Deeper 3Dの特徴

新感覚育毛剤として話題になっているのが「Deeper 3D」です。まだあまり知られていないのですが、大きな特徴が幾つもあります。そして実際に成果を上げているのです!

ここでは、Deeper 3Dの特徴について詳しく解説します。育毛剤選びで頭を悩ましている方は、ぜひ、注目して下さい。

Deeper 3Dに含まれている注目成分を紹介!

・キャピキシルについて

あの医薬発毛成分のミノキシジルの3倍もの育毛効果が期待できる、といったことが発表されている成分がキャピシルです。なんと、発毛剤よりも育毛効果が期待されている成分なのです!

キャピキシル、といったネーミングで少し警戒感を持ってしまう方もいるかも知れません。ちょっと化学的な成分の感じがしてしまいますよね。副作用を気にされる方もいらっしゃるかも知れません。

【キャピキシルの成分】
・アカツメクサ
・アセチルテトラペプチド-3(4つのアミノ酸)

要は、植物のエキスとアミノ酸を合わせたものをキャピキシルと呼んでいるのです。化学的なものでもないので、副作用はいまのところ確認されていませんので、安心して使用することが出来ます。

キャピキシルの効果ですが、

・5αリダクターゼの阻害効果
・毛包を活性化する

といったことが期待されています。AGA対策にもなりますし、様々な原因の薄毛にも期待できる成分がキャピキシルなのです。

ちなみにDeeper 3Dに含まれるキャピキシルの濃度は5%です。5%が最も効果を高める濃度とされていることにも注目しておきましょう。

・成長因子について

Deeper 3Dの大きな特徴と言っても良いのが、成長因子が多数含まれている、といったことです。ほかの育毛剤だと3種類程度しか含まれていないものもありますが、なんと8種類も含まれています。

たとえば、

・ケラチノサイト増殖因子
・インスリン様成長因子

といったものを含んでいます。ケラチノサイト増殖因子は、髪の毛の生成に必要なケラチンの生成を促進させる作用が認められています。インスリン様成長因子に関しては、毛包内の細胞分率を促進させるのです。

成長因子(グロースファクター)ですが、発毛治療として知られる「ハーグ療法」でも利用されているものです。ハーグ療法は非常に高額なことでも知られているわけですが、Deeper 3Dであれば、月に10,000円ちょっとで利用出来るのです。本格的な発毛治療に利用されるような成分を活用できる育毛剤は、そうそうあるものではありません。

Deeper 3Dの効果的な使い方とは?

・頭皮を綺麗にしておく

シャンプーを1日1回は利用して、頭皮と毛穴に汚れが詰まっていない状態にしてください。さらに髪の毛をしっかりと乾かします。タオルドライを実施して、ドライヤーも使います。ただ、頭皮が乾燥してしまわないように気をつけて下さい。

・Deeper 3Dを1日2回、1回1ミリリットルを塗布する

スポイトで薄毛が気になる部分などにDeeper 3Dを塗布してください。そして指圧などを加えながら頭皮マッサージを実施します。

Deeper 3Dにも血流促進作用のある成分は含まれているのですが、マッサージで育毛効果を高めてやることも大事なのです。

ただ、あまりに強くマッサージをしすぎてしまうと、頭皮を痛めたり、髪の毛を痛めたりすることも有るので十分に注意して下さい。指の腹を使って優しくマッサージするのがコツです。

利用期間がながければ長いほど効果が期待できるDeeper 3D

・12ヶ月利用するとほぼ全員が満足

Deeper 3Dでは、アンケートをとっているのです。そのアンケートとは、6ヶ月利用した場合と12ヶ月利用した場合の満足度の差になります。

・6ヶ月利用して満足に感じた人の割合・・・65.3%
・12ヶ月利用して満足に感じた人の割合・・・90.3%

1年間利用すると、ほぼ全員が満足に感じていることが分かっているのです。Deeper 3Dは長期間の利用で、より確実な効果が期待できます。

戻る