衝撃事実!?薄毛に育毛系サプリメントは本当に効くのか?

薄毛に悩んでいる方の救世主とも言われているのが、育毛系のサプリメントです。育毛消えのサプリメントを飲むことで髪の毛の成長などに必要な栄養素を摂取し、髪の毛の生えやすい状態にするわけです。

しかし問題となってくるのが、サプリメントに本当に高い効果が期待できるのか、という部分でしょう。
こちらではサプリメントと育毛に関する効果について徹底的に解説します。

「薄毛に悩んでおり、適切な対策を知りたいと思っている方」
「サプリメントによる薄毛の改善に興味がある方」

上記のような方は必見です。

残念!育毛系サプリメントには高い育毛効果は期待できない!

・栄養成分が含まれているに過ぎない

健康のためにビタミンやミネラル、という成分を摂取している方もいるでしょう。美容のためにコラーゲンやプラセンタを摂取している方もいますよね。しかしそれらに美容整形並みの効果が期待できるとは誰も思っていないはずです。それと同じような状況が育毛系サプリメントにもあるわけです。

そもそも育毛系サプリメントということなので、要は「健康食品」です。何かしらの医薬成分が配合されているわけでありません。一般的な成分が含まれていることがほとんどなので、日常的に摂取している成分を補給しているような感覚なわけです。

発毛する、という効果も期待はできません。

・場合によっては育毛効果が得られることもある

抜群の育毛効果がサプリメントに期待できるわけではありませんが、ケースによっては一定の効果が得られる可能性があるわけです。そもそも薄毛の原因は人それぞれとなっています。サプリメントが効果を発揮しやすい薄毛の原因と、効果が発揮しにくい原因があるわけです。

・他の育毛方法との併用も考えてみるべき

育毛サプリメントは前述したように、健康食品です。単体では高い育毛効果を発揮してくれるのは難しいわけです。そこで注目しておきたいのが、他の育毛方法と併用する、ということです。
そもそも育毛系サプリメントは育毛をサポートするような存在です。ですから何かしらの大差気宇をした上で育毛系サプリメントを利用する、といった方法を考えましょう。

育毛系サプリメントの効果が発揮されやすい薄毛の原因とは

・栄養不足による薄毛

髪の毛には様々な栄養が必要です。
たとえば、髪の毛を作るためにはどのような成分が必要なのでしょうか。主成分はタンパク質です。そのタンパク質を生成するためには、アミノ酸も必要になってくるわけです。

仮にタンパク質が少ない場合には、髪の毛の生成が滞ってしまう可能性もあります。アミノ酸が少ない場合には、原材料が豊富なのに髪の毛になるためのタンパク質(ケラチン)が生成されにくくなってしまうわけです。

他にも考えておきたいのが皮膚です。髪の毛は頭皮から生えているわけですが、頭皮の状態は健康でしょうか?頭皮に炎症があったり、乾燥していたり、フケが多かったり、痒みが発生したり、ということはありませんか?
もしも一つでも該当してしまった場合には、頭皮環境の悪化による薄毛の可能性が出てきます。頭皮を健康的にするためには、まずは健康的な皮膚を生成できる状態にしてあげることです。頭皮を作るためには、ビタミンやミネラルと行ったものも重要です。普段の食生活で取り切れていない、という方はサプリメントで積極的に補給していきましょう。

また頭皮環境の悪化が血行の悪さから来ている、ということも十分に考えられます。栄養はしっかりと補給しているのに、血行が悪いということになると、その栄養が皮膚を作る細胞まで送り届けられにくくなってしまうわけです。
育毛系サプリメントの中には、血行を促進するタイプのものもあります。血行促進成分であるカプサイシンが配合されているものも少なくありません。皮膚を作る細胞に栄養がしっかりと送り届けられるようになれば、お肌のターンオーバーも正常化します。いつまでも頭皮に古い角質があるような状況から脱却できるようになるので、毛穴のつまりも解消され頭皮トラブルも未然に防げるようになるわけです。

育毛系サプリメントの効果が発揮されにくい薄毛の原因とは

・ホルモンや遺伝系の薄毛

男性の場合は、基本的に遺伝性の薄毛となっているケースが多いです。いわゆる男性型脱毛症(AGA)というものになっているのです。
遺伝性の薄毛に関しては、近年では「ノコギリヤシ」と呼ばれるものが効果を発揮することも分かってきました。プロペシアの有効成分のフィナステリドと同じく、前立腺肥大症も改善させる機能があるとされるスーパー成分なのです。
しかしノコギリヤシは一般的な植物の成分です。ですから医薬成分であるフィナステリドと同様の効果を得ることは難しいとされています。
男性型脱毛症は、長年に渡り毛根に影響を与えて徐々に弱らせていきます。どんどんと髪の毛が生えにくくなってしまうのです。ノコギリヤシの穏やかな作用では、高い効果は得られにくいとも考えられます。
予防目的など、本格的な薄毛の症状が出る前に利用する分には構いませんが、薄毛の改善としてメインに利用するにはパワー不足な感は否めません。

女性の場合は、女性ホルモンの減少、ということで薄毛が発症する恐れがあります。女性ホルモンには髪の毛の成長期を長くする作用があるのです。さらに血管を拡張して血液の流れを良くしてくれます。
一応はホルモンに対して一定の影響を与えてくれるとされる成分を育毛系サプリメントが含んでいることもあります。有名なところでいえば、「大豆イソフラボン」や「プラセンタ」です。
しかしそれらも直接的に女性ホルモンを体内に入れるわけではありません。女性ホルモンと似た作用がある成分なので、ほとんどホルモンに対して影響を与えない、ということも考えられるわけです

育毛系サプリメントと併用すべき育毛・発毛方法とは?

・育毛剤との併用をすべし

育毛サプリメントと最も相性が良いと言われているのが、塗布タイプの育毛剤です。
塗布タイプの育毛剤に関しては、多数の成分が配合されているわけです。要は総合的な薄毛治療ができます。

さらに塗布タイプの育毛剤は皮膚の外から頭皮や毛根に対して作用を与えます。育毛サプリメントは体の内側からの作用なので、体の外と内の両方から育毛作用を与えられるわけです。

体の外からの対策だけだと、たとえばビタミンやミネラルと行った栄養不足の対策は難しいです。一方で身体の中だけの対策だと、皮膚の外側の問題。例えば炎症といったものに対しても強い作用が与えられません。

・発毛剤と併用すべし

発毛剤は塗布タイプと内服タイプの両方が用意されているのですが、どちらでも構いません。育毛系サプリメントは、基本的に安全性の高いものなので発毛剤と併用したとしてもリスクを高めることはないわけです。

そもそも発毛剤に関しては、幅広い効果を与えてくれるわけではありません。

・ミノキシジル・・・血管を拡張する効果がメイン、他の効果はほとんどなし
・フィナステリド(プロペシア)・・・男性型脱毛症に対する効果がメイン、他の効果は全くなし

ミノキシジルについては血行不良による薄毛に高い効果を発揮しますが、その他の薄毛にはあまり高い効果を発揮してくれません。プロペシアに関しては、AGA以外の薄毛の原因には全く機能してくれないのです。
そこで育毛サプリメントと併用する、ということが必要になってきます。

たとえば血行不良が原因で薄毛になっている方であったとしても、栄養不足も絡んできている可能性があります。ミノキシジルを利用したとしても、栄養不足は解消されないので薄毛が完治しない、ということまで考えられるわけです。

男性型脱毛症が原因で薄毛になっている方の中には、頭皮環境の悪化も関わっているケースがあります。そこで育毛サプリメントを併用すれば、頭皮の栄養も補給されることになり完治する可能性も出てくるのです。

育毛系サプリメントと併用がおすすめできない育毛方法

・頭皮マッサージ

頭皮マッサージは血行を高めるためにおすすめの育毛方法です。しかしマッサージをしている時間と、マッサージをし終わってしばらくの時間しか血行を高めてくれません。育毛効果がそれほど強くないのです。

仮に育毛系サプリメントと頭皮マッサージを併用しても、双方の効果が低いので高い育毛効果は得られない、という事になってしまいます。

【適切な頭皮マッサージ方法について】

指の腹を使って、優しく頭皮を推してください。
薄くなった部位を中心に、少し範囲を広げてマッサージしていきましょう。

耳の周りには太い血管もあるので、耳の周辺も合わせてマッサージをすると効果が高まります。

・育毛シャンプー

育毛シャンプーは刺激が少なかったり、幾つかの育毛成分が配合されていたりするケースもあります。頭皮環境を良くしてくれるような効果が期待できるのです。

しかし育毛シャンプーに関してはどんなに良い育毛成分が配合されていたとしても、すぐに洗い流してしまいます。高い育毛効果が得られることがありません。

育毛系サプリメントの高い効果は期待できないので、育毛シャンプーを併用してもあまり意味が無いわけです。

【育毛シャンプーについて簡単に解説】

洗浄成分にアミノ酸系のものを利用しているものが多くなっています。アミノ酸系の洗浄成分は弱酸性となっており、頭皮とペーハーが一緒です。頭皮に刺激を与えることなく、優しく洗い上げてくれるのです。

配合成分としては、血行促進成分や保湿成分、さらに抗菌成分や消炎成分アドが入っています。一方で、アレルギーが発生する可能性がある香料や防腐剤が除去されているものも多いです。

・運動

体を動かすことで血行を促進して育毛につなげる、といった方法です。運動不足に陥ると、いつも血管が収縮している状態になってしまいます。そのような状況を取り除くためにもジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が薄毛対策にはおすすめとされています。

しかし運動対策にも高い効果は期待できません。たとえばAGAには何の効果も発揮してくれません。頭皮環境の問題にも対処できないのです。運動をすれば汗をかくので、かえって頭皮環境に問題が発生してしまうかもしれません。

効果もあまりなく、リスクもあるので育毛系サプリメントとの併用はあまりおすすめできないわけです。

育毛系サプリメントの効果を少しでも高める摂取方法とは?

・大前提|自分にマッチングしたサプリメントを摂取すること

自身の薄毛の原因を正確に把握しておくことです。
血行不足で薄毛になっている方は、血行促進成分が多く配合されているものを利用しましょう。
男性型脱毛症であれば、5αリダクターゼ対策ができる成分が配合されている物を選択すべきです。
頭皮の栄養不足が原因で薄毛になっている場合には、ビタミンやミネラルが配合されているものを選びましょう。
髪の毛の栄養不足が原因で薄毛になっている場合には、アミノ酸や亜鉛と行った髪の毛の生成に関わる成分が入っているものを飲むべきです。

自身の薄毛の原因にマッチングしないサプリメントをいくら飲んだとしても、高い効果が得られるはずもありません。ちなみに男性型脱毛症は、前頭部や頭頂部が薄くなる、といった特徴があります。血行不良による薄毛には頭髪が全体的に細くなる、といった特徴があります。

まずは薄毛の原因を正確に把握してください。

・サプリメントはいつ飲むのが最も効果的か?

基本的に食後に摂取してください。
仮にサプリメントを食前に飲んでしまうと、後から入ってきた食べ物に押し出されてしまい、腸で十分に吸収されないような状況になってしまうのです。身体に栄養素が活かされることなく便になってしまうイメージです。

また腸の吸収力の問題もあります。食後であれば、食事の影響で腸が活発に動いています。サプリメントの栄養素がしっかりと体に取り込まれやすいのが食後というわけです。

食後の時間ですが、厳密には「食後の30分以内」という事になります。それ以上の時間が経ってしまうと、腸の動きも収束してしまうのです。

・1日に1回飲むべきか?複数回に分けるべきか?

なるべく複数回に分けて摂取してください。
栄養素は腸で消化されると血液の中に入り込み全身をめぐることになります。しかし血に入って全身を巡っている時間は6時間から8時間程度とされているのです。1日に1回しか摂取しないと、1日のうち数時間しか作用しないことになってしまいます。

育毛系サプリメントは、できれば1日あたり2回から3回に分けて摂取しましょう。