様々な薄毛治療のメリットとデメリットとは?

薄毛治療には幾つもの種類があります。それらの種類ごとにそれぞれの治療方法のメリットとデメリットがあるのです。

こちらでは様々な薄毛血リュオのそれぞれのメリットとデメリットに迫ります。

どんな薄毛にも100%効果を発揮するような治療方法はありません。だからこそ自分にマッチングしたものを選ばなければならないのです。
各治療方法をチェックした上で、自分に効果を発揮しやすいと思われるものを選びましょう。

薄毛治療のメリット・デメリット|睡眠対策について


・薄毛治療の睡眠対策についてのメリット


他の薄毛治療との相性が良い、といったメリットがあります。
睡眠対策による薄毛治療ですが1日あたり6時間から7時間の睡眠を取り、さらになるべく夜の10時から午前2時までに眠る、というものです。他の治療方法の効果を下げてしまうような恐れもありません。

睡眠対策ですが、ストレスを解消する、といった効果があります。ストレスには血行を阻害する作用があるので、睡眠対策には血行不良による薄毛を抑制させるような効果が期待できるわけです。

たとえば発毛剤のプロペシアを飲むような対策をしたとします。プロペシアには男性型脱毛症対策効果はありますが、血行を促進させるような効果はありません。だからこそ併用すると高い効果が得られる可能性が高まるわけです。
もちろん血行促進作用があるミノキシジルや育毛剤とともに睡眠対策を行ったとしても問題はありません。
要は安全性が高い、といったメリットもあるのです。副作用が現れるような心配もないのです。

・薄毛治療の睡眠対策についてのデメリット


高い効果は期待できません。
確かに睡眠不足による血行不良を解消させるような機能はあります。しかしミノキシジルのように強引に血管を拡張させるような機能はないのです。ですから初群の育毛効果や発毛効果は期待できません。
また即効性を期待することも出来ないのです。仮に睡眠だけで薄毛対策をしようとすると、結果が出るまでに数ヶ月ではなく数年かかってしまうかもしれません。
目に見えた効果を少しでも早く得たい、という方には適していないのです。

薄毛治療のメリット・デメリット|食事対策について


・薄毛治療の食事対策についてのメリット


髪の毛の成長スピードがアップする可能性があります。
頭皮環境が改善する可能性もあります。

薄毛になる原因として「栄養不足」というものも考えられるのです。髪の毛や頭皮に使われるべき栄養素が足りなくなってしまえば、当然髪の毛も劣化しますし頭皮も老化してしまいます。

髪の毛を作るためにはタンパク質やアミノ酸、注いてミネラルなどが必要になります。皮膚を作るのにタンパク質やビタミン、そしてミネラルが必要なのです。
ちなみに香辛料といった食材や酵素といったものには体を温めるような作用があります。身体が温まるということは血行が良くなるということでもあるので、髪の毛の成長スピードが早くなる、といったことも十分に考えられます。

特に偏食気味であることを辞任しており、薄毛でも悩んでいるという方には効果が出てくる可能性は十分に考えられます。

・薄毛治療の食事対策についてのデメリット


男性型脱毛症に対する効果は全くありません。
効果が得られにくい、といったデメリットもあります。

たしかに栄養不足で薄毛になっている方もいるのは事実です。しかしこれだけ飽食の時代に、栄養不足だけが原因で薄くいなっている、という方はほとんどいないのです。確かに偏食気味の人はいますが、ある程度は摂取しきれています。よほど少食の方でなければ、栄養不足が薄毛の主原因になるようなことはありません。

男性に対する効果が薄い、といったデメリットにも目を向けなければなりません。男性の薄毛の主原因は男性型脱毛症(AGA)です。しかしAGAは栄養不足で発症するものではありません。遺伝性のものであり、食品で対策をする、といいうのは極めて難しいのです。

AGAを発症している方は、食事対策を薄毛対策のメインに据えても効果が得られる可能性は極めて低いです。

※男性型脱毛症対策になる植物として知られているのがノコギリヤシです。たしかにノコギリヤシを食べれば男性型脱毛症対策にはなりますが、そもそもノコギリヤシが食卓に登るでしょうか。食べるような文化もないので、やはり食事対策でAGAを治すというのは難しいのです。

薄毛治療のメリット・デメリット|育毛剤について


・薄毛治療の育毛剤についてのメリット


総合的な育毛故意伺えられるのが最大のメリットです。

・血行促進作用
・男性型脱毛症改善作用
・頭皮環境改善作用


ほとんどの育毛剤には上記のような効果がある成分が配合されています。
そもそも薄毛になっている方は様々な薄毛の原因が隠れていることが多いのです。

たとえばAGAだけではなく、頭皮環境が悪化していることもあります。AGAだけではなく血行不良も影響して薄毛になっている可能性もあるわけです。

育毛剤であれば複数の薄毛に原因に対処可能です。一つの薄毛の原因だけではなく、幅広くカバーできるのが育毛剤の良いところなのです。

安全性が極めて高い、というところにも注目しましょう。基本的に天然成分が配合されているので、身体に対して大きな影響を与えることもありません。継続利用にも適しているのです。

・薄毛治療の育毛剤についてのデメリット


作用が緩やかであるところがデメリットです。
育毛剤は基本的に天然成分を配合しているので、体に対して大きな影響を与えることは出来ません。血管を拡張させる作用がある成分も配合されていますが、その作用は緩やかなのです。
効果がすぐに出る、ということも考えにくいです。ゆっくりと髪の毛が生えやすいような状態にしてくれるのが育毛剤です。

※育毛剤の中にもカロヤンガッシュのような「カルプロニウム塩化物水和物」(血行促進作用のある成分)という医薬系の成分が含まれているものもあります。ただし濃度が低くされているので、特に大きな副作用が発生するようなことはありません。

薄毛治療のメリット・デメリット|発毛剤(ミノキシジルとプロペシア)について


・薄毛治療の発毛剤についてのメリット


医学的にも発毛効果が証明されている、という部分が最大のメリットです。
医薬成分を配合しているので、かなり強い作用を持っています。全員に効果が現れるわけではありませんが、多くの方が発毛するのです。

ミノキシジルに関しては、血管を拡張する作用があります。塗布することで、その周辺の部位の血管が拡張します。そうすると血液が一気に流れ込んでいくわけです。
髪の毛を生成している毛母細胞などに栄養が一気に流れ込むことになるので、太くて健康的な髪の毛が生えやすくなります。さらに細胞も活性化して髪の毛の成長スピードが増す、ということも十分に考えられます。

プロペシアは5αリダクターゼの抑制作用があります。要は男性型脱毛症を抑制させる作用があるわけです。
男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって生み出されるジヒドロテストステロン(DHT)によって発症します。5αリダクターゼの働きが抑制されればそのジヒドロテストステロンは生み出されなくなり、男性型脱毛症が抑制されるわけです。

・薄毛治療の発毛剤についてのデメリット


医薬成分なので副作用があります。
そもそも髪の毛が生える、ということ自体が副作用でした。

ミノキシジルは降圧剤として開発されたわけですが、利用者の血圧を下げるとともに髪の毛が増えるといった作用が見られたのです。
プロペシアは前立腺肥大症を改善させるために開発されました。こちらも利用者の髪の毛が増える、といった作用が見られたわけです。要は予想していた効果以外の作用が現れてしまった医薬成分なのです。

ミノキシジルには血圧を下げる作用があるので、低血圧や動機や息切れといった副作用が起きる可能性があります。また頭皮の肌荒れなどが多く報告されている点も見逃せません。

プロペシアについては勃起不全(ED)や精子の減少、さらに精巣痛などの症状が現れる事もわかっています。性的な副作用があるのです。

※副作用が現れてしまった場合には即座に利用を中止してください。

薄毛治療のメリット・デメリット|HARG療法とメソセラピー


・薄毛治療のHARG療法とメソセラピーについてのメリット


発毛・育毛効果が現れる可能性が高い、といったメリットがあります。
HARG療法やメソセラピーに関しては、直接頭皮に育毛効果がある成分や発毛効果がある成分を打ち込んでいくのです。頭皮に塗ったり飲んだりするよりも効果が現れる可能性が高い、とされています。

HARG療法やメソセラピーでは成長因子やミノキシジル、さらにフィナステリド(プロペシア)といったものからミネラルやビタミンといった一般的な成分まで利用しています。
髪の毛が単に増えると言っただけではなく、頭皮環境が良くなった、といった声まで多くあるのです。

比較的幅広い発毛効果や育毛効果が現れる、といったメリットにも注目しましょう。

・薄毛治療のHARG療法とメソセラピーについてのデメリット


かなり高額な費用が発生します。
1回の施術で50,000円から100,000円前後かかってしまうのです。
全部で8回程度の施術を受けることになるので400,000円から800,000円程度の費用が発生する可能性があります。

施術は8回で終了ではありません。その後は年に1回程度施術を受けていくことになるので、継続的にそれなりの費用が発生してしまいます。

痛みを感じる可能性もあります。針を使って皮下に育毛・発毛成分を注入していくときには、一定の痛みを我慢しなければなりません。一方で最近ではノーニードルタイプ(ハリを使わない施術)も行われているので、痛みのデメリットは解消されつつあります。

効果については100%確約されているわけではありません。効果が現れないケースも実際に報告されているのです。大金を支払って効果が一切無ければ残念では済まされません。

薄毛治療のメリット・デメリット|植毛


・薄毛治療の植毛についてのメリット


効果が確実に現れるのが最も大きなメリットです。
人工毛植毛であれば、植毛した直後に効果が実感できます。
自毛植毛であったとしても、一定の定着率を達成できれば半年から1年程度で確実に効果が実感できるわけです。

確実性のある薄毛の治療をしたい、という方に植毛は向いています。

※自毛植毛であれば定着した毛は半永久的に生え続けます。

・薄毛治療の植毛についてのデメリット


費用が極めて高いです。
植毛する本数にもよりますが、100万円前後かかってきます。薄毛の範囲が広がればさらに100万円。また100万円とどんどん高額な費用が発生する可能性もあるのです。

自毛植毛の場合は植毛にも限度があります。10,000株程度が限度とされているのです。仮に前頭部から頭頂部にかけて広範囲に薄毛になってしまった場合には、植毛だけではカバーしきれません。

人工毛植毛の場合は副作用が発生する可能性が高い、といったデメリットもあります。頭痛が発生したり、頭皮が凸凹したりするような症状も確認されているのです。
また人工毛植毛は人体に異物である人工毛を植えるので、数年で全てが抜けてしまいます。維持するためには再度の植毛をしなければなりません。