シャンプーに関しては、それほど問題のある成分が含まれていないことがほとんどです。そもそも発毛・育毛系シャンプーと言っても医薬発毛成分が含まれているわけではありません。

たとえばシャンプーにミノキシジルが配合されていれば、低血圧や頭皮環境の悪化、といった副作用が発生してしまうこともあるでしょう。
プロペシアに含まれている医薬有効成分であるフィナステリドが配合されている場合には、男性機能的な副作用が発生してしまうかもしれません。

注目してほしいのは、シャンプーは基本的に化粧品に分類されている、というところです(ニナゾールシャンプーは異なります)。化粧品に配役成分などを配合してはいけない、と決まっているのです。一般的な植物系の天然成分を含んでいるものがほとんどです。

たしかに植物由来の天然成分であったとしても副作用が発生する可能性はあります。しかしそのリスクは医薬成分のものとは全く異なります。安心して継続利用していけるような成分しか基本的には含まれていないので、発毛・育毛系シャンプーだからと言って使用をためらう必要はないわけです。

・注意!頭皮環境が悪化している時の利用はなるべく控えよう


基本的に発毛・育毛系シャンプーは安全性の高いものです。しかし頭皮に傷があったり炎症があったりなど、問題が起こっている時の利用はなるべく控えてください。安全性が高い成分しか含まれていなかったとしても、傷口からシャンプー剤が体内に入り込んで化膿などの結果をもたらしてしまうこともあります。

頭皮が健康的な状態のときのみに利用する、ということをなるべく心がけましょう。特に敏感肌の方は、シャンプーとの相性が悪いとその敏感肌の症状をさらに悪化させてしまう恐れもあります。

発毛・育毛系シャンプーでアレルギーが発生する可能性あり


・生薬(ハーブ)アレルギーあり


シャンプーには様々な生薬が配合されています。発毛・育毛系シャンプーの場合は髪の毛に良いものや頭皮に良いものを特に多く含んでいるわけです。基本的には安全性が高いものと考えてよいのですが、自然な食品でもアレルギーは発生してしまいますよね。

たとえば甲殻類アレルギーといったものもあるでしょう。大豆アレルギーや小麦アレルギーといったものもあるのです。ですから一般的な植物であったとしてもアレルギーが発生しないわけではありません。

生薬系のアレルギーですが、シャンプーの場合は基本的に服用するわけではないので基本的に重篤化する恐れはありません。シャンプー剤をすぐに洗い流して、もう使用をしなければ症状が現れることはなくなるでしょう。

しかし湿疹やかゆみと行った症状なので、シャンプーのアレルギーだと気づかないケースも多く報告されているのです。使い続けてしまい、段々と症状が悪化してしまうこともあります。

アレルギーに関しては、発症するとどんどんひどくなる恐れがあります。

・防腐剤によるアレルギーあり


シャンプーには状態を維持するためにパラベンなどの添加物系の防腐剤を含めているケースが多くなっています。
そもそもシャンプーはお風呂場においていることが多いですよね。暖かい場所でしかも湿気があります。菌が大量に発生しやすい場所なので、シャンプーの状態が悪化しやすいわけです。そこで多くのシャンプーは防腐剤を配合して長期間利用できるようにしているわけです。

防腐剤ではないものの防腐目的として、アルコールを大量に含めていることもあります。その場合もアレルギーが発症する可能性があるので気をつけてください。

防腐剤のアレルギー症状としては痒みや赤みなどが代表的です。稀にフケが大量発生してしまうこともあるので注意しましょう。

・合成香料によるアレルギーあり


シャンプーの多くは香料といったものが付けられています。発毛・育毛系シャンプーの場合は無香料のものや植物性の天然香料を使っていることが多いのでそれほどリスクは高くありませんが、やはり防腐剤と同じく合成香料は添加物となっています。お肌に負担をかけてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

そもそも合成香料というものは、石油から得られた原料を使っています。さらにその原料を化学反応させて製造されているわけです。香料をとかすためにも化学物質を利用しているので、アレルギーは発生しないものの頭皮に負担をかけてしまう恐れもあるので十分に注意してください。

・洗浄成分によるアレルギーあり


石油系の高級アルコールシャンプーには気をつけましょう。発毛・育毛系シャンプーにも実は、高級アルコール成分の洗浄成分と同じ石油系の界面活性剤が配合されていることがあるのです。

特に気をつけるべきは「アミノ酸配合シャンプー」と呼ばれるものです。

アミノ酸はお肌に優しいのでシャンプーの洗浄成分としてはおすすめできますが、アミノ酸配合シャンプーはアミノ酸の洗浄成分は配合されているものの石油系の界面活性剤や石鹸系の洗浄成分が含まれていることもあるのです。頭皮に対して強い刺激を与えて、結果的にはアレルギーを発症させてしまいかねません。

強すぎる洗浄力は頭皮環境を悪化させ、痒みや痛み、そして赤みをもたらします。

【注意すべき洗浄成分例】

・ラウレス硫酸〇〇〇〇
・ラウリル硫酸〇〇〇〇

上記のような洗浄成分がシャンプーに配合されている場合には、頭皮に対して強い刺激を与えてしまう恐れもあります。いま使っているシャンプーの成分を確認してみましょう。入っているのであれば、頭皮に何かしらの問題がすでに起こっているかもしれませんよ。

副作用ではないものの発毛・育毛系シャンプーの問題点


・洗浄力が強すぎる


主に高級アルコールシャンプーと石鹸シャンプーが該当します。それらの成分ですが、非常に強い洗浄力を持っており。頭皮の皮脂を除去しすぎてしまうのです。

脂性肌の方は、たしかに皮脂をある程度除去しなければなりません。しかし皮脂を除去しすぎてしまうのもあまり良くないのです。

・乾燥肌を招いてしまう
・乾燥肌が原因の脂性肌になってしまう


洗浄力が強すぎると、頭皮から皮脂がなくなってしまいます。皮脂は菌の大量繁殖を招くなど、問題のあるものだと思われがちです。しかし皮膚の役に立っているのです。
皮膚は保湿されることで守られています。乾燥している肌は刺激に弱くすぐに傷ついてしまったり、赤く炎症を起こしたりしてしまいます。しかし保湿がしっかりとされていれば、ちょっとした刺激にも耐えられるのです。
洗浄力の強いシャンプーを利用してしまえば、皮脂が頭皮から除去されて乾燥します。その状態が長く続いてしまえば、頭皮トラブルが起こりやすくなってしまうわけです。育毛対策をしていたとしても、その効果がほとんど得られない、ということも考えられます。

ちょっと理解するのは難しいと思いますが、乾燥とは真逆の脂性肌を招いてしまうこともあります。洗浄力の強いシャンプーを利用すると、シャンプー後は一時的に乾燥肌になります。しかし乾燥のままでは終わりません。その感想をどうにかしようと我々の身体は皮脂腺を活発に働かせるのです。その結果皮脂が大量に分泌されてしまい、乾燥肌から一転して脂性肌になってしまいます。皮脂が大量に分泌されて皮膚を覆ってしまうと、今度は菌が繁殖します。菌を分解して繁殖を繰り返していくわけです。
菌が多くなりすぎると皮膚は負荷を受けてしまいます。痒みが出てきたり炎症が起きてしまったり、大量のフケが発生してしまう、ということもあるのです。

洗浄力の強すぎるシャンプーは発毛や育毛の真逆の方向へ向かわせてしまうものです。シャンプー選びは慎重に行ってください。

・洗浄力が弱すぎる


こちらに関してはアミノ酸シャンプーが該当します。

洗浄力が弱いシャンプーを利用していると、頭皮の上に整髪料や皮脂が残ってしまうのです。整髪料が残ってしまうと、頭皮にとっては不要のものでもあり皮膚としても負担となります。かゆみに発展したり炎症に発展したり、といった状況になってしまうわけです。

皮脂の関しても、毛穴の奥にあるようなものは残っても良いです。しかし皮膚の上に皮脂が大量に残ってしまうと、シャンプー後でもすぐに菌が繁殖を始めます。さらに新たに出てきた皮脂も餌となるので、爆発的に菌が増えてしまうわけです。

洗浄力が弱すぎるシャンプーを利用することで頭皮とランブルが発生することもある、と覚えておきましょう。特に普段から脂性肌である、という方はある程度洗浄力のあるシャンプーを利用するのもおすすめです。

発毛・育毛系シャンプーでアレルギーの発生を抑えるためにはどうしたら良いか?


・育毛剤を併用しよう


育毛アイテムの定番といえば育毛剤です。実は育毛剤には素晴らしい効果がたくさんあります。特に注目してほしいのが、抗アレルギー作用です。

育毛剤の中には抗アレルギー作用を持っている背異聞が幾つか配合されていることもあるのです。抗アレルギー系の効果が発揮されれば、シャンプーによる悪影響を抑えることにもつながってきます。さらにシャンプーは洗い流してしまうものですが、育毛剤は頭皮に塗布したままで、効果を長期間に渡って発揮し続けてくれるのでより高い育毛効果が期待できるわけです。

【育毛剤に配合されている抗アレルギー系の成分例】

・グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸二カリウム)(グリチルリチン酸ジカリウム)
・ジフェンヒドラミンHCI(塩酸ジフェンヒドラミン)
・プラセンタ(胎盤エキス)
・EPA (エイコサペンタエン酸)など

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸二カリウム)(グリチルリチン酸ジカリウム)とジフェンヒドラミンHCI(塩酸ジフェンヒドラミン)に関しては、厚生労働省が認めている有効成分となっています。一定の育毛効果がある、という優秀な成分なのです。

プラセンタに関しても最近では多くの育毛剤に配合され始めました。免疫システムを正常化する作用があるとされており、免疫細胞の暴走を抑制してくれるのです。またホルモンバランスを整える機能もあるとされており、女性ホルモンが減ることによって起こる薄毛や男性ホルモンが増えすぎることによって起こる薄毛にも対応できるとされています。

※プラセンタに関しては「スキンケア大学」の「プラセンタの効果(5)アレルギー」(赤坂ビューティークリニック院長青山秀和先監修)(http://www.skincare-univ.com/article/004133/)を参考にしました。

EPA (エイコサペンタエン酸)はわかめなどに入っている成分として知られています。EPA (エイコサペンタエン酸)にはアレルギーを促進させてしまうプロスタグランジンやロイコトリエンの量を低下させる働きが指摘されているのです。
アレルギーが発生しにくい体質がゲットできる可能性のある成分と言えます。

ちなみにEPA (エイコサペンタエン酸)に関しては育毛剤というよりは、育毛サプリメントで摂取するのが適切です。もちろん食品(わかめなど)から摂取しても構いません。

※EPA (エイコサペンタエン酸)については「美肌×レシピ byスキンケア大学」の「わかめにもたっぷり含まれるEPAで花粉症予防」(ホリスティック栄養コンサルタント・管理栄養士北川みゆき 先生監修)(http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/002047/)を参考にしました。