薄毛対策用サプリメントとは何だ!?

世の中には様々なサプリメントが販売されています。健康的な目的で作られているサプリメントもあれば、美容のために作られているサプリメントもあります。中には病気を予防する、といったことが期待されているサプリメントなどもあるのです。

こちらでは薄毛対策用サプリメントについて詳しく解説します。果たしてどのようなものなのでしょうか。どのような成分が配合されており、薄毛に対して実際に効果を発揮してくれるのでしょうか。

薄毛で悩んでいる方でサプリメントによる対策をしよう、と思っていた方は必見です。

薄毛対策用サプリメントとはどういったものなのか?

・栄養素を摂取することによって薄毛対策を行うものである

髪の毛に良いとされている成分はいくつもあります。薄毛対策用サプリメントには、そのような成分が配合されているのです。
特に偏食によって特定の栄養素が足りなくなり、その栄養素をサプリメントで補給することによって薄毛に対応しよう、としているものでもあるわけです。

サプリメントによる対策は育毛剤による対策とは異なります。育毛剤は皮膚の外側から対処することによって、髪の毛をはやそうとするものです。しかしサプリメントは体内から対応します。体内の栄養素を高め、その結果薄毛を解消していこう、とするものなのです。

・薄毛対策用サプリメントの摂取方法とは?

特に決まった摂取方法があるわけではありません。基本的には水で錠剤やカプセルを飲む、といったタイプのものになっています。
「水以外のジュースやコーヒー、そしてアルコールなどで飲んでもよいのでは?」と思っている方もいるかもしれません。しかし基本的には水で摂取してください。
水以外のもので摂取してしまうと、吸収力がダウンしてしまう、ということもあり得るわけです。特に注意すべきはコーヒーやお茶などです。カフェインが含まれているわけですが、利尿作用があるのでせっかく育毛のために摂取した栄養素も排出してしまうことになります。

「1日あたり何回飲むのか?」ということも気になるでしょう。基本的には、サプリメントの指示に従ってください。しかし一般的には1日あたり1回から3回程度となっています。
ちなみに薄毛予防サプリメントの効果を少しでも高めたい、と思うのであれば複数回に分けて飲みましょう。

1回に飲みきってしまうと、一定期間しか栄養が効果を発揮しません。少し間隔をあけて複数回に分けで飲むことで、体内に育毛に役立つ成分が長時間保たれるわけです。たとえば食後に1日あたり3回飲む、といった方法もおすすめですよ。

育毛サプリメントに含まれている成分について

・亜鉛

亜鉛は特に多くの薄毛対策用サプリメントに配合されています。亜鉛は不足しやすい成分であり、髪の毛の生成にも大きく関わっているのです。

髪の毛の主成分はタンパク質ですが、そのタンパク質を髪の毛に生成する時に亜鉛が必要になります。仮に亜鉛が足りない状態だと髪の毛は生成されにくい状態となってしまうわけです。

【亜鉛が多く含まれている食品について】

・魚介類や海藻類・・・牡蠣・煮干し・するめなど
・肉類や卵類・・・ビーフジャーキー。豚レバー(肝臓)・牛肉・卵黄など
・乳製品・・・パルメザンチーズ・脱脂粉乳・プロセスチーズ・カマンベールチーズ・牛乳など
・豆類や木の実・・・松の実・ゴマ・きなこ・大豆など

亜鉛は様々な食品に配合されています。しかし中にはカロリーが極めて高いものもあるので、食品から摂取しきろうとするのは難しいかもしれません。身体に大きな負担がかかってしまう可能性もあるわけです。
一方でサプリメントであれば、カロリーについてはほとんどないので安心して摂取できます。肥満的なリスクからもサプリメントで栄養を補給する、ということはおすすめなのです。

・イソフラボン

大豆に配合されている成分として注目されています。女性ホルモン的な作用があるとされており、男性型脱毛症に対しても高い効果が期待できるのでは、といった指摘があることも確かなのです。

イソフラボンはポリフェノールの一種です。抗酸化作用も期待できるので、身体の老化を抑制してくれる可能性もあります。たとえば頭皮のターンオーバーを促進してくれるかもしれないのです。

ちなみに女性ホルモンには、髪の毛の成長期間を伸ばす、という作用もあります。ですから抜け毛を少なくしてくれるかもしれません。

【イソフラボンが多く含まれている食品について】

・納豆
・味噌
・醤油
・豆腐など

基本的に大豆類に多く含まれているので、大豆の加工食品を摂取している方であれば足りているかもしれません。ちなみに大豆には良質なタンパク質が配合されているので、髪の毛の主成分を摂取する、という意味でも大豆製品はおすすめです。
そもそも髪の毛の主成分であるタンパク質は、薄毛対策用サプリメントにはほとんど含まれていません。1日あたりの推奨摂取量は数十グラムにもなるので、サプリメントでは取り切れないので含まれていないのです。ですから食品で摂取していかなければなりません。
イソフラボンを摂取するために食べるというのではなく、タンパク質を摂取するために大豆背品を食べましょう。イソフラボンをサプリメントで摂取する、という感覚で間違いありません。

・L-リジン

必須アミノ酸の一つです。必須アミノ酸は体内で作り出すことが出来ないので、食べ物や飲み物などで定期的に摂取していかなければなりません。
L-リジンは髪の毛の生成に大きく関わっているアミノ酸です。髪の毛に関わるタンパク質のケラチンやメチオニンといったタンパク質を生成する役割があるのです。

他にもカルシウムの吸収やコラーゲンを形成する働きをL-リジンは持っています。特に注目すべきはコラーゲンに対する作用です。実はコラーゲンには髪の毛を太くする、という作用があることがわかったのです。アメリカで実施された試験では、毎日一定量のコラーゲンを接種させたところ被験者の髪の毛が10%太くなった、という結果が出ました。

L-リジンを摂取することで体内のコラーゲン量が増えれば、薄毛の問題が一気に解消するかもしれません。

【L-リジンを多く含む食品について】

・豆類や大豆食品・・・湯葉・きなこ・あずき・豆腐・納豆など
・穀類・・・そば・玄米・食パンなど
・木の実類・・・落花生・アーモンド・ごまなど
・魚介類・・・鰹節・しらす干し・マグロ・カツオ・たらこなど
・肉類・・・鶏肉・豚肉・牛肉など
・乳製品・・・ナチュラルチーズ・ヨーグルト・ラクトアイス・牛乳など

L-リジンは多くの食品に含まれています。主食にもおかずにも、乳製品にも含まれているのでデザートにも入っているわけです。
ちなみにL-リジンは、多めに摂取しても問題はありません。過剰摂取によるリスクが低いのです。
さらに含まれている食品が多いので、その中で自分の好きなものを選んで食べる、といった対策方法もあります。

一応は薄毛対策用サプリメントに含まれていますが、それほど重視する必要はありません。L-リジンが不足している人は、よっぽど少食な人くらいです。

・カプサイシン

唐辛子の辛味成分として有名です。いまから10年ほど前になると思いますが、一時期カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取すると発毛する、といったことで話題になりました。実はその実験には不備があり、発毛効果は取り消しとなっています。
しかし唐辛子のカプサイシンには血管を拡張し、血行を良くするような効果が実際に認められているのです。

頭皮に血がめぐることで、髪の毛を作る毛母細胞も元気になります。頭皮を作る細胞も元気に出来るので、頭皮環境の改善、というものも期待できます。

【カプサイシンを多く含む食品について】

・唐辛子
・キムチ
・豆板醤
・ラー油
・タバスコ
・コチュジャンなど

唐辛子が使われている食品には基本的に含まれています。食品でカプサイシンを摂取すると、胃を痛める可能性があります。多少の摂取は構いませんが、育毛に良いからといって大量の摂取は控えてください。

サプリメントであれば、特に辛さを感じることもありません。胃もそれほど刺激を受けないので、安全が高い状態で摂取できるわけです。辛いものが苦手、という方でも大丈夫です。

ちなみにカプサイシンには血行促進以外にも食欲増進効果があります。便秘を解消する作用もあるのです。少食気味で栄養不足になりがち、という方は食べ物に一味唐辛子などをかけてみると良いかもしれませんね。

・ノコギリヤシ

ヤシ科のハーブの一種であり、非常に生命力の強い植物です。樹齢が長いものは数百年もあります。
昔から民間薬として利用されてきた実績があり、前立腺肥大症への効果があることも認められているのです。

ノコギリヤシには男性型脱毛症を発症させるジヒドロテストステロンの生成量を少なくする作用が期待されています。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって生み出されます。ノコギリヤシには5αリダクターゼの働きを抑制する作用があるとされており、結果的にテストステロンとの結合が阻害できるわけです。

男性型脱毛症は遺伝性の薄毛でもあるので、育毛剤などを利用した程度では治らないことが多かったのです。しかしノコギリヤシに関してはサプリメントとして体内から働きかけるわけです。ですから非常に多くの方から期待されている成分となっています。

ノコギリヤシに関しては食品で摂取するのは極めて難しいです。そもそも日本人にノコギリヤシを食べる、という習慣はありませんよね。
ノコギリヤシで育毛をしようと思うのであれば、薄毛対策サプリメントを利用する必要があるのです。

実際に販売されている薄毛対策サプリメントとは

・アンファー スカルプD サプリメント 亜鉛EX 120粒

育毛シャンプー(スカルプシャンプー)でおなじみのアンファーが販売しているサプリメントです。サプリメント名にも入っているとおりに亜鉛がたっぷりと配合されています。さらにケラチンも配合しているのです。

亜鉛の体内への吸収率を高めるために黒胡椒抽出物も配合しています。

亜鉛不足で薄毛になっている、という方におすすめできるサプリメントです。

ちなみに価格は777円と低価格ですよ。

・キーリー IQOS イクオス サプリメント 300mg 30粒

育毛剤のイクオスは広く知られていると思いますが、そのサプリメントも販売されているのです。
このサプリメントが重視しているのはメチオニンです。必須アミノ酸であるメチオニンを多く含んであり、髪の毛の合成に特化しています。

他にはノコギリヤや亜鉛も配合しています。

価格は895円であり、「アンファー スカルプD サプリメント 亜鉛EX」と同様に低価格のサプリメントです。


>>公式サイトはこちらから<<

・ブブカ ブブカサプリ STRONG ROOT 7 186粒

育毛剤のブブカのサプリメントです。
ミレットエキスが中心成分として配合されており、男性型脱毛症対策になるサプリメントです。他にもノコギリヤシや亜鉛、サラ院大豆イソフラボンなど薄毛対策に役立つ成分がしっかりと配合されています。

価格は1,970円となっています。


>>公式サイトはこちらから<<

・チャップアップサプリ

育毛剤のチャップアップのサプリメントです。育毛剤のチャップアップと併用すると、高い育毛効果が得られる、ということで話題になっています。

全成分数は23種類となっており、多角的な育毛効果が得られるチャンスが有るわけです。配合成分としては、ノコギリヤシや亜鉛さらにカプサイシンやフィーバーフューなどが含まれています。

価格は定期コースで4,980円と少し高目に設定されているので注意しましょう。


>>公式サイトはこちらから<<

・BOSTON(ボストン)

育毛剤愛用者の人気No.1サプリ

全成分数は27種類となっています。ノコギリヤシが1日あたり300ミリグラムと大量に含まれています。他にも亜鉛やイソフラボン、フィーバーフューが配合されています。

ソフトカプセルで飲みやすい、といった長所もあります。しかし価格が高いです。定期コースで6,998円となっています。


>>公式サイトはこちらから<<

・フェルサ

全成分数は23種類となっています。中心成分はノコギリヤシですが、1日あたりの容量は100ミリグラムとBOSTON(ボストン)よりも少なめになっています。
他にはミレットエキスやケラチン、さらに亜鉛やL-リジンが配合されているのです。配合成分数に関しては特に問題ありません。

価格は定期コースで5,980円となっています。