男性ホルモン?血行?つむじハゲの原因とは?

つむじはげで悩んでいる男性は数え切れないほどいます。頭頂部が薄くなってしまうと、髪の毛のボリュームも一気になくなってしまいます。髪の毛がぺしゃんこのような状態になってしまい、薄毛も目立ってしまうわけです。

そこで注目してほしいのが、なぜつむじはげが発生してしまうのか、ということです。まずは原因を知らなければ、しっかりとした対策も立てられません。ずっと薄いままになってしまう、ということさえ考えられるわけです。

こちらではつむじハゲの原因を幾つか紹介していきます。もしかしたらその中にあなたのてっぺんが薄くなっている原因が隠れているかもしれませんよ。

最も確率が高い!男性型脱毛症がつむじハゲの主犯!


・つむじはげは男性型脱毛症の典型である


男性型脱毛症(AGA)は、二つの部位が薄くなり始めることになります。その部位は、生え際と頭頂部なのです。人によっては、生え際から薄くなり始める人もいます。またつむじ周辺から薄くなり始める人もいるのです。
薄くなり始めは違かったとしても最終的には、生え際と頭頂部の両方が薄くなります。そして生え際の薄毛と頭頂部の薄毛がつながってしまうわけです。

・なぜ男性型脱毛症が発症してしまうのか?


AGAの原因は遺伝です。生まれた時から将来的に男性型脱毛症になることが決まっているのです。
男性型脱毛症は、男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「5αリダクターゼ」が結合することによって生まれる「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって発症します。ジヒドロテストステロンが多く分泌されると、毛根の機能が阻害されてしまい薄毛になってしまうわけです。
問題は、そのジヒドロテストステロンの影響を受け易いのが生え際と頭頂部である、という部分です。ジヒドロテストステロンの影響をつむじ周辺の毛根は受けやすいので、かなり早い段階で薄毛が現れ始めるわけです。

ちなみに男性型脱毛症は遺伝性ということですが、テストステロン量が遺伝されて薄毛になるわけではありません。酵素の5αリダクターゼの活性度合いが遺伝されてしまうのです。
男性型脱毛症になる人は5αリダクターゼがテストステロンと結合しやすく、大量のジヒドロテストステロンが生み出されます。その結果、薄毛になってしまうわけです。

男性型脱毛症は遺伝がされていない人は発症することはありません。特にアジア人はその割合がヨーロッパなどと比べると低いとされていますが、アジア圏の中では日本は薄毛率は比較的高い、といった調査結果も出ています(アデランスの調査より(参考:http://style.nikkei.com/article/DGXBZO34395710Q1A830C1000000?channel=DF280120166607))

・男性型脱毛症は女性には発症しないのか?


実は男性型脱毛症の遺伝ですが、女性も受け継いでいます。そもそも女性の体を介して子供に男性型脱毛症が受け継がれているのです。
以外に思うかもしれませんが、子供の薄毛に父親は一切関係ありません。最も関係があるのが母親の父親です。母親の父親が薄毛であった場合は、高い確率で男性型脱毛症の遺伝がされていることになります。

では、女性に男性型脱毛症は発症するのでしょうか?つむじハゲは発症するのでしょうか?
この答えは極めて難しいです。確率としてはかなり低いのは確かなことです。前述したように、男性型脱毛症が発症するためには男性ホルモンのテストステロンがなければなりません。女性には男性の睾丸がないので、テストステロンなどの男性ホルモンはほとんどありません。ですから、理論上はジヒドロテストステロンが生み出されません。つむじハゲは発症しないと考えられるのです。

一方で、FAGA(女性男性型脱毛症)といった言葉もあるのも事実です。実は女性のホルモンバランスが乱れると女性ホイル門が減り、男性ホルモンの割合が増える、といった減少が起こってしまいます。その結果、男性のようにAGAが発症する可能性が指摘されているのです。
ちなみに女性に男性ホルモンを駐車するとFAGAが発症することがあります。女子スポーツ選手に対して、男性ホルモン系の薬物を注射したところ(ドーピング)、男性のように髪の毛が薄くなってしまった、といった事例も報告されています。

血行不良はつむじハゲの原因になる


・髪の毛の栄養不足もつむじハゲの原因


我々の髪の毛は血液によって生えてきています。要は、血液に髪の毛を作るための栄養が含まれているわけです。血行が悪い状態が続いてしまうと、髪の毛を作るための栄養が足りなくなってしまい、薄毛を促進させてしまう恐れもあるわけです。

特に部位的な問題もあります。つむじですが、我々の身体の中で最も高い部位になります。ですから血行不良になりやすい、といった特徴があるわけです。ちょっとした冷え性が発症している方であっても、頭頂部の血流が極めて悪化しているケースがあります。血行がよっぽど良い状態でなければ、つむじ周辺の血液の量は多くの方が少ない、と考えて間違いありません。

では、血液が不足してしまうと髪の毛はどのような影響を受けることになるのでしょう。まず注目してほしいのが毛母細胞や毛乳頭細胞です。それらの細胞は血液からビタミンやミネラル、そしてタンパク質やアミノ酸などを供給されて細胞分裂などを繰り返しているわけです。しかし、血液が減ればそれらの栄養素が減ります。栄養素が減ってしまえば、細胞自体が休眠状態に陥ってしまうわけです。髪の毛の生成がストップして短い毛しか生えてこなくなったり、細い毛ばかりになってしまいます。

・血行不良による薄毛の見た目について


血行不良による薄毛は一般的でもあります。男性型脱毛症とは違って、血行不良になれば誰にでも発症する可能性があるわけです。
血行不良は頭頂部だけに起こるのではありません。頭頂部に起こりやすいわけですが、頭皮全体の血流が悪化するケースがほとんどです。その結果、頭髪全体が細くなったりして地肌が少しずつ露出する、といった状態になるわけです。
びまん性脱毛症と呼ばれる薄毛の症状が発症してしまいます。

・血行不良が引き起こされる原因とは?


あまりにたくさんあるので、すべてを解説することは出来ません。こちらでは代表的な物をいくつか取り上げます。

【ストレスによってもたらされる血行不良】

ストレス過多の状態に陥っている方は、血行不良に陥りやすくなります。
ストレスの作用として、血管の収縮というものがあります。血管をすぼめてしまうので、血管に流れる血液の量が減ってしまうのです。

ストレスが高まっている状態が長い方は、血行不良による薄毛の症状が発症しやすくなるので注意しましょう。

【運動不足によってもたらされる血行不良】

血管は収縮と拡張を繰り返しています。
前述したように、ストレスには血管を収縮させる作用があるわけです。一方で、運動をしたときには血管を拡張します。全身に血液を送り込むために血管を拡張してたくさんの血液を全身に送らなければならないからです。

日常的に運動不足に陥っている方に関しては、血管を拡張される機会が少なくなります。いつも血管が収縮している状態になってしまい、血行不良の状態が普通になってしまうのです。

【睡眠不足によってもたらされる血行不良】

睡眠不足による血行不良はストレスと密接な関係性があります。
そもそもストレスというものは脳がリラックスすると解消される、といったメカニズムがあります。脳が最もリラックスするのが寝ているときなのです。

日常的に睡眠不足に陥っている方は、常時ストレスが高まっている状態になってしまいます。特に1日あたりの睡眠時間が5時間未満、という方は気をつけましょう。血行不良による薄毛が発症する可能性が出てきます。

【喫煙よってもたらされる血行不良】

タバコは百害あって一利なし、と言われていますが、髪の毛にとっても一緒です。
タバコに含まれている物質に「ニコチン」というものがあります。ニコチンには中毒性があり、ニコチンを摂取するためにタバコを摂取しているわけです。
そのニコチンには血管を収縮させる、といった作用があります。血管をすぼめてしまうので、血行不良の状態を招いてしまうわけです。

頭皮環境の悪化がつむじはげの原因になる


・髪の毛のための栄養が皮膚の維持に使われてしまう


頭皮環境が悪化してしまうと薄毛を招いてしまいます。特に頭皮は、皮脂腺が多くなり、【頭皮環境が悪化しやすい部位でもあるのです。

たとえば、皮脂が多く分泌されると頭皮に大量の菌が繁殖します。その菌お腹にはニキビ菌と知って知られているアクネ菌も含まれています。
菌が大量繁殖をすると、炎症が起きてしまったりフケが発生したり、痒みが発生したり、といったお肌トラブルが出てきてしまうのです。皮膚としてもそのままではいけないので修復をしようとしますが、修復をするためには栄養が必要です。そこで本来であれば髪の毛の生成に使われるべき栄養を横取りしてしまう容易な形になってしまうのです。

ちなみに指に炎症が発生すると爪が生えにくくなることがあります。それもまた皮膚の損傷の影響で、越目の栄養が横取りされてしまった典型例の一つです。
日常的に頭皮環境が悪化している、という方は薄毛になりやすいので注意しましょう。特にてっぺんに炎症などのお肌トラブルが起きやすい人はつむじはげになりやすいので、頭皮環境改善対策、というものが大切です。

・日焼けはつむじはげの原因になるのか?


つむじはげの原因になります。
頭皮は基本的には髪の毛によって守られているので日焼けがしにくい部位です。しかし、つむじ周辺はフサフサの人でも地肌が露出しています。ですから、頭皮が日焼けしやすい部位であることは間違いありません。

問題の日焼けですが、要は皮膚が火傷をしているのと一緒です。皮膚が火傷をしてしまうと、その状況を修復しなければなりません、栄養をいっぱい使うことになってしまうわけです。

また紫外線によって日焼けをすると皮膚が硬くなったり、皮脂が酸化したりことにもなります。てっぺんハゲで悩んでいるのであれば、日差しから頭皮を守る、ということも大事になってくるわけです。

・過度なヘアケアに寄る頭皮の損傷はつむじハゲの原因になるのか?


・パーマ
・カラーリング
・刺激の強いシャンプー


上記のものを利用している方は頭皮環境が悪化しやすいです。パーマやカラーリングに使われている溶剤にはアレルギーを発症させてしまうものもあります。刺激の強いシャンプーは洗浄力が強いあまり、必要不可欠な皮脂まで洗い流してしまうのです。

過度なヘアケアは薄毛の原因になります。つむじはげを招く恐れもあるので、パーマやカラーリングは間隔をあける、刺激の弱いシャンプー利用する、といった対策をたてましょう。