ミノキシジルやプロペシアを使っている方は注意!

ミノキシジルプロペシアは、 AGA(薄毛)に悩む方に広く使われているAGA治療薬です

実際に、ミノキシジルは、テレビCMでも有名な「リアップ」の主成分として使われており、誰でも気軽にドラッグストアで購入する事が出来ます。

薄毛や抜け毛は男性だけでなく、女性も悩まれている方が少なくありません。有名な女性用の育毛剤であるリアップリジェンヌも主成分は、リアップと同じくミノキシジルです。

女性の方でミノキシジルの副作用が気になる方は、女性用のサイトがありますので、こちらからご覧ください。

一方のプロペシアは主成分がフィナステリドという化学物質で、病院で処方箋をもらわないと薬局で購入できないAGA治療薬です。

リアップ プロペシア
リアップx5(ミノキシジル含有) プロペシア

しかし、ここで注意して欲しい事は、

そもそも、ミノキシジルやプロペシアは育毛剤として開発されたものではない

と言うことです。

ミノキシジルは当初、高血圧の方の為の血圧降下剤として開発されました。
その開発の過程において、発毛効果が発見されて、発毛剤として使われるようになったのです。

高血圧の方の血圧を下げるために、血管を拡張させ、血流を良くする働きがあり、それが二次的に発毛効果を生じたのです。

一方のプロペシアも最初から育毛剤・発毛剤を目的として開発された薬ではありません。

当初は前立腺肥大症に対する薬として開発が進められていました。
しかし、被験者の中に発毛効果があったという報告が寄せられ、プロペシアに発毛効果があるのではないかと言う事で、発毛剤として使われるようになったのです。

この様に、ミノキシジルプロペシアも、当初は別の病気の薬として開発されており、その開発途中で、その「副作用」として発毛効果が発見され、AGA治療薬として使われるようになったのです。

当サイトでは、ミノキシジルとプロペシアの実体験のある管理人が、ミノキシジルとプロペシアの恐ろしい副作用をまとめて、AGA治療や個人輸入でミノキシジルやプロペシアを使うことの危険性を訴えています。

そして、天然成分を使った育毛剤を使った、安全で正しい育毛法をお伝えすることを目的としています。

ミノキシジルとプロペシアの代表的な副作用

ミノキシジルプロペシアの代表的な副作用には次のものがあります。
(症状名をクリックすると詳細な説明と口コミ情報が見れます。)

ミノキシジルの副作用

低血圧写真ver 多毛症写真ver ニキビ・肌荒れver
低血圧 多毛症 ニキビ・肌荒れ
性的不能・性欲減退写真ver 局所発熱写真ver 奇形児写真ver
性的不能・性欲減退 局所発熱 奇形児
心不全 突発性難聴 かゆみ
頭痛 目の充血 耳鳴り

※日本では、塗布型のミノキシジルしか入手することが出来ませんが、海外では飲むタイプのミノキシジル(ミノキシジルタブレット【通称】ミノタブ)も販売されています。

これらの1つ1つについては、リンク先で詳しく説明していますが、1つでも身に覚えのある方は、ミノキシジルプロペシアの使用を控えた方が良いと思われます。

これらの副作用は代表的なもので、循環器の異常を引き起こして、死亡に至ったような重篤な副作用もあるほどです。

ミノキシジルやプロペシアは、命に関わる副作用を持ったお薬なのです!