プランテルの特徴

育毛剤として、近年大きな注目を集めているのがプランテルです。ネットの評判もよく、実際に髪の毛が生えてきたという方も多いのです。

ここでは、そんなプランテルの育毛剤としての特徴について詳しく解説します。プランテルはどんな成分を含んでおり、どんな効果・効能が期待できるのでしょうか。

プランテルはM字専用の育毛剤である!

・M字に焦点を当てた、注目の育毛剤

今までたくさんの育毛剤が開発され、販売されてきました。しかし、その多くは前頭部に効き目が出なかったのです。解明されていないことなのですが、前頭部の薄毛は改善しにくく、頭頂部の薄毛は改善しやすい、という特徴が多くの育毛剤・発毛剤にはあるのです。

しかし、頭頂部だけ改善したとしても意味がありませんよね。男性型脱毛症は、最終的には前頭部と頭頂部が薄くなって禿げ上がってしまうのです。頭頂部の進行を食い止められたとしても、前頭部が禿げ上がってしまっては、薄毛が改善したことにはなりません。

そこで登場した育毛剤がプランテルになります。前頭部の薄毛に特に聞くとされる成分を総合的に含んでおり、モニター実績も豊富です。先頭部の薄毛に悩む多くの男性に利用して欲しい育毛剤なのです。

プランテルに含まれている主な成分と期待できる効果・効能

・センブリエキスについて

センブリエキスは血行を促進させるために含まれています。先頭部の薄毛の原因も、髪の毛に栄養が送られにくくなることにより、髪の毛が細くなったり長く成長しなくなったりしてしまうからなのです。

センブリエキスで髪の毛に栄養が送られるようになると、髪の毛が太く成長しやすくなります。更に長くなりやすくなるのです。

ちなみに、発毛医薬成分のミノキシジルは血行を促進する目的で利用されています。ですからプランテルには、ミノキシジルと似た作用を持っている育毛剤、とも言えるのです。

・セファランチンについて

近年では抗癌作用があることでも知られている成分ですが、毛生促進作用があることでも知られ始めています。髪の毛は毛母細胞によって作られているわけですが、その細胞の機能が弱まってしまうことで髪の毛が薄くなってしまいます。

そこでセファランチンの効果が期待できるのです。毛母細胞に働きかけを行ない、活性化させる、といった期待ができるのです。

プランテルは、毛母細胞といった根本的なところまでの機能が期待できる育毛剤なのです。

・グリチルリチン酸2Kについて

成分名からすると、科学的な物質ではないか、と思うかもしれません。しかし、甘草の根から作られている天然成分です。自然界にあるものなので、副作用の心配は無用です。

グリチルリチン酸2Kについては、頭皮環境の改善効果が期待できます。フケやかゆみといったものを改善するとされており、頭皮に問題がある方にもおすすめ出来る育毛剤がプランテルなのです。

・プランテルの成分と効果まとめ

血流促進作用
毛母細胞活性化作用
頭皮環境改善作用

このようにプランテルは多角的に薄毛に働きかける力を持っています。そもそも、あなたの薄毛の原因は複数あるかもしれません。血流不足と頭皮環境の悪化の両方が原因かもしれません。そんな場合であったとしても、プランテルであれば総合的な薄毛改善作用があるので、しっかりとカバーできるのです。

徹底的な安全対策をしている!

パラベンなし
鉱物油不使用
合成着色料なし
香料不使用

このようにプランテルは、安全性を徹底的に追求しています。たとえば、発毛剤を利用して副作用が生じてしまった方もいますよね。そんな方がプランテルに乗り換えると、全く副作用がなくてびっくりした、という話もあるほどなのです。

副作用を気にしながらの育毛生活は心理的にも大きな負担となります。その意味でも、安全性の高いプランテルは注目の育毛剤です。

戻る