ヘアケアの注意すべき副作用|育毛剤・発毛剤などのリスク

薄毛を治すためや美しい髪の毛をゲットするために実施されるのがヘアケアです。しかしそのヘアケアで帰って薄毛になってしまったり、身体に大きな影響を与えてしまったり、ということがあり得るわけです。

こちらではヘアケアにおける副作用を掲載していきます。

ヘアケアと聞くと気軽に行っても良さそうなものですが、重篤な副作用が発生するおそれもあるのです。注意するに越したことはありません。

ヘアケア「育毛剤」の副作用とは?

・どんな副作用があるのか?

育毛剤は安全性が極めて高いとされていますが、「100%副作用が起きない」とはいえません。様々な成分が配合されており、その成分がカラダに対して悪さをしてしまう可能性もあるわけです。

特に注意してほしいのがアレルギー症状です。確かに育毛剤には安全性の高い天然成分が配合されています。天然成分は安全性が高いわけですが、アレルギーを引き起こさないとはいえません。
たとえば植物の花粉で花粉症が発症してしまうわけです。お米などの穀物を食べてアレルギーが発生してしまう人もいるのです。育毛剤に配合されている何らかの天然成分であったとしても、人によってはアレルギーが発症する可能性があります。

刺激の強い成分によって副作用がもたらされてしまう、ということもあります。
たとえばアルコール(エタノール)という成分がほとんどの育毛剤に配合されています。植物のエキスを抽出するときに利用されていたり、育毛剤の品質を維持するために配合されていたりする成分です、
そのアルコールには揮発性があります。要は蒸発しやすいのです。
アルコール濃度が高い育毛剤を利用してしまうと、頭皮の潤いを奪い去って乾燥肌を招く、という可能性もあるわけです。

・育毛剤の副作用は重いのか?

心配するほどではありません。
育毛剤に配役成分が使われているわけではないので、体の内部にまで影響を与えてしまうようなことはほとんど洗いません。
基本的には頭皮などの体の表面にのみ問題が出てくるだけです。

育毛剤の副作用に関しては、しっかりと液体を頭皮から洗い流して、今後の利用をストップすればすぐに症状が収まるようなものばかりです。

ヘアケア「発毛剤」の副作用とは?

・ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルは発毛剤のリアップやロゲイン、ポラリスなどに配合されています。また内服タイプの発毛剤であるミノキシジルタブレットにも含まれています。

ミノキシジルにはたくさんの副作用が報告されており注意しなければなりません。

【ミノキシジルの副作用例】

・かゆみ
・炎症や湿疹
・頭痛や目眩
・動悸や息切れ
・低血圧
・胸の痛み
・多毛症
・勃起不全(ED)
・しびれ
・体重の増加や顔のむくみ

ミノキシジルは塗布タイプか内服タイプかで副作用も変わってきます。主に皮膚に対する副作用に関しては、塗布タイプのミノキシジル軽発毛剤で発生しています。
一方で循環器など体内に関する副作用は内服タイプのミノキシジルで発生しています。

注意すべきは内服タイプのミノキシジルです。塗布タイプに簡素手は利用をやめれば回復しますが、内服タイプの副作用は生命に関わることもあるのです。たとえば、低血圧になりすぎて意識を失う、という例も発生しています。仮に意識を失うのが運転中だったらどうなってしまうでしょうか。想像しただけでも恐ろしくはありませんか?

ちなみに体重の増加や顔のむくみに関してはミノキシジルの副作用としてはあまり知られていないかもしれません。ミノキシジルを摂取すると水分が排出されにくくなる、といった症状が現れてしまうのです。体内に水分が蓄えられることで体重が増加します。水分が体内に多くなることでむくみの症状が現れてしまうわけです。

・フィナステリドの副作用

フィナステリドはプロペシアやフィンペシアなどに配合されている、内服タイプの発毛成分です。

フィナステリドに関しては生命に関わるような副作用は報告されていませんが、体内に大きな影響を与えるリスクもあるので注意して利用しなければなりません。

【フィナステリドの副作用例】

・性欲の減退
・勃起不全(ED)
・精子の減少
・精巣痛
・肝機能障害
・うつ

フィナステリドでは主に男性機能に関わるような副作用が発生しているのです。なぜフィナステリドを摂取すると性的な副作用が出てくるのか、ということは詳しくは分かっていません。

フィナステリドはもともと前立腺肥大症を改善するために開発されました。前立腺に影響を与えるということは、性的な機能にも何かしらの作用を与えるのではないか、といった仮設はたてられます。

AGAになる時期はちょうど妊活に入る時期でもあるでしょう。勃起不全になってしまえば、ソモ沿いも性行為ができなくなってしまうかもしれません。妊活にも大きな影響を与えかねないのです。今後の家族計画にも大きな影響が出てしまうかもしれません。

・女性とフィナステリド

女性はフィナステリドを絶対に利用しないでください。
フィナステリドはAGAにのみ対応できる発毛成分なので、女性が利用しても意味がありません。

妊娠中の女性がフィナステリドを利用してしまうと、胎児の性器に問題が発生してしまう、といった指摘もされています。

ヘアケア「頭皮マッサージ」の副作用

頭皮マッサージには副作用がない、と思っている方もいるかもしれません。しかし頭皮マッサージをしたことで問題が発生してしまう可能性もあるのです。

・頭皮が傷ついてしまう

誤った頭皮マッサージの方法を行っていると、頭皮が傷ついてしまい頭皮環境が悪化します。薄毛にも発展しかねないこともあるのです。

頭皮マッサージは指の腹を利用して実施します。しかし、中には爪を立てて行っている方もいます。爪を立ててマッサージをしてしまうと、頭皮を傷つけてしまうことになり髪の毛の成長を阻害しかねません。

爪を立てて頭皮マッサージをする時レゲを発生させる可能性も出てくるのです。爪によって髪の毛を切断してしまいます。根本で髪の毛が切れてしまうことで、地肌が露出しやすくなってしまうわけです。

・衛生面にも気をつけるべき

頭皮マッサージをする前には、必ず手を洗浄してください。汚い手のままで頭皮マッサージを行ってしまうと、かえって薄毛を促進させてしまいます。

頭皮を洗浄しないでマッサージを実施してしまうと、指についている菌が頭皮に乗り移ってしまうのです。その菌によって頭皮が負担を受けて炎症をおこす、ということもあります。

そもそも頭皮にはたくさんの皮脂があり菌にとっては天国のような場所です。そこに菌が多く入る手が触れることで、爆発的に繁殖してしまう恐れもあるわけです。
仮に頭皮に傷があって菌が繁殖するようなことがあれば皮膚が化膿してしまうかもしれません。化膿してしまえば、かなり広範囲の毛根にもマイナスの影響を与えて髪の毛が生えにくくなってしまうかもしれないのです。

ヘアケア「シャンプー」の副作用

・皮脂を取りすぎて頭皮環境を悪化させてしまう

シャンプーの目的は頭皮を綺麗にすることです。ですから中には洗浄力が極めて高いシャンプーも存在しています。
たとえば高級アルコールシャンプーであったり、石鹸シャンプーなどは極めて洗浄力が強いことでも知られています。

仮に洗浄力が極めて高いシャンプーを利用してしまうと、頭皮に置くまで洗浄されてしまいます。頭皮には皮脂がなくなってしまうのです。
皮脂が悪のようにも捉えられていますが、天然の保湿剤でもあります。大量にあるのは問題ですが、毛穴の奥にあるようなものは潤いをもたらしてくれる大事なものなのです。

洗浄力が強すぎるシャンプーは、頭皮に乾燥をもたらしてしまいます。乾燥している皮膚はちょっとしたにも弱くなっています。紫外線の影響も受けやすくなり、すぐに炎症をおこしてしまうのです。

シャンプーはお肌の表面をきれいに洗える程度で良いのです。強すぎるシャンプーはかえって薄毛を招くこともある、と覚えておきましょう。

・すすぎ残しで頭皮環境を悪化させる

シャンプーにも保湿成分や血行促進成分アドが配合されていることがあります。しかしシャンプーには洗浄成分が配合されており、皮膚についたままにしていると頭皮を刺激して環境を悪化させてしまうのです。

シャンプーをするのは良いのですが、すすぎ残しがあるとかえって逆効果になってしまいます。シャンプーをした後は、シャンプーをした時間よりも長くかけて洗い流してください。

ヘアケア「パーマ」の副作用

・髪の毛を弱くしてしまう

髪の毛にコシがなくなると薄く見えてしまいます。髪の毛を立ててボリュームを出そうにも、コシがなければ立てることもできなくなってしまいます。

パーマに関しては、「キューティクルを剥がす」といった副作用があるのです。キューティクルは髪の毛の表面を覆って保護してくれている大事なものです。

パーマを掛けるためには髪の毛を形成しているタンパク質を一度切断します。その後再結合させるわけですが、繰り返し行えば髪の毛のコシがなくなる、ということもなんとなく理解できるでしょう。

・頭皮環境を悪化させてしまう

パーマをするときに使われる液体ですが、頭皮に対してアレルギー症状を発生させてしまう恐れがあります。非常に強い刺激があり、頭皮についてしまうと炎症などの症状を起こしてしまうかもしれないのです。

パーマ液が頭皮につかないようにすれば良いと思う方もいるかもしれませんが、どうしても少しはついてしまうもの。特にパーマをする感覚が短い方は注意しなければなりません。

※パーマと髪の関係については「2017 男女別 抜け毛・薄毛対策」の「パーマが髪に与える影響」(http://ikumotaisaku.com/parma.html)を参考にしました。

ヘアケア「カラーリング」の副作用

・アレルギーの発生

カラーリングには危険性の高い薬剤が利用されています。それらの成分の中には皮膚に触れるとアレルギー症状を引き起こしてしまうようなものもあるのです。

カラーリングをする度に頭皮が赤くなっている、という方はお肌との相性が極めて悪い可能性があります。

ちなみにカラーリングによるアレルギーはかなり厄介です。実は遅延型アレルギーと呼ばれており、すぐに症状が現れません。ですからカラーリングが影響しているとは最初は気づかないのです。
半日以上たってからおかしくなったり、翌日になってから症状が現れたり、という方もいるほど。

カラーリングをする方は、必ずパッチテストを実施してください。お肌との相性を確かめるべきなのです。

※パーマの副作用に関しては「白髪染めクリニック」の「毛染めの副作用の話。危険性の高い成分と身体への影響とは?」(http://白髪染めクリニック.com/%E6%AF%9B%E6%9F%93%E3%82%81%E3%81%AE%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8.html)を参考にしました。