ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の副作用

ミノキシジルには、塗るタイプのほかに、直接飲むタイプの物があります。
通称ミノキシジルタブレット(略して、ミノタブ)と言われています。

ミノタブは効果があるという反面、副作用も強く出るという報告があり、塗るタイプに比べて、より服用には注意する必要があります。

実際に、塗るタイプのミノキシジルでは、患部(頭皮)にしか塗らないために、副作用は局所的ですが、飲むタイプのミノキシジル(ミノタブ)では、身体の中に直接ミノキシジルの成分を取り入れるために、副作用も身体全体に及ぶ恐れがあります。

典型的な副作用の例としては、以下の物が報告されています。

実は、ミノタブを育毛目的で許可している国はないのです!

AGAで悩まれている方は、個人輸入代行でミノタブを手に入れていらっしゃる方もいると思います。
確かに、海外から個人輸入でミノタブを購入することは出来るのですが、
その場合、ミノタブは「高血圧の薬」として販売されており、発毛・育毛効果については触れられていません。

それを、勝手に薄毛の治療薬として使っているだけなのです。

こういった事情からも、ミノタブを服用することは非常に危険な行為だということが分かると思います。

この様に、ミノタブは高血圧の薬として販売されている為に、次のような方は服用を避けないと、重篤な副作用を生じる可能性があります。

・血圧を下げる薬を服用している方

もともと、高血圧を患っており血圧を下げる降圧剤を服用している方は、ミノタブを服用すると、2重に血圧を下げることになり、非常に危険です。

・低血圧の方

低血圧の方もミノタブを服用することにより、さらに血圧が下がる可能性があるので、非常に危険です。
それでも、ミノタブを試したい場合には、AGAの専門のクリニックで相談をするのが賢明でしょう。

・お酒と一緒にのまない

アルコールを摂取すると、血管を広げる作用があり、その為、血圧が下がります。
ミノタブとアルコールを同時に飲むと、血圧が下がり過ぎて、非常に危険です。

しかも、肝臓にも負担がかかります。

どうしても、アルコールを飲みたい場合には、酔いがさめるまでまって、ミノタブを服用しましょう。

・服用する量に注意する

早く髪の毛を生やしたい気持ちは分かりますが、ミノタブを服用する量を増やしたからと言って早く髪の毛が生えるわけではありません。

しかも、服用する量を増やすと副作用を発症する確率も高くなり非常に危険です。

この様に、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を服用するのは、非常に高いリスクが伴うことを理解する必要があります。

戻る