実は危険だった!?はげ予防法のメリット・デメリット

ハゲを予防するためには様々な方法があります。育毛剤を利用する方法もあれば、育毛サプリメントもあります。他にも育毛シャンプーなど様々な方法があるわけですが、実はメリットだけではありません。デメリットも有るのです。

こちらでは様々なハゲ予防法のメリットとデメリットについてお話します。メリットだけではなく、デメリットも知ることでより効率的な対策ができるようになるかもしれませんよ。

将来的に薄毛になるのをなんとか防ぎたい、と思っている方は必見です。

ハゲ予防法の「育毛剤」におけるメリットとデメリット

・育毛剤のメリット

育毛剤には様々な効果が期待できる、といったメリットがあります。育毛剤は発毛剤とは異なっており、複数の効能が期待できるのです。
発毛剤の場合は、たとえばミノキシジルの場合は血管拡張機能がメインであり、その他の効果はほとんどありません。プロペシア(フィナステリド)の場合は抗男性ホルモン作用がメインであり、その他の口腔はほとんど期待できないのです。要は発毛剤は一点集中型で、総合的な育毛対策は出来ません。

一方で育毛剤に関しては様々な成分が配合されています。その成分は数十種類に及ぶこともあります。それらの成分には、血行促進作用もあります。抗男性ホルモン作用もあります。他にも保湿作用や抗炎症作用と行った頭皮環境を改善させるような機能がある成分も配合されているわけです。
育毛剤は複数の薄毛の原因にアプローチできます。

そもそも今後薄毛になるかどうかわからない、という方がハゲの予防対策を行なうわけです。将来的にどういった原因で薄毛になるのかは予想がつきませんよね。育毛剤であれば
予想ができなかったとしても特に問題はありません。様々な問題にアプローチできるので、ほとんどの薄毛の原因をカバーできるわけです。

もう一つ注目してほしいメリットに副作用があります。育毛剤の全てではありませんが、基本的に高い危険性といったものがありません。極めて安全性が高いのが育毛剤なのです。
発毛剤の場合は違約発毛成分が配合されており、かなりの確率で副作用が発生します。ミノキシジルに至っては約8%の確率で副作用が発生することが分かっています(ミノキシジル5%製剤のケース(リアップX5の研究データより))。

※リアップX5の研究データは大正製薬のホームページを参考にしました(参考ページ:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

育毛剤に関しては危険性のある成分はほとんど含まれません。天然の植物エキスなどを利用しているので、お肌に刺激を与えるような恐れもほぼありません。
可能性としてはアレルギーが発症する、というものがありますが高エレルギー成分が育毛剤に配合されていることも多いのでやはりリスクとしては高くないのです。

※育毛剤の危険性としては「アルコール(エタノール)」が関わってくる可能性があります。アルコールには揮発性があり、頭皮の水分を蒸発させ乾燥肌を招く事があるのです。しかし育毛剤には保湿成分もしっかりと配合されていることが多いので、アルコールによる乾燥といったリスクもほとんどありません。

・育毛剤のデメリット

・効果がゆっくりである
・効果が出ない可能性もある
・1日あたり複数回対処しなければならない

育毛剤の効果はすぐには現れません。ゆっくりと作用していくので、即効性を求めている方には適していないのです。
育毛剤は強い作用を持った成分を配合していません。身体に急激な変化を与えられないのです。だからこそ副作用がほとんどないわけですが、少しでも早く薄毛を改善させたい、というケースには向いていません。

育毛剤は効果が弱いので、効果が出ない、ということも十分に考えられます。実際に薄毛の予防のために育毛剤を利用していたけど、結果的には薄毛になってしまった、という方が非常に多いわけです。
効果が確約されているわけではない、という部分にも注目しておきましょう。

育毛剤の利用は面倒である、といった部分もデメリットです。育毛剤ですが、毎日利用していかなければなりません。さらに1日あたり1回ではなく2回以上利用していかなければ思っているような効果が現れないことも考えられるのです。
育毛剤は1回の塗布で4時間から8時間程度しか効果が持続しない、ということが分かっています。さらにシャンプーをしたり汗を大量にかいたりすると流れてしまうわけです。
少なくても1日あたり2回の塗布で対応していかなければなりません。

※育毛剤は寝る前と朝起きたときに2回の塗布が一般的です。

ハゲ予防法の「シャンプー」におけるメリットと・デメリット

・ハゲ予防シャンプーのメリット

・シャンプーをするだけの対策方法である
・頭皮環境が改善し、ストレスから開放されることも

はげの予防方法として育毛シャンプーを利用する、といった方法があります。育毛シャンプーに関しては、利用が非常に楽、といったメリットがあります。普段使っているシャンプーを育毛シャンプーに切り替えていけばよいだけです。1日あたり1回のシャンプーでハゲ予防の対策ができてしまうわけです。
育毛シャンプーは少し高いので費用面としては問題がありますが、手間というものは一切かかりません。

育毛シャンプーにはアミノ酸系の洗浄成分が利用されています。アミノ酸系の洗浄成分ですが、頭皮と同じペーハーである弱酸性です。優しい洗い上がりになるので、頭皮に負担をかけてしまうようなこともありません。
一般的に利用されている石油系の高級アルコールシャンプーは洗浄力が極めて強く、頭皮の負担異なってしまいます。乾燥をしてかゆみを発生させてしまう恐れもあるのです。
育毛シャンプーを利用すれば、頭皮の状態も改善しかゆみからも開放されます。頭皮のかゆみというストレスから開放される可能性も十分にあるわけです。

・ハゲ予防シャンプーのデメリット

・育毛効果がほとんど得られない可能性あり
・男性型脱毛症には効果を発揮しない

育毛シャンプーは頭皮環境を改善させる可能性があります。さらに血行促進成分や保湿成分などの育毛に関わっている成分が配合されています。しかし育毛シャンプーはその特性上、高い育毛効果は有していないと考えられるわけです。
そもそもシャンプーは終わった後に洗い流してしまいます。どんなに素晴らしい育毛成分を配合していたとしても、頭皮から洗い流されてしまい効果を発揮してくれません。
1分や2分程度頭皮の上に育毛成分があったとしても育毛効果が現れるほど甘いものではありません。

男性の薄毛の原因の殆どは男性型脱毛症です。男性型脱毛症に対処するためには、ジヒドロテストステロン(DHT)やテストステロン、さらに5αリダクターゼといったものに何らかの作用を与えなければなりません。しかし育毛シャンプーではそれらの男性型脱毛症の原因物質に何かしらの影響を与える、ということは極めて難しいのです。
男性型脱毛症の予防にシャンプー対策は役に立ちません。

ハゲ予防法の「育毛サプリメント」におけるメリットと・デメリット

・育毛サプリメントのメリット

・栄養不足による薄毛に対処できる
・薄毛対策をサポートできる
・他の育毛対策と併用できる
・安全性が高い

育毛サプリメントに関しては、他の薄毛の予防対策とは大きく異なります。一般的に育毛対策は体の外から作用を与えようとします。育毛剤もシャンプーも、頭皮マッサージも体の外からの対策となっているわけです。
しかし育毛サプリメントは特定の成分などを体内に入れて髪の毛が生えやすいようにするわけです。たとえば体外からの対策だと、髪の毛を作るための栄養が足りない場合には対処できません。一方でサプリメントであれば体内に栄養素を取り込むので、栄養不足に対抗できるわけです。
偏食気味で栄養が偏っている、という方におすすめの対策です。

育毛サプリメントには強い作用はありませんが、他の育毛対策をサポートできます。たとえば育毛サイト併用もできますし、シャンプーとの併用もできます。マッサージとの併用も出来るわけです。
要は他の育毛対策の効果を高める、ということが期待できるのです。

育毛サプリメントにはビタミンやミネラル、そしてアミノ酸などが配合されています。一般的な成分ばかりなので、体に対して強い作用を与えてしまうようなことはありません。副作用のリスクもほとんどなく、安心して継続摂取できます。

・育毛サプリメントのデメリット

・効果が弱い

育毛サプリメントは一般的な成分を摂取します。ビタミンCやビタミンE、さらには亜鉛やアルギニンといったものです。それらは食品からも摂取できるものであり、育毛だけに役立っているわけでもありません。
一般的な成分をどんなに摂取したとしても爆発的に髪の毛が増える、ということは考えにくいわけです。

予防目的で摂取していたとしても、予防できずに薄毛が進行していく、といった事例も多く報告されています。

ハゲ予防法の「運動」におけるメリットと・デメリット

・ハゲ予防の運動のメリット

・血行不良による薄毛に対抗できる
・発汗によって毛穴を綺麗にできる可能性あり

運動対策を実施することで、血管が拡張されやすくなります。血管が拡張されるようになる、血管に通る血液の量が増えていき、髪の毛を作る毛母細胞にもたっぷりと栄養が送られるようになるのです。
血行不良による薄毛の予防に役立ってくれます。

運動をすることで汗をかく用になります。汗は汗腺から分泌されるわけですが、その汗腺は毛穴にあるのです。
汗が日常的に出てきやすくなると、毛穴に詰まっている皮脂が体外に排出されやすくなります。毛穴に皮脂が詰まっているとニキビなどの肌の炎症が起きやすくなり、髪の毛の成長を阻害してしまいます。
頭皮環境の悪化による薄毛の予防にも運動対策が役立ってくれる可能性があるわけです。

・ハゲ予防の運動のデメリット

・汗によって頭皮環境の悪化を招く可能性あり
・栄養の大量消費によって栄養不足による薄毛になる可能性あり

汗が分泌される事によって頭皮簡易用が改善する可能性がある、ということを前述しました。しかしその汗が影響して頭皮環境が悪化するおそれもあるのです。運動をして頭皮にかいた汗をそのままにしてしまうと、その汗を餌として菌が大量繁殖してしまうです。結果的に頭皮の炎症やかゆみなどを増幅させてしまうこともありえます。
運動をして汗をかいた場合は、必ず拭くようにしてください。

一般的な有酸素運動を20分から30分程度では問題ありません。しかし1時間や2時間など長時間に渡って激しい運動をしてしまうと、エネルギーが大量に消費されてしまいます。かえって体が栄養不足の状態になってしまい、髪の毛が作られにくくなってしまうおそれもあるのです。
たとえばマラソンランナーは練習期間中、毎日4,000キロカロリー程度摂取していると言われています(「アストリション|アスリートの食事方法が分かるスポーツ栄養学サイト」の「【管理栄養士監修】アスリートに必要な食事量は?摂取カロリーの計算方法」より(参考:https://athtrition.com/160903/)。
仮に通常の2,000キロカロリーしか摂取していないのに激しい運動をしてしまうと、エネルギーはどんどん消費され髪の毛や頭皮の発育が遅くなってしまうかもしれません。
そもそも髪の毛にはそれほど激しいスポーツは必要ないので、一般的な緩やかな有酸素運動を実施しましょう。

まとめ

幾つかの対策方法とそのメリット・デメリットを掲載してきましたが、どの方法にもプラスの部分もあればマイナスの部分もあります。余計にどれを選択すればよいのか悩んでしまったのではありませんか?

紹介してきた4つの方法の中では【育毛剤】がハゲ予防に最もおすすめ、と断言できます。育毛に関わる成分を配合しており、しかも総合的な対策もできるのです。将来的にどのような原因で薄毛が発症するかわかりません。だからこそ幅広い効果を持っている育毛剤で対処すべきなのです。