様々な薄毛の原因について|遺伝やホルモン、食習慣など

自分がなぜ薄毛になっているのか、ということを深く理解しているでしょうか。中には、自分の薄毛の主原因を知らずに、「何も考えずに薄毛対策をしている」という方も多いのではありませんか。

自身の薄毛の原因も知らずに対策をしていても意味がない、ということも考えられます。実際に薄毛には様々な原因があり、その原因ごとに有効な対策方法があるわけです。もしも自らの薄毛の原因も知らずに、見当違いの対策をしていても意味はありません。

こちらではいくつかの薄毛の原因をお教えします。あなたの薄毛の原因になっているものが、紹介するものの中に含まれているかもしれませんよ。

遺伝による薄毛|男性型脱毛症(AGA)について


・男性の薄毛の主原因は遺伝


男性の中も様々な原因で薄毛になっているわけです。しかし、その80%から90%は男性型脱毛症と呼ばれているものです。
主に前頭部や頭頂部から薄毛の症状が始まり、最終的には前頭部から頭頂部まで禿げ上がってしまいます。側頭部と後頭部だけに髪の毛が残る、といった状態になってしまうわけです。

男性によく見られる薄毛の症状ですが、その原因は100%遺伝です。生活習慣でなるようなものではありません。食生活も全く関係ありません。生まれた時から将来的に男性型脱毛症になることが決まっていたのです。

・遺伝のその詳しい中身とは


注目してほしいのが、男性型脱毛症は「母方遺伝」である、という部分です。一般的には父親が薄いと子供も薄くなる、といった印象が強いでしょう。しかし、実際には父親の頭髪は全く関係ありません。男性型脱毛症はドイツのボン大学の研究チームが解明しているのですが、母親から子供に受け継がれていることが分かっています。

問題となっているのが、母親には男性型脱毛症は基本的には発症しない、という部分でしょう。確かに母親には男性型脱毛症は発症しません。それは女性だからです。

男性型脱毛症に関わっている物質には、男性ホルモンの「テストステロン」があります。テストステロンは男性の睾丸から分泌されますが、女性にはその睾丸がありません。女性にはほとんどテストステロンがないので、男性型脱毛症が発症しないだけなのです。仮に男性型脱毛症の遺伝をされている女性にテストステロンを投与すれば、AGAが発症する可能性は極めて高いです。

・どんな遺伝がされるのか?


男性ホルモンが大量に分泌される遺伝がされているのではありません。実はその男性ホルモンと結合する、酵素の5αリダクターゼと呼ばれる物質が活性化してしまう遺伝がされてしまっているのです。

男性型脱毛症には、テストステロンと5αリダクターゼの二つの物質が結合して生まれる「ジヒドロテストステロン」が関わっています。要はジヒドロテストロンが生み出されやすい遺伝がされた人が男性型脱毛症になってしまうわけです。

仮に男性ホルモンが多い方であったとしても、5αリダクターゼが活性化されていなければ薄毛にはなりません。男性ホルモンは、AGAとは直結していないのです。

女性ホルモンの減少による薄毛|女性の薄毛について


・更年期以降
・産後


女性の多くにやってくるのが上記の二つの時期です。
更年期障害は40代なかばくらいから数年から10年程度続くとされています。産後は子供を産んだ回数だけやってきます。
実は上記の時期は多くの女性の髪の毛が薄くなる時期でもあるのです。

更年期以降と産後に女性の髪の毛が薄くなる原因ですが、それは女性ホルモンの減少です。更年期がやってくると閉経準備に入り、実際に閉経へと向かうわけです。女性ホルモンの分泌も一気に少なくなります。
産後も女性ホルモンが一気に少なくなる時期です。妊娠中は女性ホルモンの量が多くなり出産へ向かうわけですが、子供が生まれてしまえばそれほど女性ホルモンは必要ありません。そこで自然現象として一気に女性ホルモンが減少してしまうわけです。

・なぜ女性ホルモンの減少が女性の薄毛に関わってくるのか?


女性ホルモンは髪の毛と密接に結びついているからです。
女性ホルモンには女性の体を維持するために必要不可欠なものですが、髪の毛にも大きく関係しています。

女性ホルモンと髪の毛の大きな関わり合いは以下の二点です。

・血行促進作用
・ヘアサイクルの成長期間を長くする


女性ホルモンが大量に分泌されることで、血管が一気に拡張されます。全身の血液の流れが良くなるわけです。頭皮にも血液がたっぷりと送られるようになり、髪の毛を作る細胞も活性化します。太くて健康的な髪の毛が生えてくるわけです。

もう一点注目したいのがヘアサイクルです。女性ホルモンには抜け毛を少なくする作用があります。髪の毛にはヘアサイクルといったものがあり、成長と脱毛を繰り返します。そのヘアサイクルに女性ホルモンは大きな影響を与えるのです。成長期間を伸ばして、脱毛までの間隔を伸ばす効果があります。
最もよく分かるのが妊娠中でしょう。妊娠中は女性ホルモンが最も高まる期間ですが、脱毛しにくくなります。その結果、妊娠中に髪の毛が増えた、と感じる女性が多いわけです。実際には髪の毛が増えたわけではなく、抜けなくなったので頭皮に生えている髪の毛の本数が多くなったから「増えた」と感じるのです。

更年期以降や産後が髪の毛に対して良い作用をしていた女性ホルモンが減ってしまうので、髪の毛が少なくなってしまいます。血行が悪くなり、髪の毛が細くなって地肌が露出していくわけです。さらにヘアサイクルの成長期間が短くなってしまうことで、脱毛している毛が多くなり、さらに薄く感じるようになってしまうのです。

産後に関してはやってくる人もいれば、やってこない人もいます。一方で、生きていれば女性の誰にでも更年期はやってきてしまうわけです。女性にもいずれは薄毛になる時期が来る可能性は極めて高いのです。

食生活を原因とする薄毛|栄養と暴飲暴食


・栄養不足によって薄毛になる可能性あり


髪の毛は勝手に生えてくるのではありません。体内に摂り込んだ栄養素を血液が毛母細胞に運ぶことで生えてくるのです。要は栄養不足のような状態になってしまえば、髪の毛が生えてこなくなる、といった可能性も出てきてしまいます。

髪の毛の成分が、そのほとんどがケラチンと呼ばれるタンパク質です。ですからタンパク質不足になってしまうと原料不足になってしまい、薄毛になることもあるのです。
もちろんタンパク質だけでは髪の毛は生成されません。生成するときに大きく関わってくるのがアミノ酸です。アミノ酸には必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。非必須アミノ酸は体内で作り出されるのですが、必須アミノ酸は食品などで摂取しなければなりません。
また亜鉛も髪の毛の生成に必須とされています。

他にも髪の毛の健康には頭皮も大きく関わっています。頭皮を健康にするためには、ビタミンやミネラルも必要になってくるわけです。

栄養不足を起こさないように、バランスの良い食生活を心がけることが極めて重要です。

・暴飲暴食によって薄毛になる可能性あり


お肉料理ばかりを食べていたり、お菓子ばかりを食べていると薄毛になることがあります。
肉に含まれている脂質や甘いものに含まれている糖分などが体に対して悪い影響を与えてしまうのです。

特に注意してほしいのが皮脂の大量分泌、というものです。肉や甘いものを食べると、どうしても皮脂腺が活性化してしまいます。身体に摂り込んだ脂や油を積極的に排出しよう、とするわけです。

皮脂が大量に分泌されてしまうと、頭皮に皮脂を餌とする菌が大量繁殖してしまいます。頭皮環境が著しく悪化するおそれもあるので、髪の毛が生えにくい環境になってしまうわけです。

アルコールの大量摂取にも注意しましょう。アルコールにも皮脂の分泌量を増やす、といったデメリットが有るのです。アルコールの場合は適量であれば血行促進作用もあるので身体には良い部分もあるのですが、飲みすぎると肝臓にも影響をあたえるので、血液の質も悪化してしまいます。

頭皮がいつもオイリーである、という方は食事が影響している可能性もあるので注意してください。

円形状の薄毛(円形脱毛症)の原因


・ホルモンも食生活も関係していない!その原因とは?


円形脱毛症は免疫システムの疾患が大きく関わっています。
我々の身体には免疫システムがあり、身体に異物が入ってくるとそれを排除しようとします。たとえばウイルスや菌が入ってくれば熱を発して、それらのウイルスや菌を駆逐しようとするわけです。
風邪を引いたときに熱が出るメカニズムは、まさにその免疫システムによるものです。

円形脱毛症は自分のものである髪の毛を異物と判断してしまうのです。ですから免疫システムが髪の毛(毛根)を攻撃して脱毛へと至らしめてしまいます。

問題はなぜ免疫システムに不具合が生じてしまうのか、というところでしょう。

・アトピーや精神的ストレス


円形脱毛症に深く関係しているとされているのが、アトピーです。

・アトピー性皮膚炎
・気管支炎
・アレルギー性鼻炎


以上のいずれかになっている方が円形脱毛症を発症している、というケースが極めて高いのです。
円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因を持つ、といったこともいわれています(「円形脱毛症.com」の「発症の原因」(https://www.enkei-datsumou.com/enkei/genin/)より)。

また本人にアトピー素因がなかったとしても、家族にアトピー素因がある場合には発症する確率が高い、ということも分かっています。

精神的ストレスも円形脱毛症を発症させる原因とされています。精神的ストレスを受けると、我々の体内では交感神経が活発に働くのです。交感神経はストレスと戦ってくれる大事な存在ですが、問題はストレスが強すぎた場合です。交感神経に問題が起こり、血管が収縮するなど全身に対して大きな影響を与えてしまうのです。
毛根への栄養も遮断してしまいますし、免疫システムにも影響を与えて円形脱毛症を発症させてしまいます。

・遺伝による円形脱毛症にも注目


中国で実施された調査によって見えてのが、遺伝と円形脱毛症の関係性です。
円形脱毛症患者の約8%に、円形脱毛症の家族がいる、ということが分かってきたのです。
中国だけではなく欧米でも同様の調査が実施され、やはり遺伝的に近い人に円形脱毛症があると本人にも発症する可能性が高い、ということが分かりました。

円形脱毛症は100%ではないにしても、高い確率で遺伝される可能性があるのです。

ストレスによる薄毛|なぜストレスで薄くなるのか?


・ストレスによって薄毛になるメカニズム


ストレスが高まると、血管が収縮します。血管が収縮する、ということは頭皮に流れる血液量が減ってしまう、ということなのです。
毛母細胞に送られる血液量が少なくなってしまうので、髪の毛が成長しきらずに抜けてしまいます。また生えてきたとしても栄養が少ないので、髪の毛が細くなって地肌が露出してしまうのです。

問題は、ストレスはどのようにして生み出されるのか、という部分です。

・精神的ストレス、身体的ストレスについて


精神的ストレスは嫌なことやショックな事が会ったときに発生します。
身体的ストレスは激しい運動をしたときなど、身体に大きな負荷をかけたときに発生します。

それらのストレスですが、一般的な生活をしていれば基本的には解消されます。ストレスは眠ることで解消されているのです。
寝ている時は脳がリラックス状態になります。ストレスは脳がリラックス状態になると解消する、といったメカニズムになっているわけです。

ただし睡眠不足が続いてしまうと、ストレスが解消されません。残り続けてしまうので、体に対して大きな影響を与え続けることになってしまうのです。

「ストレスによる薄毛の原因が睡眠不足だった」といった事例もすくなくありません。

牽引性脱毛症の原因|髪型に注意しよう


・いつも同じ髪型にしている人は要注意


・分け目が薄くなっている
・生え際が薄くなっている


上記に該当している方は牽引性脱毛症かもしれません。
いつも同じ髪型をしていると、毛根が一方方向にいつも負荷を受けているような状態です。

極端な話をすれば、オールバックの方は生え際の毛根が後ろ側に引っ張られているわけです。毛根がずっと引っ張られているので、徐々に弱くなってしまいます。
センター分けをし続けている人は、左右に毛が引っ張られています。こちらもやはり毛根が弱ってきてしまうわけです。

特に注意したいのが女性です。女性の場合は、ゴムなどで髪の毛を縛っているのではありませんか。ゴムなどで髪の毛を縛ると、毛根どころか頭皮までピンと張りつめたような状態になってしまいます。牽引性脱毛症が発症しやすくなるので気をつけてください。

たとえば家から返ってきたらゴムを外したり、髪型を崩したり、といったことを行うのも有効です。

※相撲取りはずっと髷(マゲ)を結っており、しかも縛っています。彼らは長年その髪型にしているので、毛根が後ろを向いてしまっています。引退した相撲取りの多くは下ろすような髪型ではなく、オールバックにしたり髪の毛を短くしてつんつん立てているような状態にしたりしています。髷を結って毛根に負荷を与え続けてていたので、そういった髪型にしかできなくなってしまうわけです。ずっと同じ髪型にしていると、毛根自体が大きな影響を受けるという事例の一つです。