抜け毛予防シャンプーの種類との特徴とは?

抜け毛予防シャンプーですが、一般的には「育毛シャンプー(スカルプシャンプー)」と呼ばれています。
こちらではどのような抜け毛予防シャンプーがあるのか。さらにそれぞれの特徴にせまります。

薄毛で悩んでいる方の多くはシャンプー対策で髪の毛を生やそう、といったことを考えています。しかし実際には簡単なものではありません。抜け毛予防シャンプーにも幾つもの種類があるので、選択を誤ってしまうと逆効果になってしまうおそれもあるのです。

自身にマッチングするシャンプーを選択するためにも、抜け毛予防のシャンプーとその種類について詳しくお話します。

抜け毛予防シャンプーの種類は3つ!


育毛シャンプーの種類ですが、3つあります。それぞれの特徴は大きく異なっています。

・アルコール系のシャンプー
・石鹸系のシャンプー
・アミノ酸系のシャンプー


上記のシャンプーがあるわけです。

こちらではそれぞれのシャンプーの特徴を詳しく解説していきます。

・アルコール系シャンプーの特徴とは?


オーソドックスなタイプのシャンプーであり、実際に多く販売されているものです。ドラッグストアやスーパーで販売されているシャンプーの大半がアルコール系のシャンプーに属しています。

アルコール系のシャンプーは石油系の界面活性剤を洗浄成分として用いています。非常に泡立ちが良いことでも知られており、洗浄力が極めて高いのです。

【アルコール系シャンプーの洗浄成分例】

・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウリル硫酸ナトリウム〇〇○系
・ラウレス硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸ナトリウム〇〇○系など

アルコール系シャンプーは、頭皮の皮脂をしっかりと除去する、といった特徴があります。汚れも取り去ってくれるのでシャンプーをした直後は、頭皮がかなりきれいになっているのです。脂性肌の方からは圧倒的な支持を得ています。

ただし大きな問題があることも事実です。専門家の中にはアルコール系のシャンプーは育毛シャンプーとしては適していない、という声もあるのです。その理由として洗浄力が高すぎる、というものがあります。頭皮の皮脂は皮膚に対して問題を起こすこともあります。皮脂が多くあることで大量に菌が繁殖してしまうのです。しかし全くなくなってしまうのも問題です。頭皮の乾燥が加速してしまう恐れがあるので、頭皮環境が帰って悪化してしまうのです。
もう一点注意すべきは乾燥による脂性肌の発生です。アルコール系シャンプーを利用することで頭皮からひしがなくなり乾燥状態になります。皮脂腺jンは乾燥状態になった皮膚をなんとかして守ろうとします。そこで皮脂腺を活性化して、皮脂を大量に分泌させてしまうのです。
せっかくシャンプーで頭皮を綺麗にしたのに、1時間も経たないうちに頭皮がベトベトして育毛に適さない状態を招いてしまうわけです。

アルコールシャンプーは刺激性もあるので、敏感肌である、という方の利用もおすすめできません。頭皮環境が悪化しやすい方は、アルコールシャンプー以外の育毛シャンプーを利用しましょう。

・石鹸系のシャンプーの特徴とは?


体を洗う石鹸と同じ洗浄成分を利用しているのが石鹸シャンプーです。極めて洗浄力が強い、といった特徴があります。
石鹸のペーハーはアルカリ性です。頭皮のペーハーは弱酸性なので、アルカリ性の石鹸系の洗浄成分が触れると毛穴が開く、といった性質があります。毛穴の中にある汚れや皮脂などがきれいに洗い流されるので、石鹸シャンプーは洗浄力が極めて高いのです。

石鹸系のシャンプーの最大のメリットは安全性の高さです。赤ちゃんが利用するシャンプーに関しても石鹸系の成分が利用されています。
石油系の一般的なシャンプーを利用すると頭皮が真っ赤に炎症を起こしてしまう、という方でも石鹸シャンプーであれば頭皮に問題が起こらない、という事例があるのです(落語家でお笑いタレントでもある笑福亭笑瓶さんは石鹸シャンプーに変えて頭皮の状態が良好になった、といったことをテレビ番組で述べていました)。

石鹸系のシャンプーですが、基本的にネーミングに「〇〇石鹸シャンプー」や「石鹸〇〇シャンプー」など入っているので判別しやすいです。もちろん成分から石鹸シャンプーを見分けることも可能です。

【石鹸系シャンプーの洗浄成分】

・カリ石鹸素地
・ラウリン酸K
・オレイン酸K
・ミリスチンKなど

石鹸シャンプーですが、デメリットがないわけではありません。幾つかの注意点があります。

まず注目すべきは乾燥を招く、というものです。前述したようにアルカリ性のペーハーによって、毛穴が開いてしまいます。毛穴の中には汚れなども詰まっているのですが、皮膚の保湿の役割をしている皮脂もあるのです。その皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥肌を招く恐れがあります。

もう一つ注目すべきは髪の毛の痛みを招く、というものです。石鹸は安全性の高い成分なので、頭皮に対しては刺激を与えるようなことはほとんどありません。しかし髪の毛についてはマイナスの作用をもたらしてしまいます。そもそも石鹸系のシャンプーを利用すると髪の毛がごわつきませんか?それはアルカリ性がもたらすデメリットの一つでもあります。
髪の毛がアルカリ性のものに触れると髪の毛が膨潤します。髪の毛の内部にあるような栄養分が髪の毛の外に出てしまうわけです。さらに髪の毛の内部にある油分が乳化して出てきてしまいます。
髪の毛がぱさぱさになってしまい、まとまりがなくなりクシなどでセットしようにも毛根を引っ張ってしまって抜け毛を増やしてしまいかねません。

※アルカリ性による髪の毛への影響については「綺麗のミカタ」の「なぜアルカリ性だと髪の毛は傷むのか?」(http://bello.red/alkali-damage/2015/09/19/)を参考にしました。

・アミノ酸系のシャンプーの特徴とは?


抜け毛予防シャンプーをして利用されているケースが極めて多いタイプです。アミノ酸系の洗浄成分が利用されており、お肌に非常に優しい、といった特徴を持っています。

アミノ酸系の洗浄成分のペーハーは弱酸性です。お肌も弱酸性のペーハーなので、弱酸性のものを弱酸性のもので洗う、ということになります。頭皮に対して刺激を与えることもありません。皮脂を取りすぎてしまうようなこともないのです。
要はお肌の上にある皮脂や汚れなどは取り除けますが、毛穴の奥にあるような皮脂は残存します。その結果、頭皮の潤いが維持される、というわけです。

さらに注目をしてほしいのが髪の毛に対する作用です。アミノ酸系の洗浄成分は陰イオンと言われるものです。

※陰イオンとは・・・マイナスイオンのこと

陰イオンで髪の毛を洗浄すると保湿成分が髪の毛やお肌に吸着しやすい、といった特徴があるのです。頭皮の保湿も出来るようになりますし、髪の毛の潤いも確保できます。
アミノ酸系のシャンプーで髪の毛を洗うとリンスがいらない、といった事をよく聞きます。実はアミノ酸系シャンプーの洗浄成分の陰イオンによって髪の毛が保湿されているからこそ、リンスが不必要になるのです。

アミノ酸系シャンプーはネーミングで見抜くのは難しいかもしれません。洗浄成分で判別していきましょう。

【アミノ酸系シャンプーの洗浄成分例】

・ラウロイルサルコシンTEA
・ラウロイルアスパラギン酸Na
・ラウロイルシルクアミノ酸Na
・ラウロイルシルクアミノ酸k
・ココイルグルタミン酸TEA
・ココイルアラニンNa
・ココイル加水分解コラーゲンNa
・コカミドプロピルベタイン
・ラウラミドプロピルベタイン
・ココイルメチルタウリンNa
・ラウロイルメチルタウリンNa
・ココイルメチルタウリンタウリンなど

抜け毛予防シャンプーとして完璧に聞こえるアミノ酸系シャンプーですが、デメリットがないわけではありません。
たとえば泡立ちの悪さがあります。人によっては洗髪した気にならない、というケースが出てきているのです。実際に洗浄力はそれほど強くはないので、頭皮をさっぱりさせたい、といった方の希望には応えられないこともあります。

ちなみに最近では泡立ちを改良しているアミノ酸系シャンプーも出てきました。たとえば洗浄成分が「ベタイン」系のものと(コカミドプロピルベタインやラウラミドプロピルベタインなど)タウリン系(ココイルメチルタウリンNaやラウロイルメチルタウリンNaなど)を組み合わせたものは泡立ちが良いとして注目されています。

洗浄力が弱いことで、ワックスやジェルなどが残って髪の毛に負担をかけてしまうおそれもあります。ワックスやジェルなどを日常的に利用している方には物足りないシャンプーです。

頭皮の状態から抜け毛予防シャンプーを選ぶことも重要


・脂性肌の人


・石鹸系シャンプー
・アルコール系シャンプー


脂性肌の方は、頭皮にたくさんの皮脂があります。皮脂が残存してしまうと、それを餌としているアクネ菌などの雑菌がどんどん繁殖してしまうのです。結果として、お肌に負担をかけてしまいかねません。

脂性肌の方はとにかく1日に1回は皮脂を洗い流す必要があります。そこで石鹸系のシャンプーとアルコール系のシャンプーの出番となります。双方のシャンプーは極めて洗浄力が強いので頭皮にある皮脂をしっかり洗い流してくれます。皮脂がなくなれば頭皮に菌が繁殖しにくくなり、頭皮環境が改善するわけです。

ただし前述したように乾燥肌が脂性肌を招くおそれもあります。まずはアミノ酸系シャンプーを試してみましょう。アミノ酸系のシャンプーを2週間程度利用しても脂性肌のままであったなら、もともと皮脂が出やすい体質なのです。アルコールシャンプーや石鹸シャンプーの出番となります。

ちなみに脂性肌は男性に圧倒的に多いです。男性は男性ホルモンの影響で皮脂が出やすい体質となっているのです。女性と比較して約3倍もの皮脂が出ています。

・乾燥肌の人


・アミノ酸系シャンプー


乾燥肌の人は頭皮を保湿することが大切です。保湿するためには洗浄力が制限されており、さらにマイナスイオンの影響で頭皮や髪の毛を保湿してくれるアミノ酸系のシャンプーの出番となるのです。

乾燥肌は女性に圧倒的に多いです。また冬のような乾燥している季節だけ頭皮が乾燥してしまう、という方もいます。冬の時期だけアミノ酸系の抜け毛予防シャンプーを利用する、といったこともおすすめです。

・敏感肌の人


・石鹸シャンプー
・アミノ酸シャンプー


石鹸シャンプーに関してはアレルギー体質の人に向いています。アレルギーが発生しにくいので、炎症などが発生しにくい、といった特徴があります。

アミノ酸シャンプーはそもそも洗浄力が弱いです。頭皮に対する刺激はほとんどないので、敏感肌の方でも安心して利用できます。

※刺激が少ないシャンプーであったとしても洗浄成分には変わりはないので、洗髪後はしっかりと洗い流しましょう。頭皮にシャンプー剤が残存すると、炎症など頭皮トラブルの原因になってしまいます。

最も抜け毛予防シャンプーとしておすすめなのは?


・アミノ酸系シャンプーがおすすめ!


頭皮環境の改善で元も重要とされているのが保湿です。頭皮は保湿されることで、刺激に対抗できるようになります。保湿されると炎症やフケ、そして痒みなどが発生しにくくなり髪の毛が成長しやすくなるのです。

薄毛の対策をしたいという方、薄毛を予防していきたいという方はアミノ酸系シャンプーを利用しましょう。

・アミノ酸系シャンプーの価格に注意しよう


シャンプーは毎日するものです。そこで注目すべきはその価格です。
アミノ酸系シャンプーはかなり高額なものが多いです。3,000円から4,000円程度してしまうものもあります。中には5,000円から10,000円ほどしてしまうものもあります。

石鹸シャンプーやアルコールシャンプーは1本あたり数百円のものもあるので、価格に10倍もの差があるわけです。

ちなみに定期購入ができるアミノ酸系シャンプーもあります。定期購入をすると1本あたりの価格が10%OFFになったり20%OFFになったりすることもあるのでおすすめです。