禿げちゃうの!?抜け毛予防シャンプーの副作用とは?

育毛剤や発毛剤には様々な副作用があります。育毛や発毛を期待して行ったことが、逆に薄毛を促進させてしまうようなおそれもあるのです。

こちらでは育毛グッズとして利用されることもある抜け毛予防シャンプーについてお話します。抜け毛予防シャンプーには何かしらの副作用があるのでしょうか。

ちなみに抜け毛予防シャンプーには3つの種類があります。アルコールシャンプーと石鹸シャンプー、さらにはアミノ酸シャンプーです。それぞれ3つのタイプの副作用について個別に詳しく解説していきます。

アルコールシャンプーの副作用について

・頭皮の乾燥を招いてしまう

アルコールシャンプー洗浄成分として石油系の界面活性剤と呼ばれているものを利用しています。石油系の界面活性剤については、非常に強い洗浄力を有しており、頭皮にある皮脂を綺麗サッパリと洗い流してしまうのです。
さらに泡立ちの良さもその洗浄力の強さを引き立てています。泡によって毛穴の奥にあるような皮脂まで取り除いてしまいます。

頭皮にある皮脂ですが、たしかに問題を引き起こしてしまうこともあります。皮脂が大量にあると脂漏性脱毛症と呼ばれるものが発症してしまうおそれもあるのです。皮脂によって菌が頭皮に大量発生することで炎症をおこしてしまいます。脂漏性皮膚炎といった状態になり、髪の毛を作るような栄養分が炎症に使われてしまい脱毛が促進してしまうわけです。だからこそ洗浄力の高いアルコールシャンプーを利用したい方も多いのですが、逆に乾燥を招いてしまいます。

アルコールシャンプーによって頭皮に皮脂が奪われると、頭皮は乾燥した状態になります。皮膚が乾燥するということは、ちょっとした刺激にも弱くなる、ということでもあるのです。ちょっと手で触れただけでも炎症を起こしてしまいます。乾燥性のフケが発生することもありますし、痒みが出てきてしまうおそれもあるわけです。

頭皮はなるべく潤っている状態を維持しなければなりません。日常的に乾燥肌気味という方は、アルコール系の抜け毛予防シャンプーの利用は控えましょう。

・逆に頭皮の皮脂の量を増やしてしまう

「隠れ乾燥肌」ということを聞いたことがあるでしょうか。実は脂性肌の方をよく調べてみると、実は乾燥肌であった、というケースが多く見受けられるのです。

隠れ乾燥肌のメカニズムは、皮膚が乾燥してその乾燥状態を改善するために皮脂腺が活性化して大量の皮脂を分泌してしまう、というものです。
アルコール系のシャンプーを日常的に利用していると、1日に1回は頭皮からほとんど皮脂がなくなってしまい、一時的に乾燥してしまうわけです。皮脂腺はその度に皮膚を守るために皮脂を大量に分泌していこうとするわけです。

隠れ乾燥肌であったとしても脂性肌になってしまえば、菌の大量繁殖を招いて脂漏性脱毛症などの発生原因になってしまいます。
「オイリー肌だからアルコールシャンプーのほうが良いだろう」と安易に考えてしまうとい、頭皮の状態をさらに悪化させてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

・香料などの添加物が悪さをする可能性あり

アルコール系のシャンプーには香料や着色料などの添加物が含まれているケースが極めて多いです。仮に洗浄力に問題がなかったとしても、それらの添加物によって何かしらの問題が発生してしまう、ということも考えられるわけです。

添加物に関してはアレルギーの発生原因になってしまうこともあります。シャンプーをする度に頭皮が赤くなる、痒みが発生してしまう、という方はシャンプーに含まれている何らかの成分に問題があるのです。

アルコールシャンプー以外のシャンプーには基本的に添加物はあまり含まれていません。石鹸シャンプーやアミノ酸シャンプーに切り替えたところ、頭皮の状態が良くなった、といった事例も多いのです。

添加物による皮膚のアレルギー症状はアルコールシャンプーならでは、といった部分もあるので注意してください。

石鹸シャンプーの副作用について

・髪の毛がごわついてしまう

石鹸シャンプーを利用すると、髪の毛に対して違和感が出てきます。いままで纏まりやすい髪の毛であったとしても、まとまりがない髪の毛になってしまうのです。
石鹸シャンプーのペーハーが弱アルカリ性であるところに、髪の毛がごわつく原因があります。我々の髪の毛のペーハーは弱酸性です。ペーハーは4から5程度なのです。一方で石鹸シャンプーのペーハーは9から10となっています。その二つの物質が合わさると中和されるわけですが、髪の毛が弱酸性からアルカリ性に傾いてしまうとキューティクルが開いてしまうのです。
髪の毛が痛みやすくなったり、髪の毛の内部にある水分も外に出たりしてしまうのです。

結果的に髪の毛がごわごわになってしまい、セットするのにも一苦労、といった具合になってしまいます。

髪の毛がごわついたままの状態で強引にクシなどを用いてセットをしようとすると、髪の毛が絡み合ってしまい毛根が引っ張られてしまいます。毛根が弱る原因になってしまうおそれもあるので注意してください(牽引性脱毛症の発生)。

ちなみにヘアカラーやパーマなどの薬剤もアルカリ性です。だからこそヘアカラーやパーマは髪の毛を痛めてしまうわけです。

※石鹸シャンプーのごわつきを取るためには、開いてしまったキューティクルを閉じる必要があります。そのためには酸性のリンスを利用しなければなりません。リンスは頭皮につけるものではありませんが、どうしても多少はついてしまします。頭皮につくと毛穴をコーティングしてしまうおそれもあり、毛穴に皮脂や汚れなどがつまりやすくなってしまいます。

・石鹸カスが頭皮や髪の毛に付着したままになってしまう

石鹸シャンプーを利用すると、頭皮や髪の毛にフケのような白いものが付着した状態になってしまうことがあります。要は石鹸カスがついているだけなのですが、見た目的に良いものではありません。フケがたくさん出ていると、不潔だと思われてしまいかねません。

石鹸カスが出てしまう原因としては脂肪酸というものがあります。石鹸シャンプーで髪の毛を洗っていると、石鹸の一部が脂肪酸へ変質してしまうのです。脂肪酸は水に溶けにくい、といった性質を持っておりそのまま髪の毛や頭皮についてしまうのです。
さらに水にはカルシウムイオンというものが含まれているのですが、そのカルシウムイオンは脂肪酸と結びついてしまいます。石鹸カスがさらに大きくなってしまうのです。
乾かしたあとにフケのようにいっぱい出てきてしまうこともあります。

石鹸カスに対処するためには、入念なすすぎをスピーディーに実施する必要があります。長々と洗髪していると、次第に脂肪酸に変質していってしまうわけです。ですから石鹸シャンプーはさっと洗ってさっと洗い流さなければなりません。
育毛をしたいと思っている方はなるべくじっくりと洗髪したい、と思っているでしょう。しかし、そのじっくりとした丁寧な洗髪が見た目の悪さをもたらしてしまうのです。

・頭皮の乾燥を促進させてしまう恐れあり

石鹸シャンプーの強すぎる洗浄力に大きな問題があります。
石鹸シャンプーはアルカリ性なので、弱酸性の頭皮とはペーハーが異なります。弱酸性の頭皮がアルカリ性に触れると、毛穴が開く、といった性質があります。毛穴が開くことによって毛穴に詰まっている汚れが取れやすくなる、といったメリットが有るのですが、逆にデメリットも発生させてしまうのです。

毛穴の奥には頭皮に潤いに役立っている皮脂が存在しています。その皮脂も石鹸シャンプーが洗い流してしまうわけです。頭皮からひしがなくなってしまえば、当然乾燥してしまいます。頭皮がかさかさになってしまい、ちょっとした刺激で炎症が起こってしまったり、皮膚が剥がれてフケのようになってしまったりするのです。

石鹸シャンプーを利用してから頭皮が乾燥するようになった、という方はかえって薄毛を招く可能性もあります。早急に石鹸シャンプーの利用をストップしましょう。

またアルコールシャンプーのところでも解説しましたが、頭皮が乾燥するとかえって皮脂腺が活発化する、といった可能性があります。脂性肌を石鹸シャンプーが招くこともあるので注意してください。
石鹸シャンプー後に頭皮がべたつくようになってしまった、という方は乾燥による脂性肌が発生している可能性が高いです。

・頭皮から嫌な臭がしてしまう可能性あり

抜け毛という観点ではあまり関係がないものですが、精神的な影響があります。精神的にストレスを感じるようなことがあると、血管が収縮して血行不良による抜け毛が発生するかもしれません。

石鹸シャンプーは基本的に無添加であり、何かしらの匂いがつけられていることもありません。要は頭皮の臭いをカバーするものがありません。シャンプー後から頭皮から強い臭いが出てしまうおそれもあるのです。

ちなみに脂性肌の方は頭皮からの臭いが発生しやすい、といった特徴を持っています。我々の体臭は皮脂や汗などの水分がお肌の上にいる菌に分解されるときに発生するのです。皮脂が多い方は、必然的に頭皮からの臭いが強くなる傾向にあります。

アミノ酸シャンプーの副作用について

・頭皮がさっぱりしない

アミノ酸シャンプーの最大の問題点は、「洗浄力の弱さ」です。アミノ酸シャンプーの洗浄力はかなり弱いので、頭皮の汚れが残存してしまうのです。
特に脂性肌の方は頭皮にたくさんお皮脂があります。そういった方はアミノ酸シャンプーで洗っても頭皮が気持ち悪い状態のままになってしまいます。

仮にアミノ酸シャンプーで頭皮の汚れが取り切れなかった場合ですが、菌が繁殖しやすい状態になるのです。毛穴にも皮脂が詰まっている状態になり、アクネ菌などのニキビを発生させる菌がどんどん繁殖し続けてしまいます。頭皮に炎症をもたらしたり、ニキビを発生させたり、かゆみを発生させたり、というケースもあるのです。

一方で乾燥肌の方にはおすすめです。皮脂などを取りすぎることもないので、ある程度の保湿作用が期待できるからです。

・髪の毛のボリュームが出にくくなる

直接的な抜け毛の原因になることはありませんが、仮にボリュームを出そうとしてジェルなどを大量につけたりすると頭皮環境の悪化を招いて薄毛を促進させてしまうかもしれません。

アミノ酸シャンプーによって髪の毛のボリュームが出にくくなるということですが、アミノ酸には保湿効果があります。前述したようにアルカリ性には髪の毛のキューティクルを開く作用があるのですが、アミノ酸シャンプーの弱酸性にはその作用がありません。要はキューティクルもしっかりと閉じられており、髪の毛の水分が逃げていかないのです。
その結果、髪の毛の1本1本が重くなってしまいます。帽子をかぶっているわけでもないのに、ペンなりとしてしまうこともあります。

薄毛になり始めている方は、特に髪の毛のコシがなくなっています。髪の毛が立ち上がりにくくなっており、薄毛がどうしても目立ってしまうわけです。その上でアミノ酸シャンプーを利用するとなおさら髪の毛の立ち上がりが悪くなって、地肌が露出しやすくなってしまいます。

どのタイプの育毛シャンプーがおすすめなのか?

・アミノ酸シャンプーがおすすめ!

副作用の観点から考えてみると、アミノ酸シャンプーが最もリスクが少ないシャンプーといえます。
注目すべきは頭皮への刺激の少なさです。そもそも薄毛になっている方は、頭皮に何かしらの問題を抱えているわけです。アルコールシャンプーや石鹸シャンプーのような刺激の強いものを利用してしまうと、頭皮環境がさらに悪化してしまうかもしれません。

保湿作用が強いことも見逃せません。必要な皮脂はしっかりと残してくれるのです。さらに頭皮や髪の毛と同じ弱酸性というところも見逃せません。頭皮だけではなく髪の毛の保湿も出来るのです。

ボリュームがダウンするデメリットはありますが、抜け毛が減る可能性が最も高いのはアミノ酸シャンプーです。