最新!はげを防止する方法を徹底解説|これであなたの薄毛も治る!?

年齢が高くなるにつれて、どんどんと髪の毛が薄くなってしまいます。10代や20代の頃のようにフサフサの状態を30代や40代、そして50代まで維持し続ける、というのは簡単なことではありません。

だからといって諦めることは出来ません。髪の毛が薄くなると、とたんに年齢を感じさせてしまうものだからです。いつまでも若々しくありたい、と思うものですよね。

こちらでははげを防止する方法についてお教えします。中にはお金がかからない方法もあるので、行ってみたいうものがあったらぜひ実践してくださいね。もちろん薄毛になっている方だけではなく、今度禿になるようなことを予防していきたい、という方も必見ですよ。

はげの防止方法|紫外線から頭皮を守る


・どのような方法なのか?


頭皮を紫外線にさらさないようにします。
たとえば帽子をかぶったり日傘をさしたり、という方法です。とても簡単な方法であり、中には帽子が好き、という方も多いのではありませんか。ちょっとしたオシャレアイテムにもなるものなので日常生活にうまく組み込んでいくことが出来るはずです。

・なぜ頭皮を紫外線から守ることがはげの防止につながるのか?


紫外線によって頭皮が傷んでしまうからです。
紫外線が皮膚に当たると日焼けというものをしてしまいますよね。日焼けですが、要はお肌がやけどをしているような状態です。火照ってしまうので「炎症を起こしている」といっても過言ではありません。

そもそもひどい日焼けをしてしまうと、皮が剥けてしまうでしょう。お肌に対して大きな損傷を与えてしまうわけです。
頭皮は基本的には髪の毛によって守られているのですが、分け目から紫外線が入り込んできます。さらに年齢が高くなり髪の毛の1本1本が薄くなると、地肌の露出が増え紫外線がどんどんと頭皮に降り注ぐような状況になってしまうわけです。

帽子をかぶったり日傘をさしたりして頭皮を紫外線から守ることで、頭皮の状態が維持できるようになります。肌トラブルを抑制できるわけです。
健やかな髪の成長には頭皮の健康が欠かせません。特に紫外線の厳しい季節は、帽子や日傘を愛用する、ということが育毛につながるのです。

・どの季節に頭皮の紫外線対策をすべきか?


なるだけ行っていれば良い、と思っている方も多いかもしれません。しかし実は春が最も紫外線がきつい季節、とも言われているのです。
まだ涼しい日もある4月や5月であっても強い紫外線が降り注いでいる日があるので、なるべく早い時期から帽子や日傘を利用してください。

究極的な話をすると、1年中紫外線は出ているわけです。ですから昼間に外出する機会がある場合には帽子や日傘を持ち歩く、ということは考えておいて損はありません。

・帽子をかぶると蒸れるので逆効果なのでは?


紫外線のほうが頭皮に対して圧倒的に悪影響をおよぼすので、蒸れについてはそれほど気にしないでください。
確かに帽子をかぶると、頭皮の汗などが蒸発せずにその場にとどまり続けます。その汗の影響で菌が多く繁殖してしまう恐れもあるのです。しかし帽子は1日中かぶっているわけではありませんよね。建物に入ったら脱ぐわけです。寝るときだってかぶっているわけではありません。菌が多く繁殖する時間帯も限定的なので、それほど悪影響は及ぼさない、とされているのです。

実際に皮膚の専門家の中には、「防止による頭皮環境の悪化は1日中帽子をかぶり続けているような状況でなければ問題なし」と明言している方もいます。帽子の群れを気にして帽子を避けるようなことをしていると、かえってはげに近づいてしまうおそれもあるので注意しましょう。

はげの防止方法|毛根に負担をかける髪型をしない


・どのような方法なのか?


頭皮が引っ張られるようなイメージの髪型を避ける、ということです。
毛根が引っ張られるような髪型をし続けてしまうと、毛根が弱ってしまいます。結果的に髪の毛が抜けややすくなってしまうわけです。

実は毛根に負担がかかるような髪型を長期的にしている結果として脱毛が起こってしまうことを「牽引性脱毛症」と読んでいるのです。ネーミングがあるほどのはげの原因になるような髪型は避けましょう。

・具体的にどのような髪型が危険なのか?


・オールバック・・・生え際の髪の毛が抜けやすくなってしまう
・いつも同じところに分け目を作っている・・・分け目周辺の髪の毛が抜けやすくなってしまう
・髪の毛をゴムで縛っている・・・生え際や分け目の毛が抜けやすくなってしまう


上記のような髪型をずっとし続けている方は注意してください。毛根がいつも同じ方向に引っ張られている状態になっているはずです。徐々に毛根が弱くなり髪の毛がスルスルと抜けてしまうようになります。何度も何度も抜けてしまうと、徐々に髪の毛が弱々しくなり、長く成長しきらずに抜けてしまうような状況も十分に考えられるわけです。

・どのような対策をすべきなのか?


何もオールバックにしたり分け目を作ったりゴムで縛ったりしてはいけない、と言っているわけではありません。要は適度に毛根の負担を解消させてやることが重要なのです。

たとえばゴムで髪の毛を縛っている方は、家に帰ってきたらそのゴムを外せばよいわけです。外出しているときだけの利用であれば毛根への負担も限定的になります。

オールバックにしている方も、たとえば寝る時にはオールバックにせずに自然な髪の毛の流れに任せた髪型にするだけでも負担は大きく軽減します。

いつも同じところに分け目を作っている方は、時々分け目の位置を変える、という対策方法もあります。いつもセンター分けをしている方は6:4分けにしてみるのも良いでしょう。今日はセンター分け、明日は右の6:4分け、明後日は左の6:4分けといったことにするのもおすすめですよ。

はげの防止方法|カラーリングやパーマを控える


・どのような方法なのか?


パラーリングやパーマを高頻度で行ってしまうのが問題なのです。ですからカラーリングやパーマの頻度を少なくする、という対策をすべきです。

・ヘアカラーの最適な頻度・・・2ヶ月に1回程度
・パーマの最適な頻度・・・3ヶ月から4ヶ月に1回程度


ヘアカラーについては、高頻度な方は1ヶ月弱に1回のペースで行ってしまっている方もいます。確かに1ヶ月で1センチ程度は髪の毛は伸びるので、根本が黒くなってしまいますよね。気持ちはわかりますが、1ヶ月に1回だとハゲの原因になってしまうおそれもあるので気をつけてください。

パーマに関しては種類によってはかなり高頻度でしなければすぐにもとに戻ってしまうこともあります。だからといって1ヶ月屋2ヶ月に1回のような高頻度で行ってしまうとはげてしまうかもしれません。
ちなみにパーマに関してはデジタルパーマがおすすめです。デジタルパーマであれば、6ヶ月程度は持つ仕様となっているのです。パーマの頻度を引き下げることが出来るので、どうしてもパーマをしたいという場合には、デジタルパーマを利用しましょう。

・なぜカラーリングやパーマをするとはげてしまうのか?


頭皮環境を悪化させる恐れがあるからです。
パーマに使う溶剤もカラーリングに使う溶剤も非常に刺激が強いものです。仮に頭皮についてしまうようなことがあれば、炎症を引き起こしてしまう可能性も捨てきれません。
さらにアレルギーを発生させてしまうこともあるのです。パーマやカラーリングをする度にアレルギーを発生させてしまうような状況はなんとか避けなければなりません。

パーマやカラーリングと相性が悪い、という方もいます。
カラーリングに関しては、植物由来であるヘアを利用する、という方法もあります。植物系の染料なので、頭皮を痛めてしまう可能性が極めて少ないのです。安心して利用できる、といったメリットがあります。

・白髪染めにも注意しよう


年齢が高くなると、白髪がチラホラと出始めます。30代の時はほとんどなくても、40代や50代になるとかなり増えてくるわけです。

白髪染めを実施している方ははげる可能性があるので注意しましょう。白髪染めも頭皮や髪の毛に対して悪影響を及ぼす可能性が少なからずあるのです。

白髪染めの多くに配合されている成分に「ジアミン」というものがあります。ジアミンには皮膚炎を発生させる恐れや失明、さらにはがんや腎障害を引き起こす可能性があります。もちろん飲むわけではないので、体内に副作用が発生する恐れは少ないのですが皮膚炎の発生率はかなり高いわけです。継続的に利用してしまうと、頭皮が敏感肌のような状態になってしまうかもしれません。

白髪染めの利用頻度にも気をつけましょう。できれば2ヶ月程度に1回のペースがおすすめです。

はげの防止方法|バランスの良い食生活を心がける


・どのような方法なのか?


・暴飲暴食をしない
・各種栄養素を適量摂取する
・過度なダイエットをしない


上記のようなことが「育毛に即したバランスの良い食生活」といえます。
髪の毛には食事が大きく関わっていることは間違いありません。そもそも髪の毛は摂取した栄養を元に生成されているのです。何もしないで勝手に生えてきているわけではありません。
栄養不足になってしまえば、髪の毛の成長が鈍化することもあります。髪の毛が細くなってしまい、ツヤやコシがなくなって地肌が露出してしまう可能性だってあるわけです。

・なぜ暴飲暴食がダメなのか?


・血管の状態が悪くなる
・皮脂が増える可能性あり


栄養をたっぷりと摂取すれば良いと思って食べすぎてしまうのもご法度です。はげを招くことにもなりかねません。
暴飲暴食をすると血管に負担が与えられてしまうのです。動脈硬化が発生してしまったり、高血圧になってしまったりする可能性もあります。

動脈硬化や高血圧になってしまえば、血液の流れというものが悪くなってしまいます。髪の毛は血液によって栄養が毛乳頭細胞や毛母細胞に送られることで生えています。しかし血の巡りが悪くなってしまえば、当然それらの細胞に栄養が足らなくなってしまうわけです。血管の健康を守るためにも、バランスの良い食生活を維持していくべきなのです。

もう一つ注意してほしいのが暴飲暴食による皮脂の分泌量のアップです。
暴飲暴食ということですが、アルコールの大量摂取やお肉の大量摂取、さらにスナック菓子などのお菓子の大量摂取があるでしょう。それらの摂取に共通するのが皮脂腺の活性化なのです。
脂や油を大量に摂取すると、我々の身体は不必要なものが大量に入ってくるので体外に排出しようとします。その排出器官の一つとして皮脂腺が選択されてしまうのです。特に頭皮にはたくさんの皮脂腺があり、暴飲暴食を行ってしまえば皮脂が大量に分泌されてしまいます。
頭皮に皮脂が大量に出てくると、その皮脂を分解して繁殖している菌が大量に増えてしまうわけです。大量の金が発生すると皮膚は負担を感じます。結果的には炎症が起きてしまったり、痒みが生じてしまったり、フケが発生してしまったりといった状態になります。もちろん頭皮環境の悪化は、髪の毛の成長が阻害されて薄毛になる確率が格段にアップするので注意しましょう。

・過度なダイエットがだめな理由


栄養素が足りなくなれば、髪の毛の成長に問題が生じてしまうからです。
ダイエットで摂取が減らされてしまう成分の一つにタンパク質があります。タンパク質はお肉などに大量に含まれているのですが、ダイエット中は低カロリーを心がけるのでお肉を食べなくなることが多いでしょう。
そもそもタンパク質は髪の毛の主成分です。髪の毛の99%はケラチンと呼ばれているタンパク質であり、主体となっているものです。タンパク質は他にも筋肉や皮膚など様々なものに利用されています。摂取量が足りなくなってしまえば、髪の毛だけではなく体全体に影響が出てくるわけです。

ダイエットをする場合には、多少炭水化物を減らす程度にとどめ、あとは体を動かして消費カロリーをアップさせるのがおすすめですよ。ちなみにダイエットをして体型を維持していく、ということははげ対策にもなります。そもそもメタボリックシンドロームになると高血圧になってしまうケースが多いわけです、前述したように高血圧ははげに関連してくるので、体型維持のためのダイエットは行って問題ありません。

・はげ防止におすすめの食事とは


大豆製品の摂取がおすすめです。たとえば「豆腐」であったり「納豆」であったり「枝豆」や「豆乳」もよいです。
そもそも大豆にはタンパク質がたっぷりと配合されているわけです。しかもタンパク質が配合されている割には低カロリーなので、体に悪い影響を与えにくいヘルシーな食材といえます。
1日あたり1回は大豆食品を摂取しましょう。特に栄養不足による薄毛に陥っている方には有効ですよ。

牡蠣などの海の幸の摂取もおすすめです。海の幸には亜鉛が多く含まれています。実は亜鉛には髪の毛の主成分であるケラチンを生成するのに関わっているのです。亜鉛不足になるとタンパク質を摂取してもうまく髪の毛が作られない状態になってしまうので、ハゲを防止するためにはタンパク質とともに亜鉛がたっぷりはいった食材を摂取しましょう。
ちなみに亜鉛は海の幸以外にも牛肉や豚レバーにも多く含まれています。

食黄色野菜の摂取の重視してください。緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAには頭皮管渠意宇を改善させる作用があります。頭皮などの新陳代謝に含まれるビタミンB群も多く配合されているのです。
ちなみに油で炒めるとビタミンの吸収率がアップするので、野菜の炒め物を毎日食べる、といったことも立派な薄毛予防対策になります。